>数理工教育研究センターとは   >アクセス   >お問い合わせ   >センター利用状況グラフ   >金沢工業大学

チューター紹介

松本昇久
助教
松本 昇久  MATSUMOTO , NORIHISA

略歴:北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程修了。石川県立内灘高等学校、石川県立中央高等学校、北陸学院中学高等学校にて勤務。2007年金沢工業高等専門学校・国際高等専門学校勤務を経て、2019年本学講師就任。

 

●在学生の皆さんへメッセージ:

工学を学ぶ大学生の皆さんにとっては,数学そのものを学ぶということが,もうすでに第一の目的ではないかもしれません.おそらくは自分の取り組むべき専門分野において必要とされる内容を理解するために数学を学ぶことが多いと思います.ただ,必要に迫られて学ぶ数学ではあっても,学ぶ際には「読む・書く・考える」という作業を,たとえ思うような結果が得られなかったとしても意識的に繰り返してみてください.そして,この「読む・書く・考える」という時間を自分に投資し続けてみてください.そうすることで,数学だけでなく,数学以外の分野を学び取るための力も身に付いていくと思います.これからの自分の進む道によっては,数学自体を必要としないかもしれませんが,必要とする・しないにかかわらず,数学を学ぶことを通して,自らを成長させるということができるようになってください.

 

●高校生の皆さんへメッセージ:

高校生の皆さんにとって数学を学ぶということは,あまり楽しいことではないかもしれません.とくに,工学や理学をめざす皆さんにとってみれば,数学を避けて通ることができない勉強の負担が大きな科目ととらえていることが多いと思います.確かに,普通に日々を送る際,数学が表立って活躍することはまずありません.しかし,数学は正しいことを正しいと述べる際に必要となる大切な「道具」です.これを学び取るためには大きな負担が伴いますが,高校生の皆さんはこの数学という道具をもがきながらも身に付けてみてください.将来,どの道を選択したとしても,とくに理系の道を選択する場合には,数学を身に付けるために自らを磨いたということ自体が,皆さんの財産になると思います.