国立大学標準額との差額を給付
金沢工業大学(KIT)の特別奨学生制度

スカラーシップフェロー、スカラーシップメンバーとしてリーダーシップを発揮し、自らの総合力を高める。

特別奨学生制度(リーダーシップアワード)は、本学の教育目標である「自ら考え行動する技術者」に向けて、「授業等の正課」と「KITオナーズ プログラム等の課外活動」の両面で優れた成果を修め、リーダーとなる人材の育成を目指す制度です。特別奨学生には、「スカラーシップフェロー」と「スカラーシップメンバー」の2種類を設け、「リーダーシップアワード生」の名称を与えると共に、下記の奨学金を給付します。特別奨学生は、「KITオナーズプログラム」のいずれかのプログラムに参加し、活動することが求められます。

スカラーシップフェロー:国立大学標準額との差額が給付されます。金沢工業大学(1年次)は、入学金20万円、授業料(1年次)151万5千円で合計171万5千円。国立大学標準額は、入学金28万2千円、授業料53万5千8百円で合計81万7千8百円。差額として年額89万7千2百円を給付します。2年次以降は、金沢工業大学の授業料151万5千円。国立大学標準額53万5千8百円。差額として年額97万9千2百円を給付します。

スカラーシップメンバー:年額250,000円が給付されます。

  • 「スカラーシップフェロー」は国立大学標準額との差額が給付金額となるため、金額が変動することがあります。
  • 特別奨学生制度は最長で4年間継続して給付を受けることが可能です。
  • 進級時に成績と「KITオナーズプログラム」の参加実績等を審査のうえ、その後の継続が決定されます。
  • 奨学金は授業料の一部として取扱う給付方法となります。
  • スカラーシップフェローとスカラーシップメンバーは重複して特別奨学生の資格を受けることはできません。

特別奨学生制度 対象入試

「一般試験Aと大学入学共通テスト利用Aに同時出願」「専門高校特別選抜(公募制・指定校制)」「推薦試験A(公募制・指定校制)」「目的志向型入学(AO入学)」を対象に、「スカラーシップフェロー」「スカラーシップメンバー」を選抜します。

一般試験Aと大学入学共通テスト利用A

一般試験Aと大学入学共通テスト利用Aに同時出願し、両試験の合格者を対象者とします。

一般試験A

大学入学共通テスト利用A

選抜方法 (1)スカラーシップメンバーの選抜(定員65名)
一般試験A」(300点満点)と「大学入学共通テスト利用A」(300点満点)に同時出願し、両試験に合格した方の中から、学部学科を問わず、両試験の合計得点で、スカラーシップメンバーを選抜します。
ただし、一般試験Aで複数日に合格した場合は、高得点の結果を使用します。
※スカラーシップメンバーの選抜結果は、スカラーシップメンバーに選抜された方のみ合格通知に同封して、お知らせします。
(2)スカラーシップフェローの選抜(定員32名)
上記(1)のスカラーシップメンバーで入学金の納入が完了し、「スカラーシップフェロー」希望者に対して、面談を実施し、スカラーシップフェローを選抜します。面談および出願書類により総合的に選抜します。
※面談では将来の目標や意欲等について対話します。
※面談は令和5年2月28日(火)に自宅等からのオンラインで実施します。オンライン面談の詳細については、出願時に登録したメールアドレスにご連絡します。
※スカラーシップフェローの選抜結果は3月2日(木)に結果通知を郵送します。
※スカラーシップフェローに選抜されなかった場合は、スカラーシップメンバーとして入学することができます。
令和4年度選抜結果 種別 定員 選抜対象者数 選抜者数 入学者数
メンバー 50名 997名 491名 44名
フェロー 43名 124名
(面談者258名)
37名
目的志向型入学(AO入学)、専門高校特別選抜(公募制・指定校制)
および推薦試験A(公募制・指定校制)
[目的志向型入学(AO入学)]
出願時に特別奨学生制度を希望し、入学金の納入を完了した方を対象者とします。
[専門高校特別選抜、推薦試験A]
専門高校特別選抜、推薦試験Aに出願し、出願時に特別奨学生制度を希望した方を対象者とします。
選抜方法 スカラーシップメンバーおよびスカラーシップフェローを選抜します。
特別奨学生選抜試験および出願書類により総合的に選抜します。
※選抜結果は、12月1日(木)、専門高校特別選抜、推薦試験Aの方には合格通知に同封して、目的志向型入学(AO入学)の方には結果通知を郵送します。
定員 目的志向型入学
(AO入学)
専門高校特別選抜 推薦試験A
メンバー 6名 6名 20名
フェロー 4名 4名 10名
特別奨学生選抜試験 [数学(数学Ⅰ、数学A)、英語(コミュニケーション英語Ⅰ)]
※マークシート式問題
※特別奨学生選抜試験は、11月20日(日)に実施する推薦試験A(公募制)の「理解力評価テスト」を代替試験とします。
理解力評価テスト参考問題集(推薦試験公募制)[PDF]
令和4年度選抜結果 種別 定員 選抜対象者数 選抜者数 入学者数
メンバー 15名 557名 32名 26名
フェロー 7名 11名 10名

入学後の募集

入学後、2年次~4年次の学年ごとに特別奨学生(スカラーシップフェロー2名、スカラーシップメンバー10名)を選抜する「大学院進学支援等特別奨学生制度」を設け、大学院進学など入学後の自己目標達成を支援します。在学中の成績と「KITオナーズプログラム」の参加実績により選考します。

KITオナーズプログラムとは本学の教育目標である「自ら考え行動する技術者」に向けて、自ら目標を設定し、それを達成するために活動する自己目標達成プログラムです。プログラムには、様々なテーマがあります。

リーダーシップアワード生は、1年次の前学期中にプログラムの内容を調べ、各自の目標を定め、その達成に向けて後学期より活動することが求められます。

お問い合わせ

金沢工業大学 入試センター
〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1MAP
TEL:076-248-0365 / FAX:076-294-1327
E-Mail:nyusi@kanazawa-it.ac.jp

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.