夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ > 夢考房とは!?
夢考房とは!? 夢考房。それは、キミの夢を実現するライブステージ
アイディアをカタチに Since 1993
写真 校舎外観
写真 校舎内観
学んだ知識・培った技術を「ものづくり」に応用する力、ものごとに積極的にチャレンジする自発性、感動や共感を呼ぶ表現力といった創造性の本質となるものは、技術者にとって大切な能力です。
夢考房では、学生がこうした能力を身に付け「自ら考え行動する技術者」へと成長するための自主的な活動を展開できるように支援を行っており、個別ブース・実験設備・工作機械・工具室・部品を販売するパーツショップ等、ものづくり活動を支える様々な機能を備えています。今まで「やってみたいけれど…」設備や材料・工具・仲間・技術指導者などの制約で諦めていた「ものづくり」が、この夢考房では実現できます。
夢考房には、様々な分野の専門技師が常駐し、「ものづくり」に関するアドバイスを行っています。また、夢考房は本学の「学内インターンシップ制度」を導入しており、日々の運営業務に学生スタッフが携わっています。学生にとって安全で利用しやすい環境整備のため、5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を推進しながら、学生目線での改善活動を積極的に行っています。
夢考房は、学生が自由にものづくり活動に取り組めるワークスペースです。正課教育(授業)で学んだ知識を正課外教育(課外活動)に持ち寄り、仲間たちとの議論・失敗・試行錯誤を繰り返し、目標を成し遂げた時に得られる達成感こそが、正課教育の更なる充実につながります。こうした相乗効果により、夢を広げ新しい感性を持った技術者が育っています。アイディアをカタチに――夢考房では今日も学生がものづくりに励んでいます。
沿革
1999年 科学技術映像祭「科学技術庁長官賞」受賞
2002年 「工学教育賞」[文部科学大臣賞]受賞
「特別功労表彰」[野々市町]受賞
「文化活動顕彰」[澁谷学術文化スポーツ振興財団]受賞
2003年 特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)[文部科学省]選定
サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業[SPP事業]採択
学生ベンチャー支援プラン[(財)学生サポートセンター]採択
●車いす設計支援システムの開発 ●海に浮かぶ風力発電システム
2004年 サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業[SPP事業]採択
「石川デザイン賞」[(財)石川県デザインセンター]受賞
2005年 サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業[SPP事業]採択
2006年 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業[SPP事業]採択
2007年 産学連携による実践型人材育成事業採択
サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業[SPP事業]採択
2008年 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業[SPP事業]採択
2009年 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業[SPP事業]採択
2010年 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業[SPP事業]採択
2011年 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト事業[SPP事業]採択

 
トップページ
夢考房とは!?
概要
夢考房について
休日開館
安全活動について
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100(内線3010)/FAX:076-294-6723 Copyright c 2008 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ