講義科目の詳細

技術商業化特論
Technology Commercialization

担当教員

受講対象者

企業等において、新事業開発、外部連携に携わる方。また研究開発、知的財産の管理活用に携わる方。大学知財部、TLO等、研究機関において知的財産マネジメント、研究企画、戦略策定を担当するコーディネーター、リサーチアドミニストレーター等、関連業務に関わる方。また将来的にこれらの業務を目指す方。いずれの経験もない方は、産学連携・技術移転特論を受講した上での受講により理解が深まる。

授業の主題と概要

技術商業化特論は、民間企業で新規事業創出、外部連携を担当する方、起業を検討している方を対象に、技術シーズ、特に大学の研究成果に基づく先端科学技術が起業を通じ商業化されるプロセスの概観把握を目標とします。この知見は、MBAを目指す方にとっては、「外部知識(現在組織内に無い知識)をいかに有効に取り入れ、事業に活用するか」という点で、MIPMを目指す方にとっては、知的財産創造サイクルにおける知財の「創造・保護・活用」のうち、特に「活用」の最重要政策を理解するという点で有効です。

授業では、ガイダンスで経営学における「Knouwlede Management、外部知識との連携方法」を概観した上で、日本の第一線で活躍する4名の外部講師による経験ベースのリアルな現状を紹介いただきます。2人のベンチャーキャピタリスト(ベンチャーを対象とした投資家)は、知財評価システムを構築しベンチャー評価の方針を確立した者と、シリコンバレーでのエンジニア、著名経営コンサルティング経験を持つ方です。日本でのベンチャー経営参画をふまえベンチャーを評価しており、その対比により共通点・相違点が明確になる点は本講義の大きな特徴です。さらに、ベンチャーの経営を支援する公認会計士、ベンチャーへのライセンシングの豊富な経験をもつTLO実務家の講義により、包括的な理解が可能となります。

到達(習得)目標

以下の項目について、実際の業務イメージをもち、考え方を理解することを目標とする
1)ナレッジマネジメント、外部知識吸収の要諦
2)大学発ベンチャーの成長プロセスとベンチャーキャピタルの活動

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1.2 ガイダンス:本科目全体の構成の説明、簡単な質問形式での受講生のニーズを把握、経営学における「Knowlede Management、外部知識との連携方法」の概観紹介
3.4 ベンチャー企業の創出と成長:研究開発型ベンチャーの実際、技術シーズをコアとする大学発ベンチャーの成長プロセスの概要把握
5.6 ベンチャーキャピタル(VC)からみた技術の事業化(その1):大学発ベンチャーへの、知財をコアとした投資スキームを構築した第一人者である、DBJキャピタル(株)山口氏より、ベンチャーファイナンスの動向、VCからみた知財の評価、事業化の課題を、豊富な事例を含めて伺う。また、大学生を対象としたスタートアップ支援事業のアドバイザー経験より、現在のアントレプレナー教育の状況もお話しいただく。
7,8 ベンチャーキャピタル(VC)からみた技術の事業化(その2):現在日本でもっとも成功している大学VCであり、活発にベンチャー支援を行っている東京大学エッジキャピタルの井出氏より、ベンチャーファイナンスの動向、大学VCの特徴、先端技術の事業化の全体像と課題を、アメリカでの経営コンサルティング、ベンチャー企業経営への参画のご経験を含めて伺う。また同氏作成のケースワークも予定している。
9.10 第5回-8回のベンチャーキャピタル(VC)からみた技術の事業化の全体像についてまとめを行う。併せて、日本で現在実施されている関連の政策や地域の取り組みなどを紹介する。これらをふまえ、題11ー14回の専門家による講演にむけて、興味のポイントや前提となる状況を整理する。
11,12 公認会計士からみた技術系ベンチャーの経営:大学発のいわゆるTech系ベンチャーの特徴、先端技術の事業化におけるファイナンスの課題を、多くのTech系ベンチャーの株式上場を手がけ、事業計画の立案、資金調達や企業間アライアンスの推進および管理業務の整備等についてアドバイスしているご経験を踏まえて伺う。
13.14 TLOのライセンスアソシエイトからみた技術系ベンチャー:大学発のいわゆるTech系ベンチャーの特徴、先端技術の事業化における知財の価値、ライセンスのあり方を、日本でもっともライセンス収入を上げ、さらに近年、「本郷バレー」といわれるほど多くのスタートアップを排出している東京大学の事例をもとに、IT、データなどの現在ますます重要となっている知財のライセンスのご経験を踏まえて伺う。
15,16 ベンチャー活用のエコシステム:14回までで得た現在の日本の技術系ベンチャー企業の概観理解と課題を踏まえ、改めて各々の立場からみたベンチャー企業との連携のあり方を検討する。また現在のアメリカ、シリコンバレーの強さの源泉といわれる、大学を核とした経済促進システム(ベンチャー創出支援インフラとしての大学の役割と可能性、科学技術政策との関係性など)も含めて理解する。

開講について

開講時期: 2学期
開講形態: 2コマ(180分)×8日間
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
テキストに該当する資料は、毎回授業時に配布する

【参考図書】
授業中に紹介する。講義全体に関係するものとしては、下記を推奨する

1)産学連携概況把握には「産学連携」 原山優子編著、東洋経済新聞社(2003)
2)知財の観点からは「イノベーターの知財マネジメント」渡部俊也著 白桃書房(2012)

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
いま必要なスキルを1科目から履修する(詳細へリンク)
いま必要なスキルを1科目から履修する
経営コンサルティング、ファイナンス・アカウンティング、知財マネジメントなど必要としている力や、高めたい専門分野をピンポイントで履修することができる「科目等履修生制度」を用意しています。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2021年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン