記事詳細

戻る

金沢工業大学「DK art cafeプロジェクト」が企業と共同で「とり野菜みそカレー」を開発

2017年8月17日UP


開発された「とり野菜みそカレー」




金沢工業大学の学生による「地方創生・商店街活性化・DK art cafeプロジェクト」(プロジェクトリーダー:経営情報学科4年 高山純平さん、指導担当教員:経営情報学科 松林賢司教授)は、この度、株式会社まつや(本社:石川県かほく市)と共同で「とり野菜みそカレー」を開発しました。


レトルト食品としての商品化を進め、石川発の新たな観光土産品として広く世界に発信してまいります。



【「とり野菜みそカレー」開発の経緯】
「地方創生・商店街活性化・DK art cafeプロジェクト」は、金沢工業大学の課外プロジェクトの一つです。金沢・竪町商店街における実際のcafe事業の企画・設営・運営や、新規ビジネスの企画を学生自身が行い、地方創生・商店街活性化に取り組みます。


プロジェクトでは、観光客をターゲットとした新商品の開発を目指す中で、●全国的にもブランド価値が高く、●他県の調味料との差別化が可能で、●カレーに加えると美味しい調味料、という3つの条件で探索した結果、株式会社まつやの「とり野菜みそ」でカレーの開発を進めることにしました。

そして金沢工業大学経営情報学科が得意とするマーケティングテクノロジーに基づき、市場調査、戦略分析を実施し、半年前より商品化に向けた研究を進めて来ました。


学生が試作したカレーは約30種類以上にのぼり、自信作は株式会社まつやの松本社長自らが試食・評価を行うというプロセスを繰り返し行うことで、この度ようやく「トリ野菜味噌カレー」の開発に成功することができました。



研究開発風景



DK art cafeプロジェクトでは、マーケティング研究活動の一環としてすでに「とり野菜みそカレー」を竪町商店街のDK art cafeでオススメメニューとして提供を開始しており、観光客から好評を得ています。


今後は「とり野菜みそカレー」のレトルト食品をお土産物として商品化するパートナーを株式会社まつやと共同で探索し、石川県の地元食材をより広く世界に発信、紹介することを目指します。