記事詳細

戻る

2012年度日本海イノベーション会議 第1回プログラム

2012年11月15日UP

日本版GPSが社会を変える −第5の社会基盤「空間情報」−

 

日本版GPSとして準天頂衛星みちびき(QZS)の本格運用が始まりました。センチメートル単位での高精度位置測定で、私達の生活はどのように便利になるのでしょうか。
防災、通信、観光、交通、福祉、農業、商業から「空間情報」がもたらす近未来を展望します。

 

【日時】12月15日(土)13:30 〜 15:30(開場13:00)

【会場】北國新聞20階ホール

 

【講演1】空間情報がもたらす安心・安全・快適な社会

鹿田正昭氏(金沢工業大学環境土木工学科 教授)

【講演2】日本版GPS(みちびき)がもたらす新しい技術

松岡 繁氏((財)衛星測位利用推進センター 利用推進本部副本部長)

【講演3】日本版GPSが社会を変える

徳永光晴氏(金沢工業大学環境土木工学科 教授)

 

 

[聴講無料]

定員200名

 

■お申し込み方法 聴講希望の方は、郵便番号、住所、氏名、電話番号、職業をご記入の上、以下まで、お申し込みください。

ハガキ:〒920−8588(所番地不要)

ファクス:076(260)3403

Eメール:koho@hokkoku.co.jp

入場整理券などは返送しませんので、ご了承ください。

定員に達し次第、締め切ります。

■お問い合わせ 日本海イノベーション会議事務局(北國新聞社広報部)

電話:076(260)3402(平日10時から18時まで)

 

※会場へは公共の交通機関をご利用ください。

※個人情報は当会議の催し以外に使用することはありません。

 

 

主催 金沢工業大学、北國新聞社