メディア情報学科

情報テクノロジーとデザインを融合し
新たなメディアを創造する

映像、CG、音楽、アニメーション、Web、モバイルアプリ、ゲーム……わたしたちの身の周りには、さまざまな「メディア」が存在しています。感動を生むメディアには、優れたデザインが欠かせません。また、現代のメディアのほとんどは、コンピュータにより開発・運用されています。メディア情報学科では、「メディアデザイン」と「メディアテクノロジー」の2つの側面から、メディアの制作について学ぶことができます。そして、この2つを結びつけ、新たなメディアを創造するための企画力、設計力、開発力を身につけます。

「デザイン×コンピュータ」。その学びを、メディア情報学科で。

キーワード
  • メディア/コンテンツデザイン
  • 情報テクノロジー
  • マルチメディア
  • Webコンテンツ
  • ネットワークセキュリティ
  • CG、ゲーム、音楽
  • VR(ヴァーチャル・リアリティ)、AR(拡張現実感)

学ぶ領域

①メディアテクノロジー
CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティーなどに必要な最新の情報テクノロジーを学ぶ。
②メディアデザイン
映像、音楽、Webサイト、ゲームなどを効果的にデザインするための技術・感性と科学的設計手法を学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

情報フロンティア大意(メディア情報)/Webデザイン/感性形成演習
ITシステム基礎/プログラミング基礎/ドローイング

【2年次】

アカデミックライティング/プログラミング/サーバ管理入門/メディア情報論Ⅰ・Ⅱ/コンピュータシステム/3Dデッサン/コンピュータグラフィックス演習/メディア応用/オブジェクト指向プログラミング/情報ネットワーク/音楽・音響情報処理/アニメーション制作演習

【3年次】

メディア情報専門実験・演習A・B/情報セキュリティ/データベース/ゲーム制作演習/Webプログラミング/メディア情報論Ⅲ/メディアデザイン/作品制作/ネットワークとセキュリティ演習/モバイルアプリケーション/Webアプリケーション/画像情報処理/メディア数理

【4年次】

メディア情報学統合演習

カリキュラム、シラバス、教育目標

研究室一覧

3年次後学期から研究室に所属し、1年間半、テーマに沿って研究活動に取り組みます。テーマ設定から調査・実験、論文の執筆、発表までを行います。

映像メディア・コミュニケーション

メディアコンテンツ

Webシステム、ネットワークセキュリティ

感性工学・視覚情報

音楽・音声工学

学科Q&A

Q

メディア情報学科の特徴を教えてください。

A

ビジュアルや音楽、ITなどの専門分野について、社会とのつながりを強く意識した教育・研究を行っています。教員の多くが産学連携研究を実践しているので、社会が求めている課題について自らの経験を元に学生に語り、教えることができる上に、学生とともに実際に課題解決のための研究に取り組んでいます。その結果として連携した企業や行政から、本学の学生は実践力があると高く評価されています。

Q

カリキュラムを具体的に教えてください。

A

メディアテクノロジーとメディアデザインを学び、実践的に活用する力を身につけます。メディアテクノロジーとは、CG、Web、プログラミング、モバイル、デジタルイメージなどを含む情報技術です。ネットワーク関連技術にも力を入れています。一方のメディアデザインでは、映像や音楽、CGなどを活用したコンテンツ作成に必要な技術とデザインの方法論を学ぶと同時に、コンテンツづくりに欠かせない感性的要素も学びます。

Q

学び方にどんな特徴がありますか。

A

技術を活用した新しいコンテンツやサービスを生み出せる人材育成に力を入れています。そのために求められる次の3つの力、技術を応用した新しいものを生み出す「企画力」、具体的にコンテンツやサービスに落とし込む「設計力」、設計したものを開発する「開発力」の養成に力を入れています。基礎を学んだ上で応用力を養うために、自らのアイデアによるオリジナルなものづくりを課題に採り入れています。

Q

メディア情報にはどのような人が向いているのでしょうか。

A

新しい技術や表現に興味があり、自らつくる意欲のある方が向いています。また、メディア技術を活用したコンテンツやシステム、サービスをデザインするために、論理的に考えることが好きな人も向いています。グループによる活動も多いので、個々の力を発揮しつつ仲間と共感し合える人はなおよいですね。

Q

就職先は、どのようなところでしょうか。

A

全般的に、ユーザーニーズをくみ取ったソリューション(解決法)が欠かせないため、顧客とコミュニケーションを取りながら、提案開発していける人材が求められています。こうした要望に対応して、ソリューション系のシステムエンジニアをはじめとして、ゲームデザイナー、Webサービス関連のシステムエンジニアやコンテンツデザイナーなど、ユーザーに近いポジションで活躍している人が多くいます。

進路・資格

主な就職先 (学部卒業生、過去3年間の実績)

  • アイ・オー・データ機器
  • アルファシステムズ
  • インターネットイニシアティブ
  • NECソリューションイノベータ
  • ニフティ
  • 博報堂プロダクツ
  • PFU
  • 富士ソフト
  • 富士通
  • DMM.com
  • 東北新社
  • VOYAGEGROUP
  • リブセンス

主な就職先 (大学院修了生、過去3年間の実績)

  • インテック
  • NECプラットフォームズ
  • コロプラ
  • サイバーエージェント
  • DMM.comラボ
  • 日活
  • PFU

取得推奨資格

  • 情報処理技術者
  • CG-ARTS検定
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • インターネット検定(.com Master)
  • 映像音響処理技術者
  • カラーコーディネーター検定 2級・3級

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

高等学校教諭一種免許状(情報)

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.