講義科目の詳細

M&Eマネジメント実務演習
Media & Entertainment Management Practice

受講対象者

メディア&エンタテインメント全般知識の定着と実践的スキルを習得したい方等

授業の主題と概要

メディアとエンタテイメント産業がデジタル・コンテンツの制作、配給に際しどのようなビジネスモデルを構築しているのか、 また、配給、配信に不可欠なハードウエアーを製造販売するコンシューマー・エレクトロニクス産業との融合を如何に実施して いるのかを履修、ケース・スタディーを介して分析していきます。その上で、メディアを扱うものとしてのリテラシーの問題点等についても 履修します。メディア&エンタテインメントの総括として、これまでの学びを生かしたディスカッションを行いながら、実践的議論を進めていきます。

【M&E実務演習(旧:メディア&エンタテインメント実務演習)】≫授業レポートはこちら

到達(習得)目標

これまで学んできたメディア・エンタテインメント産業におけるビジネススキームを再確認し、メディアビジネスの専門的知識を習得できる

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1,2 【イントロダクション】
introduction: コンテンツとテクノロジーの融合、産業概論

【メディア&エンタテインメント産業総論①】
映像エンタテイメント事業(映画、TV,DVDなど)その1
3,4 【メディア&エンタテインメント産業総論②】
映像エンタテイメント事業 その2

【メディア&エンタテインメント産業総論③】
インターネット時代のコンテンツ事業
5,6 【メディア&エンタテインメント産業総論④】
エンタメ産業最新トレンド

【メディア&エンタテインメント・マネジメント総論①】
メディア・リテラシー①
7,8 【メディア&エンタテインメント・マネジメント総論②】
メディア・リテラシー②

【メディア&エンタテインメント・マネジメント総論③】

開講について

開講時期: 4学期
開講形態: 2コマ(180分)× 4日間
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
講義資料を適時配布

【参考図書】
『ゴジラで負けてスパイダーマンで勝つ』 野副正行(新潮社)
『ウェブ時代 5つの定理』 梅田望夫(文芸春秋)
『21世紀 放送の論点』 郵政研究所(日刊工業)※入手が困難ですが、参考図書として推奨します。

※上記は一部追加・変更となる場合もございます。また、指定テキスト及びケースなどは、別途ご購入頂くもので、授業料には含まれておりません。予めご了承ください。

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2019年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン