KITプロフェッショナルミーティング

2021年06月23日(水) 19:00 ~ 20:30
『なぜ今、ビジネスパーソンはデータ活用を学ぶべきなのか?~ついに始まった「AIの民主化」に適応するために~』

■受講条件
・2年以上の企業または官公庁における在職経験をお持ちの方
・AIやデータ分析をビジネスの意思決定や組織の課題解決につなげたい方
・自ら企画したAIプロジェクトを、官公庁やスポンサー企業に提案したい方

■イベント概要
AI(人工知能)やデータ分析が急速なスピードで進化し、成熟化が進む情報社会においては、 複雑な課題を分析とチームワークによって迅速に解決することが重要となってきています。 業務効率化、新規ビジネス創出、顧客マーケティングなど、企業の大小にかかわらず様々な業界や業種においてAI技術を活用したビジネスが始まっています。

まさに今、AIが一部の企業や特別なスキルを持った限られた人のものから、一般の人達の手に渡って活用される「AIの民主化」の時代が始まりつつあります。

今回のKITプロフェッショナルミーティングでは、「なぜデータ分析を実務で活用することが難しいのか?」「ビジネスの現場でAIやデータ分析の活用は進むのか?」をメインテーマに、データサイエンス・ビッグデータ・AIの発展の潮流を俯瞰しつつ、データをビジネスにおける意思決定の向上と、 コミュニケーションの改善に活かす方法をご紹介します。

また当日は、AI&データサイエンスの専門家として長年に亘り日本IBMで活躍してきた野田晴義氏と槌野浩氏をゲスト講師にお迎えします。AIを活用したサービスと法的・倫理的課題やデータ駆動型分析アプローチとデータの準備・整備、さらにはAI導入におけるデータ活用と性能向上について、様々な事例をもとに解説していきます。将来的には、自らのAI企画を官公庁やスポンサー企業候補のコンソーシアムに提案していく方法を示します。

KIT虎ノ門大学院では、「AIによるデータ活用特論」、「AIによるデータ活用実務特論1」、「AIによるデータ活用実務特論2」を開講しております。すべて1科目から学べる科目等履修生制度の対象科目になっていますので、興味ご関心のある方のご参加をお待ちしております。

■イベント詳細
・開会挨拶およびイントロダクション
・AIやデータを活用した製品、サービスの事例紹介
・自作AI企画の実践的ビジネスモデル価値提案
・パネルディスカッション&質疑応答

参加お申し込み

講師:
村上 敏也 Toshiya MURAKAMI

【現職】
KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 教授
慶應義塾大学ビジネススクール 非常勤講師
広島県「チームイノベーション道場」教育プログラム開発実証委員

【プロフィール】
学部時代から複数のITベンチャーにて奔走し、技術担当役員を経験した後、慶應ビジネススクールを修了してMBAと博士(経営学)を取得。東京工科大、多摩大、立教大の非常勤講師、県立広島大経営管理研究科の准教授を経て、2018年4月より現職。慶應ビジネススクール訪問研究員。広島県主催「イノベーション道場(TIES)」や中小機構「中小企業大学校(東京校・関西校)」にてケースメソッドを応用したカリキュラムの開発・実証に挑戦しています。認定ケースメソッド・インストラクター( 慶應ビジネススクール・ケースメソッド授業法研究普及室 )。

講師:
野田 晴義 Haruyoshi NODA

【現職】
AI&データサイエンス コンサルタント
KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 客員教授

【プロフィール】
1982年、日本アイ・ビーエムの東京基礎研究所(TRL)に入社。音声認識・合成技術 やテキストマイニングの研究に従事し、その成果はIBM Watsonにおいて活用されている。2001年 「日本語大語彙連続音声認識の実用化」の功績により慶応義塾大学理工学部「矢上賞」を受賞。2004年からはStrategy & Operations部長として、東京基礎研究所やソフトウェア&システム開発研究所(TSDL)において、戦略及び部門運営に携わり、IBM 基礎研究ならびに製品開発部門との協業を推進。その他、日本経済団体連合会 未来産業・技術委員会にて委員を担当(2010-2018年)。九州大学大学院にて「大規模システム構築特論」(2008-10年)、及び筑波大学大学院にて「実践的ソフトウェア開発専修プログラム」(2010-2016年)において特別講義を担当。

講師:
槌野 浩 Hiroshi TSUCHINO

【現職】
AI&データサイエンス コンサルタント
KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 客員教授

【プロフィール】
1987年、日本アイ・ビーエムに製造事業のシステムエンジニアとして入社。その後、ITコンサルタントとして、自動車のお客様の業務の改革に参画。当時、SEの有償化の課題があり、IBM US本社にて2年(1998/3-2000/2)、構造改革議論と展開に従事した。その後、戦略的アウトソーシングの子会社にて、約5年間、DeliveryチームのSkill強化やEnablementの担当本部長を歴任した後、ITコンサルタント部隊で、インフラソリューションのDelivery TeamやITコンサルチーム(2007-2011)の立ち上げをリードする。直近6年間(2015-2020)はWatson事業部のAIシステム開発Delivery担当として、お客様でのAIプロジェクトを実装責任者兼PMとしてリード、IBMの様々なDeliveryを入社以来34年間取り組んできた。2020年にIBMを卒業し、現在に至る。

■ 場所: オンライン形式(ビデオ会議システムのZoomを利用)
■ 定員: 100名
■ 費用: 無料

■ スケジュール
2021年6月23日(水)19:00 - 20:30※
18:30 -     (受付開始)
19:00 - 19:10 ~開会挨拶およびイントロダクション~ 村上 敏也 教授
19:10 - 19:40 『AIやデータを活用した製品、サービスの事例紹介』 野田 晴義 氏
19:40 - 20:10 『自作AI企画の実践的ビジネスモデル価値提案』 槌野 浩 氏
20:10 - 20:30 ~パネルディスカッション&質疑応答~ 村上教授×野田氏×槌野氏

※注意事項
・Zoom接続テストはこちら→ https://zoom.us/test
・ZoomミーティングのID・パスワードは、開催の3日前を目安にお送りします。
・ミーティングのIDやパスワードは、第三者には共有しないでください。
・出欠確認を行いますので、名前はフルネーム(例:虎ノ門太郎/Taro Toranomon)での参加をお願いします。
・本イベントは20:30終了を予定しておりますが、進行状況により多少延長する場合もあります。ご了承ください。

参加お申し込み

参加お申し込み

KITプロフェッショナルミーティング 一覧へ戻る

一覧へ戻る
いま必要なスキルを1科目から履修する(詳細へリンク)
いま必要なスキルを1科目から履修する
経営コンサルティング、ファイナンス・アカウンティング、知財マネジメントなど必要としている力や、高めたい専門分野をピンポイントで履修することができる「科目等履修生制度」を用意しています。
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2021年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン