夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ > 夢考房プロジェクト > フォーミュラカー
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
フォーミュラカー
フォーミュラスタイルのレーシングカーの設計・製作

フォーミュラカープロジェクトは2002年に発足しました。公益社団法人・日本自動車技術会が主催する「全日本学生フォーミュラ大会・ものづくりコンペティション」に出場し、車両づくりの過程の中で社会人として求められるチーム活動力や知識から工夫する力を身に付けることを目的とし活動しています。
2017年度は大会で総合9位以内を目標に車両の運動性能の向上を図り、エアロデバイスをより軽量化した KIT-16model を開発しました。エアロデバイスの効果をより高めるために走行中の姿勢変化を抑制すべくサードダンパーを新たに搭載し、安定した走行ができるようになりましたが、大会ではエンデュランス競技中にブレーキトラブルが発生しリタイヤとなり、総合41位(93チームエントリー中)という結果となりました。

背景 走る・曲がる・止まるの自動車の基本性能の追求
ビジョン 学生が自らチームを運営し、フォーミュラスタイルのレーシングカーを設計・製作することで、ものづくりのプロセスを体得する
今年度の目標 「第15回全日本学生フォーミュラ大会」でのシングルフィニッシュ(9位以内)
現状 サスペンション班、フレーム班、パワートレイン班、エアロダイナミクス班、先行開発班に分かれて活動
「第14回全日本学生フォーミュラ大会」で総合41位
課題 車両の運動性能等を評価するための計測技術が不足している為、車両の運動性能を数値化し具体的に評価するために計測・記録・解析の技術を習得し、より高い運動性能を有する車両の開発ができるようにする。

2017年度 出場大会スケジュール
大会結果・活動報告
「フォーミュラカープロジェクト」サイトへ
「フォーミュラカープロジェクト」Facebookページ

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2017年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
RoboCup@Home
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2017 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ