スマートフォン版はこちら

ニュース

記事詳細

学生が多国籍チームを組み、アジアの村でイノベーション創出。
金沢工業大学・金沢工業高等専門学校が「ラーニングエクスプレス」報告会を開催

 

KIT金沢工業大学・KTC金沢高専では、アジアの学生達と多国籍チームを組み、アジアの村でイノベーション創出に取り組むグローバル人材育成プログラム、「ラーニングエクスプレス」の報告会を5月22日(金)に扇が丘キャンパス アントレプレナーズラボ12号館1階で開催しました。

2015年3月8日から21日の間、実施された「ラーニングエクスプレス」では、金沢工業大学生6名と金沢高専生6名、シンガポール理工学院の学生25名、ムハマディア大学マラン校の学生22名のあわせて59名の学生がインドネシア・マランの3つの村にわかれて滞在しました。それぞれの村で住民たちと一緒に生活し、住民たちへのインタビューや観察を通して問題点を見出し、解決策の設計と試作品の製作・提案を行いました。

報告会では、金沢工業大学・金沢高専12名の学生たちが合同でプロジェクト活動の発表を行い、また現地での学生同士の交流や生活についても報告が行われました。

ラーニングエクスプレス報告会

日時: 5月22日(金) 17時から18時まで

場所: 扇が丘キャンパス アントレプレナーズラボ12号館1階

1)当報告会では以下の報告が行われました。

インドネシアの村で取り組んだ3つのプロジェクトについて

1.養鶏飼料用昆虫養殖

2、ミルクキャンデイ製造過程の改善

2.キャッサバ(芋)加工とマーケティング

2)以下の募集説明会も実施されました。

3月のプロジェクトで解決策として創出されたアイデアを製品として具体化するために、9月に、金沢工業大学にシンガポール、インドネシアの学生が集まり、金沢工業大学・金沢高専の学生と一緒に製品化に取り組みます。このサポート学生の募集を行いました。

*この受け入れは、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)の日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の支援を受けて行われます。

9月5日〜20日に予定されているインドネシア・ジョグジャカルタでのプログラムへの参加希望者の募集を行いました。

チラシはこちら>>[PDF]

ラーニングエクスプレスとは

「ラーニングエクスプレス」は技術者教育の世界標準である「CDIO」(Conceive、Design、Implement、Operate)加盟校であるシンガポール理工学院、金沢工業大学、金沢高専の3校が協働して行う国際的なソーシャルイノベーションプロジェクトです。ユーザーが何を必要としているのか考え解決策を創出する「デザインシンキング」の手法も取り入れ、地域発展、環境問題、持続可能な社会の観点から、村人の立場になって必要とされるものを考え、生み出した解決策はプロトタイプ(試作品)として具体化し、村人に提案して製品化を行い、導入を目指しています。

詳細はこちら>>[PDF]

ラーニングエクスプレス これまでの概要

2013年3月

グローバル人材育成の試みとして金沢高専の学生4名がはじめて「ラーニングエクスプレス」に参加。シンガポール理工学院の学生約20名、インドネシアやベトナムの学生7名とインドネシアの村に滞在し、自転車を利用した水の浄化装置を設置。

2014年3月

金沢工業大学の3名の学生と金沢高専の4名の学生がシンガポール理工学院の学生やインドネシア、ベトナムの学生52名とインドネシアの村で地元産業の扇子作りの改善に取り組む。また、金沢工業大学の学生3名は帰国後も夢考房の短期プロジェクトとして、インドネシアでの扇子作りに使用する「のりつけ」工具の作成に取り組む。

2014年9月

金沢工業大学の学生3名がシンガポール理工学院の学生やインドネシア、ベトナムの学生53名とインドネシアの村で竹製家具の製作工程の改善に取り組む。また、夢考房で作成した「のりつけ」工具を村に持参し意見を聴く。

2014年12月

シンガポールおよびインドネシアの大学生10名を金沢工業大学に招聘。この招聘学生と金沢工業大学学生20名が、9月のプロジェクトをもとにインドネシア農村部における竹製家具製造工程を改善する工具の製作に取り組む。*この受け入れは、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)の日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の支援を受けて行われました。

【関連記事】

学生が多国籍チームを組み、アジアの村でイノベーション創出。9月にインドネシアにむけ出発。12月にはアジアの学生が夢考房に集結し製品化(2014年8月28日)

学生が多国籍チームを組み、アジアの村でイノベーション創出。「ラーニングエクスプレス」報告会を開催(2014年11月4日)

学生が多国籍チームを組み、実動プロトタイプを開発。ラーニングエクスプレス成果発表会を開催しました(2014年12月25日)

2015年5月22日UP

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.