KITの特色ある教育

修学基礎教育

「知性・感性・徳性」豊かな人材の育成を目指す

「修学基礎A、B」「技術者と社会」「日本学(日本と日本人)」「科学技術者倫理」「技術マネジメント」などのKITオリジナルの教育を通じて、人間性豊かな「知性」「感性」「徳性」を持つ人材を育成します。

学習・教育目標

技術者の礎となる広範な教養(日本語表現力、技術者倫理、日本文化・歴史と国際社会、健康と体力)と「KIT IDEALS:行動規範」「KIT人間力:社会への適応性」を体得した「知性・感性・徳性」豊かな人材を育成する。修学の基本ルール・スキルを修得した上で、「修学・キャリアポートフォリオ」の活用により「自主的・継続的な学習習慣」を身につけ、自己管理能力を高め、計画・実践・点検・改善のPDCAサイクルとキャリアデザインを日常的に意識し行動できる人材を育成する。

キーワード
  • 広範な教養の体得
  • KIT IDEALS
  • KIT人間力
  • ポートフォリオ
  • キャリアデザイン

科目群の学習・教育目標

①大学生として正しく学ぶ能力
・金沢工業大学の建学の綱領に基づく人間形成を理解し実践する能力
・大学生としての学習・生活スタイルを理解し実践する能力 理解し、考え、伝える能力
・自律的な学習を継続する能力
・自分の将来像を描き、学び続ける能力
・物事の本質を理解し、広く論理的に考え、わかりやすく表現する能力
②大学での学びを実社会で活かす能力
・主体的に考え、他者と協働して物事に取り組む能力
・安全や倫理に関して、情報を収集し、判断、行動する能力
・卒業後の実社会を知り、働くことの意義を理解する能力
・自らのキャリアを具体的にデザインできる能力
③幅広い教養と国際的視野を身につけ、多面的に考える能力
・幅広い教養を身につけ、さまざまな場面で的確に問題を発見する能力
・物事を広い視野から捉え、深く考え、適切に対応する能力
・自国を理解し、国際社会における日本人としての在り方を考える能力
・学んだ知識を活かして、国際化の時代に対応する能力
④心身ともに健康で豊かな人生をおくる能力
・自己管理の重要性を理解し、健康で豊かな人生をおくるための知識を身につけ、実践する能力
・集団の中での自己の役割を認識し、前向きに考え行動する能力
科目ピックアップ

「修学基礎A」「修学基礎B」(1年次)

自分自身の周囲に関する読み書きの力や自己管理能力を身につけ、キャリアに関する展望を描きます。

「技術者と社会」(2年次)

技術者にとって、社会の動きに関心を持ち、何が課題かを考える習慣が、最近特に重要になってきています。本科目では、そのための基礎になる政治・経済・産業の基礎知識を「総合力」ラーニング(講義、グループ討議・発表、個別調査、小論文、試験)を通じて身に付け、自分の将来の目標を考える機会を提供し、自ら考え行動するとはどういうことか気付くきっかけとします。

「技術マネジメント」(3年次)

例えば知的財産を組み合わせて新たな価値を生み出すなど、これからの技術者に求められる知識や能力を身につけます。

カリキュラムガイド、シラバス

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.