講義科目の詳細

企業財務特論A
Innovative Finance A

担当教員

受講対象者

財務会計、管理会計の基礎を学んでいて、コーポレートファイナンス/M&Aの実務に関心を持っている方。

授業の主題と概要

コーポレートファイナンスに関する一通りの基礎知識があることを前提として、企業価値向上を実現する手段としてのM&Aについて、意義、効果とリスク、プロセスとその要諦について学びます
具体的には、ケーススタディを用いてM&Aの全体像について解説しながら、実際の財務諸表を用いたデューデリジェンス設計に関する演習、また、実際のデータを用いたバリュエーションに関する演習(DCF法、マルチプル法)を実施します。
後半の講義では、M&A実務の経験が豊富なゲストスピーカーを招き、近時の実例に基づく事例研究も予定しています。

【企業財務特論A (旧:企業財務特論2)】 ≫授業レポートはこちら

到達(習得)目標

M&A遂行上の最重要プロセスであるデューデリジェンスにおける着眼点、また、バリュエーションにおける留意事項について理解し、そのプロセス設計に係る実践力を養成する

講義スケジュール

講義
回数
講義テーマ
1 M&Aプロセスの全体像
企業価値向上のための手段としてのM&Aの意義
2 デューデリジェンス1
財務諸表から理解できる企業の特性(成長性、収益性、安定性等)
3 デューデリジェンス2
企業の特性を踏まえたデューデリジェンス手続きの実践《課題演習》
~ 国内大手製造業を題材として演習を行います ~
4 バリュエーション1
価値概念と評価アプローチの整理(企業価値と株式価値の理解)
5 バリュエーション2
DCF法の実践(コントロールプレミアムとマイノリティディスカウントの整理)
6 バリュエーション3
株式市価法とマルチプル法の実践(データソースの活用法)《課題演習》 ~ 国内大手製造業を題材として演習を行います ~
7 事例研究
M&A巧者と呼ばれる企業とは
~ 大手たばこ企業のケーススタディを行います ~
8 期末演習(または試験)、
議論、解説

開講について

開講時期: 3期
開講形態: 1コマ(90分)×8日間
講義回数: 全8回
※状況に応じて、一部変更が生じる場合もございます。予めご了承ください。

テキスト/参考図書

【テキスト】
各回配布予定

【参考図書】
講義で随時紹介予定

※上記は一部追加・変更となる場合もございます。また、指定テキスト及びケースなどは、別途ご購入頂くもので、授業料には含まれておりません。予めご了承ください。

3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
ゼミ指導Pickup
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2018年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン