夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ >夢考房プロジェクト > 大会結果・活動報告 > RoboCup@Home
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
RoboCup@Home
2017年度 大会結果・活動報告

RoboCup 2017 Nagoya Japan
大会名 RoboCup 2017 Nagoya Japan
日 程 2017年7月27日(木)~30日(日)
場 所 名古屋市国際展示場〔愛知県〕
結 果 @HomeLeague : 総合9位

7月27日(木)~7月30日(日) 夢考房RoboCup@Homeプロジェクト「Happy Mini」チームが人工知能を搭載した自律ロボットによる競技会であるのRoboCup 2017 Nagoya Japan(名古屋開催)@HomeLeagueに参加しました。このリーグは生活支援するロボットの研究開発促進のために設立されたリーグで、家庭を模した会場で顔認識、物体認識、音声認識、ナビゲーションなどの一連の技術を競いました。今回は9位という結果で、初めて全ての種目に得点でき、技術レベルが上がったことを実感できました。

【種目一覧】
・Speech & Person Recognition:質問者の位置の特定、質問内容の理解に重点を置いたタスク
・Storing Groceries:机の上にある日用製品を食器棚に並べるタスク
・Help me carry:ロボットの主人が買い物へ行き、雑貨を車から家へ運ぶのを手伝うタスク
・General Purpose Service Robot:主人が汎用的な命令(例:キッチンにあるリンゴをリビングのマイケルのところに持って行ってくれ)をしてロボットがそれを実行するタスク


今大会では、優勝チームであるhomer(ドイツ)と大会前から打ち合わせを行い、合同で Open Challenge の機会がありました。内容は本プロジェクトのロボットがhomerのロボットの音声を聞き取り、行動した。こういったロボット同士の音声による協調も実現できました。他チームとの交流による技術向上や、実験を何度も繰り返すことによって問題点を発見、解決ができること等の情報を得ることができたので貴重な機会でした。
今後も世界大会の出場で見つかったソフト面・ハード面の改善に努めます。また引き続き応援お願い致します。



「RoboCup@Home」プロジェクト紹介ページ
2017年度 出場大会スケジュール

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2017年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
RoboCup@Home
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2017 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ