K.I.T.プロフェッショナルミーティング

2018年01月19日(金) 19:30 ~ 21:10
『新常識!経営企画・事業企画のためのビジネスツールとしての知的財産入門』

■受講対象者
・経営、事業企画、商品開発、マーケティングなどに携わっていて知財活用にも関心をお持ちの方

■講演概要
今回のKITプロフェッショナルミーティングでは、数々のベストセラー(経営戦略全史など)を生み出している三谷宏治教授と、フィリップ・コトラー博士から「マーケティングと知財の統合仮説」について賛同を得て、メディアでも大きな注目を集めている杉光一成教授に登壇いただきます。特別ゲストとして「ストーリー漫画でわかる ビジネスツールとしての知的財産」の著者で、弁理士試験にも合格した異色の漫画家 大樹七海氏にも参加いただきます。

知的財産をビジネスツールとして十分活用できず、「法律/コンプライアンス/リスクマネジメント」の問題として、専門部署に任せている企業も多いのではないでしょうか。新規事業のネタを知的財産のデータの中から見つけたい方、SWOT分析やファイブフォースをもっと定量的に行いたい方々のご参加をお待ちしております。

■講演詳細
第1部 『ビジネスモデル革新~知的財産がイノベーションを加速する~』 三谷 宏治
20世紀最初の年に、キング・ジレットが「替え刃式の安全カミソリ」を特許申請し、その商品化と普及に成功しました。製品本体は安く売り、その後の消耗品やサービスで長く、そして大きく稼ぐこの「替え刃モデル」は、プリンターのトナー(HP)やコーヒーマシーンのカプセル(ネスレ)など、後に多くのビジネスを生み出しました。本講演では、これらビジネスモデルにおける知財戦略の重要性やキーパーソンを紹介しつつ、AI・ビッグデータ時代を迎えた今日にイノベーションを起こすためのヒントを伝えます。

第2部 『マーケティングのための有用な「道具」として捉えるべき知的財産』 杉光 一成
これまで商品企画やマーケティング担当者にとって知財とは、専門の知財担当者がいるため自分達とは無関係と考える一方、知財担当者にとっては、マーケティングはプロモーションの学問であり知財との関係は薄い、という相互の「誤解」が多かったように思います。そこで今回は、マーケティングと知財が実は密接に関係しており、双方が統合的に活動していくことこそがビジネスを成功へと導く鍵である、という統合仮説についてお話します。また、2017年7月に日経新聞で大々的に報じられた最新のマーケティング・リサーチ手法「IPランドスケープ」についても言及します。

第3部 『ストーリー漫画でわかる ビジネスツールのための知的財産』 大樹 七海
いま一度、堅苦しい知的財産法ではなく、ビジネスサイドから見て本当に必要な「知的財産」を再考する必要があります。この度、本格的ストーリー漫画を用いた新たなジャンルのビジネス書を2018年2月に発売することになりました。主人公はAIベンチャーを経営する弁理士で、米国の巨大IT企業に知財を駆使して戦いを挑みます。本作の誕生秘話から魅力・特徴についてご紹介します。

参加受付終了

講師:
三谷 宏治 Koji MITANI

【現職】
K.I.T.虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 教授
早稲田大学ビジネススクール 客員教授
女子栄養大学 客員教授

【プロフィール】
BCG、アクセンチュアを経て現職。アクセンチュアでは戦略グループ統括を務める。06年からは「教育」領域に専念。社会人の他、子ども・親・教員を対象に様々な教育活動中。著作多数。『経営戦略全史』はビジネス書大賞2014大賞、ダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位。『ビジネスモデル全史』は同2014第1位。放課後NPOアフタースクール、NPO法人3keys 理事。永平寺ふるさと大使。

講師:
杉光 一成 Kazunari SUGIMITSU

【現職】
K.I.T.虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 教授
知的財産科学研究所 所長

【プロフィール】
東京大学大学院・修士(法学)、東北大学大学院・博士(工学)。電機メーカーの知的財産部等を経て、本学教授(現在に至る)。主な著書として「理系のための法学入門」等。専門は知的財産法(特に意匠法等)に関する先端領域及び学際領域(例えばコピペの問題)。公職歴として参議院・経済産業委員会調査室・客員研究員、日本マーケティング学会「マーケティング・ツールとしての知的財産研究会」プロジェクトリーダー、東京大学政策ビジョン研究センター・客員研究員(現任)等の他多数。2009年に経済産業省「知財功労賞」受賞。

講師:
大樹 七海 Nanami OHKI

【現職】
知財漫画家、KIT修了生
※左記、新著の表紙デザイン。>Amazonへのリンクはこちら

【プロフィール】

K.I.T.虎ノ門大学院知的創造システム専攻修了。新時代に向けた著作権施策に関する研究 修士(法学)。理化学研究所と産業技術総合研究所を経て、弁理士試験に合格。現在は科学技術・知的財産権法に関するコンテンツクリエイターとして活躍。代表作として、「マンガで解説!弁理士への道」(LEC東京リーガルマインド)、「知財探訪」(フリーペーパーPATENAVI)、「マンガでわかる規格と標準」(財団法人日本規格協会)などがある。

■ 場所: 金沢工業大学 虎ノ門キャンパス ※当イベントの受付・会場は13Fです。
■ 定員: 80名
■ 費用: 無料

■ スケジュール
2018年1月19日(金)19:30 - 21:10 ※
19:30 - 20:00 『ビジネスモデル革新~知的財産がイノベーションを加速する~』 三谷 宏治
20:00 - 20:30 『マーケティングのための有用な「道具」として捉えるべき知的財産』 杉光 一成
20:30 - 21:00 『ストーリー漫画でわかる ビジネスツールのための知的財産』 大樹 七海
21:00 - 21:10 『質疑応答セッション』

※注意事項
・講演中におきまして、スマートフォンや携帯電話等でのカメラ撮影は、受講者の皆様のご迷惑となりますので、
ご遠慮くださいますようお願い致します。
・本イベントは21:10終了を予定しておりますが、進行状況により多少延長する場合もあります。予めご了承ください。

参加受付終了

参加受付終了

KITプロフェッショナルミーティング 一覧へ戻る

一覧へ戻る
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
K.I.T.院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2018年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン