電気電子工学科

電気エネルギー、エレクトロニクスの
技術を学び、社会を支える

身近な電気のつくる、つかう、ためるを学ぶ

現代の私たちの生活に、電気は欠かせません。身の周りにはスマートフォンをはじめとする家電製品があふれ、車も電気で走るようになり、さらにそれらを支える発電網や通信網等の社会インフラが整備され、電気技術者の活躍の場は拡大しています。電気電子工学科では、この電気のさまざまな役割・働きについて幅広く学べます。授業や研究室での活動を通して、電気の性質について理解を深め、電気がもつ新たな可能性を研究していきます。2 年次後学期からは、電気のエネルギーに焦点をあてた「電気工学コース」と、半導体や通信に焦点をあてた「電子工学コース」の専門的なコースに分かれます。
卒業後は、電気技術者として、製品を開発する仕事や、電力網・通信網のメンテナンスに携わる仕事に。電気自動車、太陽光・風力発電、半導体レーザ、アンテナなど、活躍できるフィールドも広がっています。

学科の4つの特徴

Point1. 実践的なカリキュラムと2つのコース

実験・演習を含むカリキュラムで、社会で役立つ電気の学びが得られます。2年次後学期からは電気工学コースと電子工学コースに分かれます。

Point2. 全産業の基盤技術「電気電子工学」を学び就職率100%

電気はさまざまな産業の基盤となる技術。就職は電力会社、電機メーカー限らず電気を利用する全ての業種が対象となり、卒業後に活躍できる分野は豊富です。

Point3. 教員の4人に3人が企業経験者。経験を活かした実践的な指導

企業での経験を活かし、授業・研究活動などで実践的な指導が行われています。また、学生の適性をふまえた就職指導や、企業との共同研究の多さも強みです。

Point4. 国際学会で発表・受賞。学生による高度な卒業研究・修士研究

多くの学生が最新の研究成果をさまざまな学会で発表。国内に限らず、国際学会で受賞する学生も。

Q&A

電気電子工学科の特徴を教えてください。

2年次までに電気の基礎をしっかり身につけた後、2年次後学期からは電気工学コースと電子工学コースに分かれます。以前は電気と電子で学科を分けていましたが、最近では例えば半導体で大電力をコントロールする技術が開発されるなど、両者の境界があいまいになってきました。こうした社会情勢に的確に対応するため、電気工学と電子工学についてフレキシブルに学べるコース制に移行しています。

カリキュラムを具体的に教えてください。

電気工学コースは、スマート社会の基礎となる電気エネルギー技術を学びます。具体的には、発電・送電・制御などエネルギーを創造して制御するまでに必要な一連の技術を習得します。電子工学コースは、半導体や電子回路をはじめ、通信や音響、映像など生活の利便性を高めるエレクトロニクスを幅広く学びます。

学び方にどんな特徴がありますか。

通信や電波をはじめとして、発電・電池、電気機器制御から音響まで電気電子工学の幅広い領域を学ぶのが特徴です。幅広い学びにより、これからの社会で必要とされるエネルギー関連と先端技術の両方をしっかり学べます。また、教員の約4分の3が企業出身者であるため、企業に入ってから必要とされる知識に加えて、社会人としての姿勢や人間性なども折を見て指導しています。コース制となり学びの選択肢が広がっているので、例えばウェアラブル端末などの最先端技術に関心を持っている学生は、それをテーマとして研究できます。

電子部品などの日本企業はどのような状況でしょうか。

広告などで見かけることが少ないため、一般的にはあまり知られていませんが、電子部品の分野では世界トップシェアの日本企業がたくさんあります。例えばスマートフォン関連の部品開発は、各国の企業が競い合っているにもかかわらず、実際に使われている電子部品やセンサーなどの大半が日本メーカーのものです。本学科からもそうした企業に多くの学生が就職しています。

就職先はどのようなところでしょうか。

電機メーカーに限らず、自動車、機械、装置などのほかにも、食品や医薬品、化粧品メーカーなど、メーカーと名前がつく企業なら、どこでも求められるのが、電気や電子工学の知識を持つ人材です。電力会社や鉄道会社なども合わせて就職内定率は100%で、ほぼ全員が希望した業界に進んでいるのも特徴です。

学科紹介リーフレット

電気電子工学科を紹介するリーフレットです。

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.