記事詳細

離れている相手といつでも安心感やつながり感を得られる。情報工学科4年の間山美和さんが「遠距離恋愛支援システム 心拍と体温でつながる抱き枕」を開発

「遠距離恋愛で寂しいと思ったときにこういうものがあったらいいと思いますか?」で95%が「思う」「少し思う」と回答

金沢工業大学工学部情報工学科4年の間山美和さん(研究指導教員 中沢実教授)が「遠距離恋愛支援システム 心拍と体温でつながる抱き枕」のプロトタイプを開発しました。離れている相手といつでも安心感やつながり感を得られる新たな手法として注目されそうです。

就職や転勤などで遠距離恋愛になった場合、離れている間は電話やチャットでコミュニケーションをとることが多くなります。相手と時間を合わせることが難しいため、リアルタイムではない非同期コミュニケーションが増えるほか、ぬくもりや存在といった非言語コミュニケーションをとることも難しい、といった課題があります。先行研究としては株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の音声通信機用ホルダ付きのクッション型メディア「Hugvie(ハグビー)」などがありますが、同期型コミュニケーションにより相手の存在を感じるものが多く、ふと寂しくなったり、電話ができないときの支援が少ないのが現状です。

「遠距離恋愛支援システム 心拍と体温でつながる抱き枕」イメージ図

間山美和さんが提案した”遠距離恋愛支援システム 心拍と体温でつながる抱き枕”「HALOP」は、頻繁に電話ができなくても相手とのつながりを感じ、離れているという不安感を払拭する目的で開発されたものです。

抱き枕の中に体温を再現する電気ヒーターと相手の心拍音が聞こえるスマートフォンを入れて安心感やつながり感を得ることができるもので、ふと寂しくなったときに、離れている相手を非同期でいつでも感じることが可能です。

相手の心拍音は、腕時計型のウェアラブル端末「Fitbit」を通じて心拍数を計測し取得します。FitbitとスマートフォンをBluetoothで繋ぎ、サーバーに記録。Fitbit APIにより秒刻みの心拍数が取得可能です。心拍音は心拍の音に似た音を心拍数にあわせてWebアプリで再現し、GitHub Pagesにアップします。抱き枕利用者はスマートフォンを抱き枕のポケットに入れ使用します。電気ヒーターで体温と同じぐらいに温かい抱き枕から相手の心拍音が聞こえるため、「会えなくて寂しい」「電話できないし寂しい」といった不安が非同期で払拭できます。

間山さんは「遠距離恋愛では寂しさや不安は個人の努力て乗り越えるしかないので、支援するシステムを提案しました。心拍情報さえ分かれば芸能人の心拍の再現も可能です」と語っています。

21名に行ったアンケートでも「遠距離恋愛で寂しいと思ったときにこういうものがあったらいいと思いますか?」で95%が「思う」「少し思う」と回答。また心拍と体温を利用するというアプローチに対しても100%が「良い」「まあ良い」という回答があり、コンセプトの需要は概ね高いという結果となっています。

中沢実研究室関連記事

【金沢工業大学Webニュース】

「サイレントコミュニケーション」を実現する上での基礎研究で、大学院情報工学専攻の山下正人さんが奨励賞。単語を聴いた時の脳神経活動を磁場で計測しDeep Learningを用いて学習、人工的に再構成された音声の実現を目指す(2019.11.19)

交差点や通学路にAIセンサーユニットを設置し、交通トラブルに繋がる複合要因を解析。金沢工業大学AIラボが金沢市の事業で実証実験へ(2019.9.25)

工学部情報工学科4年の栁澤理紗さんが「AI車載コンピュータのソフトウェア開発」で情報処理学会北陸支部優秀論文発表賞を受賞(2019.2.14)

【脳波を使った生体認証】金沢工業大学の研究グループが画像刺激を用いた個人認証で98%の認証精度を実現(2018.8.1)

ディープラーニングによる「脳波を用いた電動車いす制御システムの研究」が評価。情報工学科 中沢実教授が情報処理学会 山下記念研究賞を受賞(2017.3.24)

【ITmedia NEWS】

“二階から目薬”実現へ 声で動く「自動目薬差しロボ」登場 (2017年11月29日)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/29/news109.html

「遠距離恋愛で寂しいと思ったときにこういうものがあったらいいと思いますか?」で95%が「思う」「少し思う」と回答

金沢工業大学工学部情報工学科4年の間山美和さん(研究指導教員 中沢実教授)が「遠距離恋愛支援システム 心拍と体温でつながる抱き枕」のプロトタイプを開発しました。離れている相手といつでも安心感やつながり感を得られる新たな手法として注目されそうです。

就職や転勤などで遠距離恋愛になった場合、離れている間は電話やチャットでコミュニケーションをとることが多くなります。相手と時間を合わせることが難しいため、リアルタイムではない非同期コミュニケーションが増えるほか、ぬくもりや存在といった非言語コミュニケーションをとることも難しい、といった課題があります。先行研究としては株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の音声通信機用ホルダ付きのクッション型メディア「Hugvie(ハグビー)」などがありますが、同期型コミュニケーションにより相手の存在を感じるものが多く、ふと寂しくなったり、電話ができないときの支援が少ないのが現状です。

「遠距離恋愛支援システム 心拍と体温でつながる抱き枕」イメージ図

間山美和さんが提案した”遠距離恋愛支援システム 心拍と体温でつながる抱き枕”「HALOP」は、頻繁に電話ができなくても相手とのつながりを感じ、離れているという不安感を払拭する目的で開発されたものです。

抱き枕の中に体温を再現する電気ヒーターと相手の心拍音が聞こえるスマートフォンを入れて安心感やつながり感を得ることができるもので、ふと寂しくなったときに、離れている相手を非同期でいつでも感じることが可能です。

相手の心拍音は、腕時計型のウェアラブル端末「Fitbit」を通じて心拍数を計測し取得します。FitbitとスマートフォンをBluetoothで繋ぎ、サーバーに記録。Fitbit APIにより秒刻みの心拍数が取得可能です。心拍音は心拍の音に似た音を心拍数にあわせてWebアプリで再現し、GitHub Pagesにアップします。抱き枕利用者はスマートフォンを抱き枕のポケットに入れ使用します。電気ヒーターで体温と同じぐらいに温かい抱き枕から相手の心拍音が聞こえるため、「会えなくて寂しい」「電話できないし寂しい」といった不安が非同期で払拭できます。

間山さんは「遠距離恋愛では寂しさや不安は個人の努力て乗り越えるしかないので、支援するシステムを提案しました。心拍情報さえ分かれば芸能人の心拍の再現も可能です」と語っています。

21名に行ったアンケートでも「遠距離恋愛で寂しいと思ったときにこういうものがあったらいいと思いますか?」で95%が「思う」「少し思う」と回答。また心拍と体温を利用するというアプローチに対しても100%が「良い」「まあ良い」という回答があり、コンセプトの需要は概ね高いという結果となっています。

中沢実研究室関連記事

【金沢工業大学Webニュース】

「サイレントコミュニケーション」を実現する上での基礎研究で、大学院情報工学専攻の山下正人さんが奨励賞。単語を聴いた時の脳神経活動を磁場で計測しDeep Learningを用いて学習、人工的に再構成された音声の実現を目指す(2019.11.19)

交差点や通学路にAIセンサーユニットを設置し、交通トラブルに繋がる複合要因を解析。金沢工業大学AIラボが金沢市の事業で実証実験へ(2019.9.25)

工学部情報工学科4年の栁澤理紗さんが「AI車載コンピュータのソフトウェア開発」で情報処理学会北陸支部優秀論文発表賞を受賞(2019.2.14)

【脳波を使った生体認証】金沢工業大学の研究グループが画像刺激を用いた個人認証で98%の認証精度を実現(2018.8.1)

ディープラーニングによる「脳波を用いた電動車いす制御システムの研究」が評価。情報工学科 中沢実教授が情報処理学会 山下記念研究賞を受賞(2017.3.24)

【ITmedia NEWS】

“二階から目薬”実現へ 声で動く「自動目薬差しロボ」登場 (2017年11月29日)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/29/news109.html

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.