開講科目の詳細

ワークライフマネジメント特論
Work-Life Management

受講対象者

組織・個人のワーク・ライフマネジメントに課題を感じ、改革への意識のある方

授業の主題と概要

コロナ禍において、働き方が多様化し自律的な働き方が求められている。男性が育児休業を取得することに賛成する人が71%と、家族をより重視する人が増えました。
これからの企業経営において、優秀な人材を惹きつけ、多様な人材が意欲高く働くことで生産性高く成果をあげ、イノベーションを起こしていくには、今まで一見「福利厚生」だと思われていたワーク・ライフバランスが、重要な経営戦略となります。
育児・介護といった働き方の多様性だけでなく、LGBTQといったダイバーシティも含めて、多様性を企業の成長力につなげていくためには、どのようなマネジメント、働き方が有効なのかを学ぶのが、この科目の目的です。

1. なぜ日本社会において働き方改革・女性活躍・男性育休が必要なのか。人口構造からマクロに学ぶ。働き方改革に成功した企業で起きたイノベーションの事例を学ぶ
2. 長時間労働の職場を具体的に変革していく手順やツールを学ぶ
3. 最終回は受講生による「発表会」を予定する。ここでの発表内容を最終レポートに代替する


【ワークライフマネジメント特論】 ≫授業レポートはこちら

到達(習得)目標

・自身の生活や職場において、ワーク・ライフマネジメントを実践できる力の修得
・従来の働き方に愛着を持ち、変化を望まない経営層・上司・同僚に、新しい働き方の必要性と効用を伝え、実践を促す力の修得

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1,2 なぜ日本社会において働き方改革・女性活躍・男性育休が必要なのか。人口構造からマクロに学ぶ

働き方改革に成功した企業で起きたイノベーションの事例を学ぶ
3,4 ワーク・ライフバランスを個人および組織で推進する際の課題を整理し、解決策の方向性を見つけ出す

朝メールを分析する
課題の分析手法を学ぶ(要因分析)
5,6 ワーク・ライフバランスを推進するための提案をグループ内でプレゼンテーションし、議論する関係の質、心理的安全性について学ぶ

ワーク・ライフバランスを実践するための取組施策について考える
自分が実践する取組内容を具体的に考える
7,8 「自組織や職場への働き方課題分析と解決策、提案と討議」
受講生全員によるプレゼンテーション

受講生全員による自社ワーク・ライフバランス施策発表と討議

開講について

開講時期: 1学期
開講形態: 2コマ(180分)×4日間
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
「働き方改革」~生産性とモチベーションが上がる事例20社~
小室淑恵 (毎日新聞出版)

【参考図書】
「改訂版 小室淑恵の即効プレゼン術」
小室淑恵 (学研)

※上記は一部追加・変更となる場合もございます。また、指定テキスト及びケースなどは、別途ご購入頂くもので、授業料には含まれておりません。予めご了承ください。

いま必要なスキルを1科目から履修する(詳細へリンク)
いま必要なスキルを1科目から履修する
経営コンサルティング、ファイナンス・アカウンティング、知財マネジメントなど必要としている力や、高めたい専門分野をピンポイントで履修することができる「科目等履修生制度」を用意しています。
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2023年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン