記事詳細

戻る

翼幅31mの巨大な人力飛行機が穴水湾を飛ぶ。
夢考房人力飛行機プロジェクトが穴水湾初飛行に挑戦

2017年9月13日UP

夢考房人力飛行機プロジェクト(学生54名)が穴水湾での飛行に初めて挑戦することになりました。

平成29年9月12日(火)から9月15日(金)までの期間のいずれか1日で実施し、人力飛行機の飛行に最も適した時間帯に飛行します。飛行距離は2kmを目標としています。穴水町の「あすなろ広場駐車場(野積場)」(石川県鳳珠郡穴水町川島ツ55)から滑走し、半径2km以内の穴水湾上空を飛行し、着水する計画です。

9月13日(水)午前6:30に記録飛行が実施されました。

以下のURLから記録飛行の動画をご覧いただけます。

https://www.pscp.tv/w/1yNGamvOkvbGj

プロジェクトでは前日の16時に天候を判断します。飛行当日のスケジュールは次のとおりです。

午前3時15分 機体組み立て

午前4時45分 駆動試験(パイロットの動力でプロペラを回転させ異常箇所がないか確認)

午前5時05分 動翼試験(可動式の水平尾翼と垂直尾翼が設計通りの挙動を示すか確認)

午前5時15分 重心測定(パイロットが搭乗した状態で機体重心位置が設計通りか確認)

午前5時30分 集合写真

午前5時35分 滑走試験

午前6時30分 記録飛行本番

午前7時00分 着水・パイロット回収

午前7時10分 機体回収

午前8時30分 撤収

夢考房人力飛行機プロジェクトは、人の力のみを動力とした人力飛行機の設計・製作・性能評価を行うプロジェクトです。1994年に発足し、現在に至るまで22機の機体を製作してきました。通常は岐阜県の飛騨エアパーク等で飛行試験を行っています。

今回穴水湾で初飛行に挑戦する「航」(読み:わたる)は先尾翼機という珍しい機体形状で、プロペラは後部に付けられています。機体重量は90kgf(パイロット含む。うちパイロット重量は48kgf)、主翼のスパンは31mという巨大かつ軽量な機体で、製作期間は約6か月。人力でプロペラを90回毎分で回転させ、秒速7m(時速25.2km)で飛行します。

なお県内で本格的な飛行に挑戦するのも、プロジェクト発足以来、今回が初めてとなります。

飛行の実施・不実施については、前日に天候判断を行い、下記URLでお知らせします。

人力飛行機プロジェクトWebサイト

金沢工業大学 人力飛行機プロジェクト twitter

金沢工業大学 人力飛行機プロジェクト facebook

夢考房人力飛行機プロジェクトの先尾翼機「航」(わたる)

プロジェクトの皆さん。機体前方にあるのが先尾翼。プロペラは機体後方に付けられている