講義科目の詳細

産学連携・技術移転特論
University-Industry Collaboration and Technology Transfer

担当教員

受講対象者

企業等において、研究開発、知的財産の管理活用に携わる方。大学知財部、TLO等、研究機関において知的財産マネジメント、 研究企画、戦略策定を担当するコーディネーター、リサーチアドミニストレーター等、関連業務に関わる方。 また将来的にこれらの業務を目指す方

授業の主題と概要

産学連携・技術移転特論は、知的財産創造サイクルにおける「創造・保護・活用」のうち、特に企業とアカデミアの恊働による「創造」「活用」に関する制度、システムとそのマネジメントを中心に講義を行います。企業の事業・知財戦略がイノベーションへ結実するためには3つのマネジメント、すなわち 1)科学技術の知識、それを生み出す研究活動の性質を理解し(知識マネジメント)、2)どのようなプロセス、どのような組織で科学技術を生み出していけばよいかについて知見をもち(研究開発マネジメント)、3)その成果を多様な知財制度の利用により戦略的に活かす(知財マネジメント)、という俯瞰的な取り組みが必須です。
本講議では、最初に、大学のスター教授と企業の共同研究のケースリードを通じ、実務経験のない受講生も現実のイメージを共有した上で、大学と企業の立場の違いを超えWin-Winの関係構築とそれを支える知財マネジメントの在り方を考えます。またそのケースを掘り下げる形で、共同研究契約交渉の実際、産学連携・技術移転業界の概観、産学連携の現場で求められる知財マネジメントを理解することを目指します。なお、技術商業化特論と合わせて受講することで、日本における産学連携の全体像を包括的に理解できます。

到達(習得)目標

以下の項目について、実際の業務イメージをもった上で、基本となる考え方を理解することを目標とする

1)企業と大学の共同研究を中心とする日本の産学連携の概況
2)アカデミアの研究開発の特徴、実態
3)知財を中心とした企業と大学の研究開発マネジメント

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1 ガイダンス:
本科目全体の構成を、ケース(事例:オープンイノベーション体制による産学連携の研究開発プロジェクト)の通読と
その説明から把握する。また簡単な質問形式で受講生のニーズを把握し2回目以降の講座に反映する
2 企業と大学の共同研究:
技術分野、産業特性の影響、共同研究契約に置ける基本的な論点(大学と企業というセクターの立ち位置とその相違、 研究開発への知財専門家の貢献の基本的なポイントを理解する)
3 大学の知的財産マネジメント:
大学における知財マネジメントの概況把握、政策的、歴史的背景(オープンイノベーションの時代に、
知財の観点からもその重要性が増す、知財創出の源としての大学の位置付けを理解する)
4,5 研究開発のプロジェクトマネジメント(1)(2):
複数のステークホルダーからなるプロジェクトのマネジメント(第一線で長く実務に携わる経験者の経験を通じ、
日本の大学の知財マネジメントの実情を把握する。また昨今政策的にも重要性がます、産学連携による国主導の
プロジェクトの概要も理解する)
6 大学経営と研究戦略:
世界的に熾烈な大学間競争、研究評価とランキング、大学という組織のマネジメントと戦略
(日本及び欧米先進国の大学が置かれる状況、経済活動と密接な関係をもつ大学の役割を理解する)
7,8 ケースに基づくグループディスカッションと解説(1):
事前課題をもとに、第1回で用いたケースに基づくネゴシエーションのロールプレーを行う。
合わせて、研究大学で重視されている研究戦略の実際、今最もニーズが大きいプレアワード業務の
実際を概観する

ケースに基づくグループディスカッションと解説(2):
上記に加え、大学の産学連携専門人材においてもとめられる知財やマネジメントの知識、資質と
スキルをまとめる。また、将来的にその分野への参画も視野に実務家コミュニティーの活動紹介等も行う

開講について

開講時期: 2学期
開講形態: 変則開講 5日間
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
テキストに該当する資料は、毎回授業時に配布する

【参考図書】
授業中に紹介する。講義全体に関係するものとしては、下記を推奨する

1)産学連携概況把握には「産学連携」 原山優子編著、東洋経済新聞社(2003)
2)企業活動、知財の観点からは「イノベーターの知財マネジメント」渡部俊也著 白桃書房(2012)

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2019年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン