講義科目の詳細

技術経営要論
Essentials of Technology Management

担当教員

受講対象者

新しい技術経営の考え方を習得したい事務系・技術系の方。イノベーションにかかわる経営判断力を磨きたい管理職の方

授業の主題と概要

これまでの技術経営は、技術を中核にして、いかに企業の価値を持続的に向上させるか、を目的にして議論が進められてきました。たとえば、自社は製品、プロセス、ビジネスモデルのどのイノベーションを目指すべきなのか、コア技術や技術プラットフォームをどう確立するのか、開発に長時間を要する技術や製品開発のロードマップはいつまで、どこまでつくるべきか、技術のMake or Buyやアライアンスの適切な判断基準はなにか、技術開発への投資効率はどう評価すべきか、イノベーションを加速させるための組織と人づくりのしかけは何か、といった議論です。しかし、今後の技術経営は、このような過去の議論だけでは十分でないでしょう。企業をとりまく将来のビジネス環境の変化を見据え、これからの技術経営は、人と情報を中核にして、企業価値を加速的に向上させることに目的が移りつつあります。実際、カスタマーエクスペリエンス(CX)イノベーション、IoT、スマート・ファクトリー、アジャイル・イノベーション、AI、AR・VRといった新たな技術経営の課題への取り組みが、多くの企業で焦眉の急となっています。本講義では、以上のような技術経営にかかわる新旧の重要テーマについて、企業経営の観点から講義、議論します。

到達(習得)目標

技術経営の従来の主要テーマを理解した上で、今後の市場・顧客と技術の動向を踏まえ、新たに求められる技術経営の重要課題と取組みについて考察することで、イノベーションを具体的に実現、加速させるスキルを習得することを目標とする

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1,2 「イントロダクション」
講義の全体像を紹介し、これまでの技術経営とこれからの技術経営のフレームワークや技術経営にかかわる成功事例、失敗事例を解説する

「技術経営を取り巻く市場・技術の動向とベスト・プラクティス企業」
今後の技術経営の基礎となる「人」と「情報」の観点から将来動向を解説する。また、IoT,ビッグデータなどの主要技術を概説する。その上で、技術経営のベスト・プラクティス企業として、P&G、ネットフリックス、GEなどのやり方を講義・議論する
3,4 「技術経営とデジタル・トランスフォーメーション」
今後はデータが競争優位の源泉になり、また、顧客体験(カスタマー・エクスペリエンス)のイノベーションの重要性が高まっていることを解説し、その観点から先行するナイキとグーグルの事例を紹介する。関連してIoTの応用事例を概説する

「デジタル時代の戦略と技術経営」
格段に高い不確実性への対応力が必要なデジタル時代の経営戦略の考え方を解説し、その上で、企業に必要な技術経営のあり方を議論する
5,6 「スマート・ファクトリー」
将来の製造業の競争力を左右するスマートファクトリーの考え方について解説し、また、そこでの重要テーマとして、インダストリー4.0、デジタル・エンジニアリング、ロボット、3Dプリンティングなどについて概説する

「アジャイル・イノベーション」
Test & Learn方式のアジャイル・イノベーションの進め方を企業として取り入れる重要性が高まっている。日本企業の強みを活かしながら、どのようにアジャイル・イノベーションを進めるべきかを議論する
7,8 「技術経営の実践のためのデジタル・オペレーション」
今後の技術経営の実践のためには、高度なデジタル・オペレーションの仕組みが欠かせません。ここでの重要なテーマとして、AI,AR・VR、デザイン思考などを解説する

「受講生による課題発表」
本講義の全体を通じての受講生間の意見交換を兼ねる

開講について

開講時期: 1学期
開講形態: 2コマ(180分)×4日間
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

 

テキスト/参考図書

【テキスト】
適宜配布

【参考図書】
① 三澤一文「技術マネジメント入門」日本経済新聞出版社
② 延岡健太郎「MOT(技術経営)入門」 日本経済新聞社
③DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部「IoTの衝撃」ダイヤモンド社
④DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部「人工知能」ダイヤモンド社
⑤斎藤和紀「シンギュラリティ・ビジネス」幻冬舎

※上記は一部追加・変更となる場合もございます。また、指定テキスト及びケースなどは、
別途ご購入頂くもので、授業料には含まれておりません。予めご了承ください。

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
K.I.T.院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2018年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン