記事詳細

脳波を使った生体認証システムに関する大学院情報工学専攻の山下正人さんの論文が情報処理学会の英文論文誌『JIP(Journal of Information Processing)』のSpecially Selected Paper(特選論文)に選出。2019年度の情報処理学会英文論文誌の中でも特に傑出したものとして評価

金沢工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 博士前期課程2年の山下正人さんの論文「Examination and It's Evaluation of Preprocessing Method for Individual Identification in EEG」が情報処理学会の英文論文誌『JIP(Journal of Information Processing)』の2019年度 「Specially Selected Paper」(特選論文)に選出されました。

情報処理学会では論文誌ジャーナル及びJIP(Journal of Information Processing)に掲載の論文から、多くの研究者が参照すべき論文に対し「特選論文」(英語名 Specially Selected Paper)の名称を与えています。

英文論文誌『JIP(Journal of Information Processing)』の場合は、各発行号における傑出した論文のうち上位約10%の著者に対して「Specially Selected Paper」を授けており、山下さんの論文は特に傑出したものとして評価されたことになります。

情報処理学会2019年度 Specially Selected Paper(特選論文)に選出された山下さん

山下さんの論文について

山下さんの論文「Examination and It's Evaluation of Preprocessing Method for Individual Identification in EEG」は『JIP Vol.28』に掲載されました。脳波を使った生体認証システムを論じたものです。

Abstract(原文は英文)

近年は人とコミュニケーションを行い、脳の情報を使ってロボットを操作するBMI(Brain-machine Interface)と呼ばれる技術に関する研究が活発に行われている。BMIを使用した認証機能はこれまでも研究されてきたが、多くの研究は特徴抽出や学習モデルの創出にフォーカスしたもので、前処理の有効性を論じた研究はほとんど観られない。当論文では、筆者らは画像刺激の手法を用いた脳波の生体認証機能を実装し、画像刺激時の脳波を使った生体認証システムを提案した。同時に筆者らは認証システムにおける前処理(digital filter, artifact countermeasure, epoch)の方法を検証するため、認証精度の変化を評価した。結論として、認証精度は提案した前処理を実行することで向上した。加えて、当システムを使ったことで、利便性とセキュリティも向上したことも示した。

Measurement environment

Proposed system

Masato Yamashita, Minoru Nakazawa, Yukinobu Nishikawa, Noriyuki Abe:Examination and It's Evaluation of Preprocessing Method for Individual Identification in EEG,JIP,Volume 28,Pages 239-246(2020)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ipsjjip/28/0/28_239/_article

情報処理学会 Specially Selected Paper選定webページ

https://www.ipsj.or.jp/english/organization/aboutipsj/award/ssp_award.html

関連記事

「サイレントコミュニケーション」を実現する上での基礎研究で、大学院情報工学専攻の山下正人さんが奨励賞。単語を聴いた時の脳神経活動を磁場で計測しDeep Learningを用いて学習、人工的に再構成された音声の実現を目指す(2019.11.19)

大学院情報工学専攻の山下正人さんが脳波を利用した個人認証のシステムの提案で最優秀論文賞を受賞。同情報工学専攻の高田裕也さんは栽培レシピを自動生成する水耕栽培システムの提案で優秀デモンストレーション賞。「DPSWS2018」で(2018.11.9)

【脳波を使った生体認証】金沢工業大学の研究グループが画像刺激を用いた個人認証で98%の認証精度を実現。指紋認証や虹彩認証に替わるセキュリティーの高い次世代個人認証方式として期待(2018.8.1)

脳波を用いた生体認証システムと生体通信(Body Area Network)の研究が評価。工学部情報工学科4年の山下正人さんと小島聖哉さんが、情報処理学会優秀論文発表賞を受賞(2018.3.27)

関連ページ

「物語の始まりへ」File.780 山下正人 *動画で紹介

「念ずれば開く」金沢工業大、脳波認証で98%の認証精度を達成 (MIT Technology Review 2018.09.05)

金沢工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 博士前期課程2年の山下正人さんの論文「Examination and It's Evaluation of Preprocessing Method for Individual Identification in EEG」が情報処理学会の英文論文誌『JIP(Journal of Information Processing)』の2019年度 「Specially Selected Paper」(特選論文)に選出されました。

情報処理学会では論文誌ジャーナル及びJIP(Journal of Information Processing)に掲載の論文から、多くの研究者が参照すべき論文に対し「特選論文」(英語名 Specially Selected Paper)の名称を与えています。

英文論文誌『JIP(Journal of Information Processing)』の場合は、各発行号における傑出した論文のうち上位約10%の著者に対して「Specially Selected Paper」を授けており、山下さんの論文は特に傑出したものとして評価されたことになります。

情報処理学会2019年度 Specially Selected Paper(特選論文)に選出された山下さん

山下さんの論文について

山下さんの論文「Examination and It's Evaluation of Preprocessing Method for Individual Identification in EEG」は『JIP Vol.28』に掲載されました。脳波を使った生体認証システムを論じたものです。

Abstract(原文は英文)

近年は人とコミュニケーションを行い、脳の情報を使ってロボットを操作するBMI(Brain-machine Interface)と呼ばれる技術に関する研究が活発に行われている。BMIを使用した認証機能はこれまでも研究されてきたが、多くの研究は特徴抽出や学習モデルの創出にフォーカスしたもので、前処理の有効性を論じた研究はほとんど観られない。当論文では、筆者らは画像刺激の手法を用いた脳波の生体認証機能を実装し、画像刺激時の脳波を使った生体認証システムを提案した。同時に筆者らは認証システムにおける前処理(digital filter, artifact countermeasure, epoch)の方法を検証するため、認証精度の変化を評価した。結論として、認証精度は提案した前処理を実行することで向上した。加えて、当システムを使ったことで、利便性とセキュリティも向上したことも示した。

Measurement environment

Proposed system

Masato Yamashita, Minoru Nakazawa, Yukinobu Nishikawa, Noriyuki Abe:Examination and It's Evaluation of Preprocessing Method for Individual Identification in EEG,JIP,Volume 28,Pages 239-246(2020)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ipsjjip/28/0/28_239/_article

情報処理学会 Specially Selected Paper選定webページ

https://www.ipsj.or.jp/english/organization/aboutipsj/award/ssp_award.html

関連記事

「サイレントコミュニケーション」を実現する上での基礎研究で、大学院情報工学専攻の山下正人さんが奨励賞。単語を聴いた時の脳神経活動を磁場で計測しDeep Learningを用いて学習、人工的に再構成された音声の実現を目指す(2019.11.19)

大学院情報工学専攻の山下正人さんが脳波を利用した個人認証のシステムの提案で最優秀論文賞を受賞。同情報工学専攻の高田裕也さんは栽培レシピを自動生成する水耕栽培システムの提案で優秀デモンストレーション賞。「DPSWS2018」で(2018.11.9)

【脳波を使った生体認証】金沢工業大学の研究グループが画像刺激を用いた個人認証で98%の認証精度を実現。指紋認証や虹彩認証に替わるセキュリティーの高い次世代個人認証方式として期待(2018.8.1)

脳波を用いた生体認証システムと生体通信(Body Area Network)の研究が評価。工学部情報工学科4年の山下正人さんと小島聖哉さんが、情報処理学会優秀論文発表賞を受賞(2018.3.27)

関連ページ

「物語の始まりへ」File.780 山下正人 *動画で紹介

「念ずれば開く」金沢工業大、脳波認証で98%の認証精度を達成 (MIT Technology Review 2018.09.05)

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.