記事詳細

戻る

建築学科 円井基史先生による「金沢コケツアー 〜こけ庭を見て、さわって、作ろう!〜」を
小学生5・6年生、中学生を対象に開催

2015年9月17日UP

金沢工業大学では、小学5・6年生、中学生を対象として、「金沢コケツアー 〜こけ庭を見て、さわって、作ろう!〜」を開催します。本プログラムは、独立行政法人日本学術振興会による科研費研究成果の社会還元・普及事業である「ひらめき☆ときめきサイエンス」のプログラムとして開催しており、研究機関で行っている最先端の研究成果を直に見て、聞いて、ふれてみて、科学のおもしろさを感じ取っていただけるイベントです。

開催日時 2015年11月21日(土) 9:00〜15:20
講師 金沢工業大学 環境・建築学部 建築学科 円井基史 准教授
参加費 無料(昼食付)
プログラム

「金沢コケツアー 〜こけ庭を見て、さわって、作ろう!〜」

金沢の街なかや日本庭園を巡り、 コケ庭を見て、さわって、作ることで、コケ植物の神秘の世界を体験してもらいます。

(1)コケ植物は日本に2000種類あると言われています。国歌にも「こけのむすまで」と登場します。学校の周りや通学路でも、コケを見つけることができます。昔から日本人の身近にあったコケ植物について、まずは教室で学びます。

(2)次に金沢の街なかへバスで移動し、旧中村邸のお茶室、兼六園などを歩いて巡ります。建物や庭とコケ植物が作り出す景色と雰囲気を体験します。

(3)見てきたコケ庭を参考に、実際のコケ植物を用いて箱庭(小さいコケ庭)を作ります。自分だけの素敵なコケ庭をデザインしましょう。

詳細はこちら>>[PDF]

参加申し込み お申し込みはこちらから>>