大学院

工学研究科

自ら考え行動する高度な専門技術者・研究者へ。

本学では総合的な視野に立った、より高度な知識と研究能力を有する学生を養成するための大学院(博士課程・修士課程)を備えています。大学院では、自らのより一層の視野の拡大と研鑽に務めることを推奨し、科学技術が急速に進展する今日の社会において、予測困難な時代に果敢に挑戦し、柔軟に対応できるイノベーターの育成に軸足を置いた教育・研究を展開しています。新しい知識や知見を探求し、創造的活動を通して世界に通用する研究者や高度専門技術者として成長してほしく思います。

工学研究科 教育目標

工学研究科は、工学諸分野に関する解析能力と実践能力を有する創造性豊かな研究者又は高度な専門技術者を養成することを目的とする。

機械工学専攻

国内外の機械分野の技術革新に積極的に貢献する高度な専門能力と、幅広い技術分野に対応する統合能力を備え、機械工学を基幹とした研究開発分野、または先進的専門領域において活躍する人間力豊かで行動力のある高度専門機械技術者・研究者の養成を目指す。

環境土木工学専攻

近年の土木工学には防災や社会基盤の整備に加え、環境問題への配慮が強く求められている。本専攻では、環境の調和を図り、国内外の社会基盤を効率的に計画・設計・施工し、適切な維持管理や整備効果を評価できる高度な環境土木技術者・研究者の養成を目指す。

情報工学専攻

情報の表現・加工・蓄積・伝達に関する基礎技術と情報処理を効率的に実行するためのコンピュータ、ソフトウェア、ネットワークに関する基盤技術を修得し、これらを複合的に応用した情報処理技術と情報システム構築技術に関する先端的な知識や研究開発能力を身につけることによって、高度情報化社会を先導し得る高度専門技術者・研究者の養成を目指す。

電気電子工学専攻

電気電子工学は、地球環境と調和した高度技術化社会を形成するうえで根幹をなす重要な学問領域である。本専攻では、最もクリーンで制御しやすいエネルギーである電気についての新しい技術を研究開発し、高度な学識と豊かな人間力を身につけ、国際的に活躍できる創造性に富んだ高度専門技術者・研究者の養成を目指す。

システム設計工学専攻

情報科学・心理学という異分野を融合し、本専攻では複合的視点を持って問題解決のできる能力を養う。人とものの親和的関係を構築するための基礎的・応用的研究を通して、情報コンテンツを含む新たな商品を創造するテクノロジーを修得し、人と社会に役立つモノづくりができる高度専門技術者・研究者の養成を目指す。

バイオ・化学専攻

ライフサイエンス、医療、バイオテクノロジーやナノテクノロジーを基盤とする応用バイオ・応用化学の分野では、工学の枠を超える新たな産業分野が創出されている。本専攻では、機能化学、環境化学、バイオ工学、生命科学などの基礎知識と専門知識を総合的に修得し、応用力・実践力に長けた高度専門技術者・研究者の養成を目指す。

建築学専攻

建築学の広範な領域(設計・意匠、都市・地域計画、空間構築、構造、環境・設備)を横断的に学習するとともに、専門領域における研究を行うことによって、総合的な知識と専門的な知識を同時に修得することが可能となる。さまざまな視点から問題解決に適切に対処し、社会の発展に貢献できる高度な建築技術者・研究者の養成を目指す。

高信頼ものづくり専攻

産学連携を教育システムの中で体系化し、工学技術者として具体的な技術分野における調査・分析力、企画・立案能力、検証・解決能力、開発マネジメント力の4つの能力の向上を図る。これにより、「安全安心なものづくり」のプロフェッショナル・マネージャーとして、広い視野のもとでプロジェクト研究開発ができる高度専門技術者・研究者の養成を目指す。

ビジネスアーキテクト専攻

産業の発展を社会的価値と経済的価値の創造活動として捉え、販売・生産・調達・財務などの複数の業務プロセスと人、モノ、資金、情報、技術などの経営資源に関する全体最適化を標準化と改善および知識創造からなる共通基盤に立脚して、創造的かつ挑戦的に行うことができる高度専門職業人の養成を目指す。

工学研究科(社会人対象 高信頼ものづくり専攻)

工学研究科(社会人対象 高信頼ものづくり専攻)に関する詳しいご案内を行なっています。

関連メニュー

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.