記事詳細

戻る

金沢工業大学院生が歴史的空間再編コンペでグランプリを受賞

2012年12月18日UP

「歴史的空間再編コンペティション2012 〜第1回「学生のまち・金沢」設計グランプリ〜」が12月15日(土)、16日(日)金沢市内で開催され、全国から作品が出展される中、大学院1年 小林 浩さん(新潟県出身)の佐渡の能舞台を題材にした作品「無頼の花」がグランプリを受賞しました。

  

  

※画像をクリックすると、拡大します(最大2M)。

 

当コンペティションは、全国に存在する歴史的空間を再編しようとする設計作品を対象に実施されたもので、「学生のまち金沢」、「歴史都市・金沢」に全国の学生が集い、競い合い、学び合うことにより、歴史的空間のストックを見つめ直し、新しい価値を生み出されることが期待されています。

審査員は妹島和世氏(建築家 SANAA)、塚本由晴氏(東京工業大学准教授 アトリエ・ワン)、五十嵐太郎氏(東北大学大学院教授)、宮下智裕氏(金沢工業大学准教授)、松田達氏(東京大学助教)が務め、全国から308件のエントリーがありました。

 

なお、上位10作品のパネル・模型は、金沢学生のまち市民交流館のサロンにおいて、12月18日〜24日まで展示されます。

 

歴史的空間再編コンペティション公式HPはこちら>>

歴史的空間再編コンペティション公式facebookはこちら>>

 

 

1位:金沢工業大学大学院、小林浩[無頼の花]

2位:東京工業大学大学院、鈴木隆平[Cultivated City-多摩に生まれる、食の農のまち-]

3位:京都工芸繊維大学大学院、大竹絢子[道のつくる風景]

4位:三重大学大学院、三谷裕樹[家のマエ]

5位:立命館大学、金子佳弘[お堀のある町]

6位多摩美術大学、大島頌太郎[Dougenzaka Architectural School〜看板建築の行方〜]

7位明治大学大学院、滝沢皓史[進化する保存建築〜伊根町伊根浦伝統的建造物群保存地区における舟屋のリノベーション〜]

8位摂南大学、勝矢真実[Consciousness〜残された一本の楠の木〜]

9位:京都工芸繊維大学、清水崇之[変わるものと変わらないもの]

10位:日本大学大学院、阿部雄介[小さな街、大きな銭湯。]