研究所の構成と概要

附置研究所

人間情報システム研究所

やつかほリサーチキャンパス

人間情報システム研究所は、情報システムとしての人間の特性をあきらかにし、それに見合ったテクノロジーや社会環境のあり方を積極的に提言する。ユーザーである人間の意図にかなった機能を自ら創り出すことのできる機械システムの設計原理を明らかにし、人間の感覚、運動機能及び脳の情報システムとしての特性及び微小脳システム(昆虫など)の行動原理の研究などを通して、人間と共創できる機械システムの設計にあたる。

KITが開発した世界最高水準の脳磁計で「心」のメカニズムを探る。

微量生体物質分析システム。1000 億分の1グラムという微量な脳内神経作用物質を測定可能。

モデル細胞やがん組織を用いて、異常の原因を DNA レベル・mRNA レベル・タンパク質レベルで解析。

高度材料科学研究開発センター

やつかほリサーチキャンパス

高度材料科学研究開発センターは、金属、半導体、高分子、セラミックス、薄膜といった各種材料分野の研究員により、インテリジェント材料、スマート材料と呼ばれる機能材料のさらなる高度化を目指す。それぞれの材料の成形プロセスや破壊メカニズムの解析を基盤とする多機能・高信頼性複合材料の技術開発はもとより、それらのバルク素材に薄膜を形成するといった新しい試みの中から、新時代の材料開発を行う。

CFRP など複合材料の耐性評価を行うひっぱり測定機「サーボパルサー」

放電プラズマ焼結装置。中性子検出用シンチレータ(放射線があたると光を出す結晶)作製に威力を発揮する

薄膜化に使用する高周波スパッタリング装置

マルチ型誘導結合プラズマ発光分光分析装置で金属イオンを分析

先端電子技術応用研究所

先端電子技術応用研究所は、次代を担う電子工学である超伝導エレクトロニクスの分野で、脳磁計測システムの開発にあたる。それを基点に、計測技術、制御技術、通信技術などを総合的かつ具体的に実現し、システム要素に関する技術開発を重視した研究活動を推進する。

光電相互変換デバイスシステム研究開発センター

扇が丘キャンパス

光電相互変換デバイスシステム研究開発センターは、新しい光電相互変換デバイスシステムの開発と、そのために必要な材料・デバイスシステムを有機的かつシステマチックに研究を行なう。「酸化物半導体の価電子制御と高伝導率化、及びデバイスへの応用」と「次世代電子ディスプレイシステムの開発」、この2つのプロジェクトを推進することによって、新しいタイプの情報通信システム(情報技術:IT)のシーズを創出・発信する。

アークプラズマ成膜システム。

新しい方法による3Dディスプレイ。LEDをつけた基板を高速で回転させて立体画像を表示。

ヘリコンスパッタ成膜システム。

心理科学研究所

扇が丘キャンパス

心理科学研究所は、主に臨床心理、実験心理に関連する知識と技能の集積を図り、人の「こころ」ケアーマネジメントと情動情報に密接な関係を持つ「脳科学の心理臨床学的な現象解明」を研究する。今後の情報科学の進展を視野に、心理学、認知科学、行動科学、精神医学を複合的に捉え、実証的な実験心理、臨床心理の構築に貢献する。

ゲノム生物工学研究所

やつかほリサーチキャンパス

ゲノム生物工学研究所は、麹菌を中心とした微生物の機能ゲノム・タンパク質解析とバイオプロセスへの応用、および創傷治癒、再生医療に必須の人工骨格基材や人工細胞外マトリックスの設計とナノ加工技術の開発を中心にした研究を展開し、生物機能を利用した新しい技術を育て、医療産業、食品産業、環境産業などに役立てていく。

フスマ、稲ワラなどのバイオマスからバイオエタノールを高生産する研究に取り組む。

微生物の作用で水や二酸化炭素に分解していく生分解性プラスチックを研究。医工連携で生体の組織再生を促進する生分解性高分子基板の開発にも取り組む。

レーザーイオン化飛行時間型質量分析装置/タンパク質をイオン化して電圧をかけると飛ぶという性質を利用して、飛ぶスピードを測定して分子の質量の違い、すなわちタンパク質の種類の違いを推定する。一つひとつ分析するため、気の遠くなるような作業だが、非常に貴重なデータとなる。ノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏が開発した装置。

リアルタイムPCRシステム/ DNAを増やすための装置と蛍光を測定するための装置を一体化し、遺伝子の働きの強弱がわかる。

マイクロアレイスキャナー/ガラスなどの基板に約1万種類も貼り付けた遺伝子をこの装置にかけると、働いている遺伝子が条件設定によって赤色や緑色や黄色に発光。これにより、ある働きの時はたとえばAとBとCの遺伝子が働き、別の時はBとDとEが働くなどのことがわかる。

情報技術研究所

やつかほリサーチキャンパス

情報技術研究所は、急速に進む高齢化社会に向けて、IT技術を介護医療に応用する専門的研究機関を目指す。高齢者のみならず、視覚障害者や聴覚障害者の支援も含む総合的な研究開発を行う。

PCクラスタ上で新しいサービスを研究。

企業出身の教員が多く、産学連携がさかん。

知的創造・経営研究所

コンピュータがシミュレートする仮想空間は、無限の可能性を秘めており、新しい経済圏に形成しつつある。本研究所は、仮想空間と知的財産に関するテーマを取扱う。

建築アーカイヴス研究所

扇が丘リサーチキャンパス

建築アーカイヴス研究所では建築関連資料の収集、保存、調査、公開する役割の一翼を担うとともに、建築アーカイヴィングのための方法論的研究、地域における建築・都市文化の資料収集と研究を行う。これらの活動と成果を日本における建築アーカイヴス分野の発展へとつなげ、さらに世界の建築アーカイヴとの交流に寄与することで、建築・都市の魅力を感じられる社会的風土づくりに貢献する。

FMT研究所

やつかほリサーチキャンパス

機械工学、制御工学、航空工学の革新的基礎技術の創出に向けて、“ふせぐ(Fusegu)、まもる(Mamoru)、たすける(Tasukeru)”ための未来機械(Future Machine)の技術(Technology)開発を行う研究所で、危機対応システム機器開発、環境・エネルギー問題対応機器開発、福祉、医療支援機器開発を行なう。

人間が動かす腕にあわせて動く振り上げ運動が可能なロボットアーム。

生体機構制御技術研究所

やつかほリサーチキャンパス

工学、生物学、医学等の多岐に亘る技術情報を統合することによって、生体が持つ機構制御技術を工学分野に応用し、ロボット開発にブレークスルーをもたらすことを目標とする。本研究所は、得られた成果を積極的に発信し、次世代の制御工学の研究拠点を形成することを目指す。

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.