夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ > 夢考房プロジェクト > 建築デザイン
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
建築デザイン
チーム活動による建築設計・模型制作

建築デザインプロジェクトは1998年に発足し、チーム活動による建築設計・模型製作を通じて「表現力」「プレゼンテーション能力」「デザイン能力」の取得を目指しています。

2016年度では設計班、模型班の2つの班に分かれて活動しました。
設計班では「第22回北陸の家」(オダケホーム主催)だけでなく「木の家設計グランプリ」(株式会社 木の家専門店 谷口工務店主催)や、「学生住宅デザインコンテスト作品」などへ参加しました。後学期はCGソフトやCADソフトを駆使し表現力の向上並びに自由な発想で住宅を設計する「ドリームハウス」に取り組むことでアイディアを創出する力の向上を図りました。
模型班では既存の建築物の模型を製作することで、表現方法や模型製作技術の向上を図り、さらに図面から必要な情報を読み取る力を養っています。また、本学が日本建築学会と連携して行っている有名建築家が残した図面を保存する活動(建築アーカイブ)に準じてそれらの図面から模型を製作する活動にも取り組んでいます。前学期には「射水市大島絵本館」を製作し、後学期には「山荘デルタ」「須賀邸」「吉田洋一さんの家」「成城の家」「鈴木さんの家」「中村忠雄さんの山荘」を製作しました。

今年度は今年2月に竣工した新夢考房41号館を製作します。今までの活動方針を一転し、実物の中で模型製作をすることで、その場で図面と現物を照らし合わせ図面読み取り能力やスケール感の向上を図ります。また実際にこの施設を設計した方をお招きして設計趣旨並びに夢考房新41号館を詳しくご教授頂くことで、模型製作の表現方法を吟味したり自らの設計に役立てたりすることができました。
模型製作の中でこれからの建築活動における価値を自ら見出し、個々の能力を伸ばしていくことを目標に取り組んでいます。

背景 建築と都市デザイン
ビジョン 建築のデザインを第三者に伝えるプレゼンテーション能力向上とそのために有効な建築模型製作能力の向上
今年度の目標 チームによる模型製作活動の中で協調性や積極性を磨き、建築活動の中で大切な「表現力」「プレゼンテーション能力」「建築デザイン能力」を習得する
現状 設計班、模型班に分かれて活動
設計班:学外コンペ参加、CG・CAD演習、ドリームハウス
模型班:「夢考房新41号館」「山荘デルタ」「須賀邸」「吉田洋一さんの家」「成城の家」「鈴木さんの家」「中村忠雄さんの山荘」制作
課題 天井のラインが違う場所の表現。模型製作能力、設計技術の向上

2017年度 出場大会スケジュール
「建築デザイン」Facebookへ

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2017年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2017 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ