夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ >夢考房プロジェクト > エコラン
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
エコラン
自作新エンジンの製作
省エネカーを開発、エネルギー有効利用の限界に挑む

本田宗一郎杯HONDAエコマイレッジチャレンジ全国大会・グループVにて、36回の開催中 10回優勝
エコランプロジェクトは1997年に発足し、ガソリンエンジンの燃費向上や小型電気自動車(EVエコラン)の性能向上など、省エネカーの開発を行っています。大会では他のチームにない独自のマシンで、ガソリンエンジンでは燃費2700km/ℓ、EVエコランでは2時間で80kmの走行を目標とし、設計・製作に取り組んでいます。また、2014年よりエンジンエコランによる世界大会参加を目標に、新車体、新エンジンの開発も実行中で、国内大会に参加しつつ熟成して行きます。
2016年度の活動は、エンジンエコランでは2015年度にオフセットクランクの導入、ピストンクリアランスの最適化、各エンジン部品の軽量化を行いましたが大会でリタイアしており、再評価を行いました。同時に世界大会に向けた新車体の製作、新エンジンの製作を行い、大会参加までは達成することができました。またEVエコランではモータの高効率化、配電回路の省電力化、車体の軽量化を行いました。
エンジンエコランの活動では、新車両が完成し、2台体制で「本田宗一郎杯HONDAエコマイレッジチャレンジ2016第36回全国大会」のグループⅢ(大学・短大・高専・専門学校クラス)に出場しました。昨年大会でECU(エンジンコントロールユニット)トラブルでリタイアに終わったstradaleは2014.055km/ℓで優勝を奪回し、新車両Weltも1565.045km/ℓを記録し5位となりました。
EVエコランの活動では「2016 World Econo Move」に出場し、2時間での走行距離76.359kmで鉛蓄電池部門オープンクラス11位・総合14位となりました。

背景 化石燃料の有効活用と省エネルギー化
ビジョン 極限の省エネルギーを達成する車両の開発
ガソリンエンジンの燃費向上(エンジンエコラン)や小型電気自動車(EVエコラン)の性能向上
今年度の目標 自作エンジンによる燃費2700km/ℓの達成
2017 World Econo Moveでの走行距離80km
現状 エンジンエコラン:
「第20回スーパーマイレッジカーチャレンジ広島2016」には2016年は不参加
「本田宗一郎杯Hondaエコマイレッジチャレンジ2016」において
 旧車両stradaleは2014.055km/ℓでグループⅢ1位
 新車両Weltは1565.045km/ℓでグループⅢ5位
EVエコラン:
「2016 World Econo Move」において2時間での走行距離76.359kmで鉛畜電池オープンクラス11位・総合14位
課題 世界大会に向けた新車体、新エンジンの熟成、性能評価
エンジンおよびモータの性能把握、信頼性の向上

2017年度 出場大会スケジュール
大会結果・活動報告
「エコランプロジェクト」サイトへ

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2017年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
RoboCup@Home
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2017 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ