夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ > 夢考房プロジェクト > M2M(短期)
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
M2M(短期)
ネットワークでモノとモノを接続する

M2M(Machine to Machine)とは、ネットワーク上で接続された機械同士が相互に情報を交換し、自動的に制御を行うシステムのことです。本プロジェクトでは、ネットワークを利用した組込みシステム機器を取り扱います。

2015年度は机上にて作成した小型の風車(写真参照)に取り付けた各種センサより「風向き」、「発電量」を計測し、TCP/IP通信(インターネット通信)で離れた場所で観測を行うシステムを製作しました。

2016年度は、昨年度に作成した電力計側ネットワークシステムをさらに発展させ、風車以外の発電システム(ソーラーパネルなど)をネットワークに組み込んだり、実際に屋外に常設している風車の電力制御にチャレンジします。

背景 ネットワークを利用してモノとモノを接続・制御して繋ぐ技術が、必須となりつつあること。
ビジョン ネットワークで接続したモノとモノを組み合わせた、新しい生活支援システムの開発
今年度の目標 昨年度開発したマイクログリッドシステムの拡張
 ・風車以外の発電システムを追加
 ・屋外に常設した風車でのシステム運用
 ・蓄電システムを組込み、実用化(夜間の照明など)に向けた試作
現状 机上にて動作する小型風車の発電電力と風向データの計測機器(ハード、ソフト)とWindowsPCによるモニタリングソフトの開発により、ネットワークシステムが完成
課題 発電電力を観測するのみでなく、電力を照明などに利用して実用化したい。そのためには蓄電技術、省エネ技術などが必要。

2016年度 出場大会スケジュール
大会結果・活動報告

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2016年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
自律走行車 (短期)
M2M (短期)
RoboCup@Home (短期)
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100(内線3010)/FAX:076-294-6723 Copyright c 2008 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ