夢考房 -YUMEKOBO- 金沢工業大学

夢考房カレンダー サイトマップ
トップページ 夢考房とは 夢考房の機能 サポート体制 スタッフ FAQ 夢考房プロジェクト
トップページ >夢考房プロジェクト > 大会結果・活動報告 > 小型無人飛行機
夢考房プロジェクト それぞれの夢のカタチ
小型無人飛行機
2017年度 大会結果・活動報告

第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
大会名 第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
日 程 2017年9月1日(金)~3日(日)
場 所 大森スポーツセンター〔東京都〕
結 果 【自動制御部門】優勝(2年連続)

9月1日(金)~3日(日)に開催された「第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」自動制御部門に出場しました。この大会では、自作した小型の無線飛行機を遠隔操作して、機体の飛行性能や操縦テクニックを競います。 自動操縦部門では、制限時間4分間で6つのミッションに挑戦します。今大会には、12チームが出場しました。


夢考房チーム「「KFE(カナザワ・フライング・イーグル)」は、昨年達成できなかった全ミッションクリアを目標に今大会に挑みました。予選は全ミッションのクリアをしたものの、決勝では「自動着陸及び救援物資降下」をクリアできませんでしたが、着実に得点を重ね、4145点という高得点で優勝し、2連覇を達成しました。
自動制御部門:8つのミッション
メインミッション --- 成功
タイムトライアル --- 成功
水平旋回 --- 成功
8の字飛行 --- 成功
自動8の字飛行 --- 成功
自動滑空及びオートオン --- 成功
自動着陸及び救援物資降下 --- 失敗

今回も優勝という結果ではありますが、決勝では目標としていた全ミッションのクリアはできませんでした。次回大会では、全ミッションをクリアできるように、今後も活動に励みます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

2016年度 大会結果・活動報告

第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
大会名 第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
日 程 2016年8月26日(金)~28日(日)
場 所 大田区総合体育館〔東京都〕
結 果 【自動制御部門】優勝(初)

8月26日(金)~28日(日)に開催された「第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」自動制御部門に出場しました。この大会では、自作した小型の無線飛行機を遠隔操作して、機体の飛行性能や操縦テクニックを競います。 自動操縦部門では、制限時間4分間で8つのミッションに挑戦します。今大会には、10チームが出場しました。
夢考房チーム「狗鷲」は、全ミッションクリアを目標に今大会に挑みました。予選を突破、決勝では「自動着陸」のミッションに苦戦を強いられました。最終的にはパイロットの判断で自動での着陸を見送り、手動で着陸。制限時間内(タイム:3分56秒)に、全てのミッションを終えることができました。夢考房チームは8つのミッションの内、6つをクリア。みごと、初優勝を飾りました。
自動制御部門:8つのミッション
救援物資輸送 --- 成功
ペイロード --- 成功
タイムトライアル --- 成功
自動水平旋回 --- 成功
自動8の字飛行 --- 失敗
自動上昇旋回 --- 成功
自動滑空 --- 成功
自動着陸 --- 失敗(手動着陸)

優勝という結果ではありますが、目標としていた全ミッションのクリアはできませんでした。次回大会では、全ミッションをクリアできるように、今後も活動に励みます。応援、よろしくお願いいたします。

2015年度 大会結果・活動報告

第11回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
大会名 第11回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
日 程 2015年9月25日(金)~27日(日)
場 所 大田区総合体育館〔東京都〕
結 果 【一般部門】
 イーグル11 … 2位入賞
【自動操縦部門】
 イーグル12 … 失格(タイムオーバー)

9月25日(金)~27日(日)に開催された「第11回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」に「イーグル11(一般部門)」「イーグル12(自動操縦部門)」の2機が出場しました。全国の大学から一般部門に21チーム・自動操縦部門に12チームがエントリーし、自作した小型の無線飛行機を遠隔操作して物資輸送や無動力滑空、無操縦飛行などの競技を通じて飛行性能や操縦テクニックを競いました。
両機体ともみごとに予選を突破して決勝に進出し、奮闘しました。「イーグル11」は、すべてのミッションをこなし、2位入賞を果たしました。「イーグル12」は、すべてのミッションに挑戦したものの思うように行かなかったため、配点の高い自動着陸に全てをかけ3回挑戦しましたが、残念ながら成功には至らず、タイムオーバーで失格となりました。この自動着陸は配点が大きいぶん難易度も高く、挑戦したのは本学含めて3チームであり、その内、着陸装置を自作していたのは本学のみでした。結果はふるわなかったものの、今回の挑戦は次回大会に繋がる有意義なものでした。
各メンバーは、次年度大会での記録更新をめざして活動に励んでいます。今後とも応援よろしくお願いいたします。


SAE Aero Design® Series‐West
大会名 SAE Aero Design® Series‐West
日 程 2015年4月24日(金)~26日(日)
場 所 アメリカ合衆国 カルフォルニア州 ヴァンナイス
結 果 11位(マイクロクラス 17チーム中)

4月24日(金)~4月26日(日)の3日間にかけて、アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ヴァンナイスで開催された「SAE Aero Design® Series‐West」のマイクロクラスに出場しました。この大会では、自作した小型の無線飛行機を屋外で飛行させて性能を競う飛行競技のほか、デザインレポートやプレゼンテーションも審査され、これらの総合評価を競います。大会はマイクロクラス、レギュラークラス、アドバンスクラスの3部門から構成され、世界各国の大学から合計75チームが参加しました。
飛行競技には4回挑戦しましたが、成功したのは惜しくも1回のみでした。しかし、その1回は、強風かつ悪天候の中、墜落の危機を何度も切り抜けて飛行した価値あるものであり、多くの方々に賞賛の声をいただき、飛行機の安定性・パイロットの操縦技術の高さを世界に証明することができました。
総合結果はマイクロクラス17チーム中11位と悔いの残るものとなりましたが、これからのプロジェクト活動に大いに活用できる素晴らしい経験をすることができました。現在は、次回大会での上位入賞をめざし、新機体の開発を進めています。


2014年度 大会結果・活動報告

第10回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
大会名 第10回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト
日 程 2014年9月27日(土)~28日(日)
場 所 大田区総合体育館〔東京都〕
結 果 【一般部門】
 イーグル9 … 3位入賞、ベストデザイン賞(ボーイング賞)受賞
【自動操縦部門】
 イーグル10 … 2位入賞

9月27日(土)・28日(日)に開催された「第10回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」に「イーグル9(一般部門)」「イーグル10(自動操縦部門)」の2機が出場しました。全国の大学から一般部門に36チーム・自動操縦部門に21チームがエントリーし、自作した小型の無線飛行機を遠隔操作して物資輸送や無動力滑空、無操縦飛行、ゲート通過などの競技を通じて飛行性能や操縦テクニックを競いました。
両機体ともみごとに予選を突破して決勝に進出、決勝においては「滑空の金沢工大」の伝統に恥じない素晴らしい滑空飛行を披露するなど、持てる力を全て出し切りました。
その結果、「イーグル9」は3位入賞・ベストデザイン賞(ボーイング賞)を受賞しました。また、「イーグル10」は2位入賞を成し遂げ、両チームともに大健闘しました。
各メンバーは、すでに次年度大会での記録更新をめざして活動を開始しています。


「小型無人飛行機」プロジェクト紹介ページ
2017年度 出場大会スケジュール
「小型無人飛行機プロジェクト」サイトへ

 
トップページ
夢考房プロジェクト
概要
第22回夢考房プロジェクト発表会
2017年度大会スケジュール
大会結果・活動報告
年間スケジュール
プロジェクト全体組織
プロジェクト紹介
ソーラーカー
エコラン
人力飛行機
ロボット
ロボカップ
義手研究開発
建築デザイン
メカニカルサポート
フォーミュラカー
小型無人飛行機
組込みソフトウェア
人工衛星開発
RoboCup@Home
ラーニングエクスプレス (短期)
NHK高専ロボコン
ご支援いただいている企業様一覧
工学アカデミア計画
ページの先頭へ  
金沢工業大学 夢考房 〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-294-6749(内線3800)/FAX:076-294-6724 Copyright c 2017 Kanazawa Institute of Technology
金沢工業大学ホームページ