KITの特色ある教育

数理基礎教育

学部に応じた数理教育を実施

各学部に応じた特色ある数理教育を実施します。卒業最低単位数も工学部が必修12単位・選択4単位、情報フロンティア学部が必修6単位・選択10単位、環境・建築学部とバイオ・化学部が必修6単位・選択8単位というように、学部によって異なります。

学習・教育目標

「自ら考え行動する技術者」に必要な基礎学力の向上と専門分野へのスムーズな接続を図るため、専門分野において求められる数理基礎(数学、物理、化学、生物)とその工学系、理工学系、情報学系分野への応用を学び、それらの知識を取り込む力、思考・推論・創造する力を身につける。さらに、学習に取り組む姿勢を能動化させ、学習意欲をより一層喚起させることにより、予習・復習を主とした自学自習などの自己学習力や自己管理能力を育成する。

キーワード
  • 数理基礎能力
  • 論理的思考力
  • 自己学習力
  • 専門への応用

科目群の学習・教育目標

平面や空間における図形を正確に認識し表現するために、ベクトルや行列の計算、連立1次方程式の解法、行列式などを中心に、幾何学的対象を代数的に扱える能力を養う(全学部を対象とした科目群である)。

数理基礎(数学、物理)とその工学系分野(機械、電気)への応用の知識を修得し、思考・推論・創造する能力を養う。さらに、予習・復習を主とした自学自習などの自己学習力や自己管理能力を養う( 工学部を対象とした科目群である)。

数理基礎(数学、物理)とその工学系分野(環境、建築)への応用の知識を修得し、思考・推論・創造する能力を養う。さらに、予習・復習を主とした自学自習などの自己学習力や自己管理能力を養う( 環境・建築学部を対象とした科目群である)。

情報数理基礎とその情報学系分野への応用の知識を修得し、思考・推論・創造する能力を養う。さらに、予習・復習を主とした自学自習などの自己学習力や自己管理能力を養う(情報フロンティア学部を対象とした科目群である)。

数理基礎(主として数学)とその理工学系分野(バイオ、化学)への応用の知識を修得し、思考・推論・創造する能力を養う。さらに、予習・復習を主とした自学自習などの自己学習力や自己管理能力を養う(バイオ・化学部を対象とした科目群である)。

物理・化学もしくは生物の分野について、基礎的な概念や法則を学び、工学、情報学、理工学(バイオ、化学)における課題について、物理的・化学的もしくは生物的な解析ができる能力を身につける(全学部を対象とした科目群である)。

偶然性を伴う現象を解析する場合に必要となる統計的な考え方を学び、工学、情報学、理工学(バイオ、化学)における課題について統計的な解析ができる能力を身につける(全学部を対象とした科目群である)。

多変数の微分・積分学と常微分方程式の解法について学び、工学分野などにおける課題について、より高度な解析ができる能力を身につける(全学部を対象とした科目群である)。

関連メニュー

数理に関するKITの学習支援

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.