夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ > 夢考房プロジェクト > 自律走行車(短期)
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
自律走行車(短期)
人と同じように、目標とされる場所へ安全に移動することが出来る自律型ロボット自動車の研究・開発

自律走行車プロジェクトは、自動車の自律制御に関する研究・開発を通じて、機械工学、制御工学、センシング工学、電気電子工学、コンピュータ・プログラミング等の各種専門分野の能力を体得することを目的として、2006年に発足しました。
自律走行車は、自身の位置やこれから走行する場所の状況、そして周りを歩く人や自転車・車の移動状態を把握して、目標とされる地点まで安全に自律して走行できるロボットの事を指し、自律型ロボット自動車の研究・開発を行う事を目的にしています。
2015年度のつくばチャレンジにおいては、雨中の走行となりこれまでの大会では無かった雰囲気の中、センサが雨滴を検出してしまい走行できなくなるチームが多い中で、トライアルコースをほぼ完走し380mの記録を残すことが出来ました。今回の雨天走行はセンサの検知状況を把握する事に関して大きな収穫となり、また、従来センサに加えてジャイロセンサの搭載による自己位置同定精度が高まったことを確認できました。
2016年度は10回大会になりますが、完成年度として悔いのないシステム検証を行っていきたいと考えています。

背景 無人による自動輸送の確立
ビジョン 自動車の自律制御に関する研究・開発を通じて、機械工学、制御工学、センシング工学、電気電子工学、プログラミングなどの各種専門分野の能力を体得する
今年度の目標 技術実証機会の設定
技術伝承のための教材作成
現状 「つくばチャレンジ2015」 記録380m
課題 車両の改良、画像処理システムの導入

2016年度 出場大会スケジュール
大会結果・活動報告
「自律走行車プロジェクト」サイトへ

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2016年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
自律走行車 (短期)
M2M (短期)
RoboCup@Home (短期)
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100(内線3010)/FAX:076-294-6723 Copyright c 2008 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ