夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ > 夢考房プロジェクト > ロボット
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
ロボット
ロボット製作を通して社会人基礎力を身につける

ロボットプロジェクトは1996年に発足し、「ロボット製作の知識・技術を習得する」ことを活動目標として、Team_RoboconとTeam_RID(Robot with Intelligence Development)の2チームに分かれて活動し、「自らアイディアを出し、設計・製作を行い、検証する」を実践しています。

2016年度、Team_Roboconは「NHK学生ロボコン」に向けてオリジナルロボットの設計・製作に取り組みました。大会結果は「NHK学生ロボコン」にてベスト4の成績をおさめましたが、優勝はできませんでした。2017年度は、「NHK学生ロボコン」、「ABUロボコン」共に優勝を目指します。
Team_RIDは、人と共存するロボットの開発を目標とした動物型ロボットの設計・製作に取り組んでいます。現在は動物型ロボットでアニマルセラピーを可能にすることを目指して活動しており、大学や地域のイベントを通じて、製作したロボットの評価・改善を行っています。

背景 人と共存できるロボットを創る
ビジョン 「ロボット製作の知識・技術を習得する」ことを活動目標とし、「自らアイディアを出し、設計・製作を行い、検証する」を実践/ものづくりにおける重要なプロセスを体得する
今年度の目標 「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト」での優勝およびロボコン大賞の受賞
ペンギン型ロボットの開発
現状 Team_Robocon、Team_RIDに分かれて活動
「NHK学生ロボコン2017」出場、優勝を目指す/動物型ロボットで各種イベントに参加
課題 環境にあった電装・機構の開発、各種センサの搭載、アニマルセラピーのために必要な動作の定義、情報収集

2017年度 出場大会スケジュール
大会結果・活動報告
「ロボットプロジェクト」サイトへ

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2017年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
RoboCup@Home
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2017 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ