記事詳細

新学習指導要領の本格展開に向けて用途にあったゲームを提示。SDGsゲームが一堂に会する「SDGsゲームショー for Youth & Educators」を5月25日(土)、26日(日)に虎ノ門キャンパスで開催

金沢工業大学SDGs推進センター(センター長 平本督太郎)では、教育関係者ならびに学生・生徒を対象とした「SDGsゲームショー for Youth & Educators」を、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科との共催で、令和元年5月25日(土)、26日(日)の2日間、金沢工業大学虎ノ門キャンパス(東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル)で開催します。

新しい小学校学習指導要領(令和2年度開始)や中学校学習指導要領(令和3年度開始)では、児童や生徒が「持続可能な社会の創り手」なることが期待されています。こうした教育には国連全加盟国が合意したSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の活用が有効とされ、SDGsを気軽に学べる手法として、SDGsゲームに対する関心が高まっています。

一方で、どのようなSDGsゲームが開発されているのか全体像が把握しにくいといった問題点も指摘されています。

この度開催する「SDGsゲームショー for Youth & Educators」では、「SDGs×ゲーミフィケーション×教育」と題したパネルディカッションを行い、SDGsゲームを使った教育効果に関して議論します。

また用途にあったSDGsゲームの選択肢を提示するため、各種SDGsゲームの紹介・体験・意見交換会を実施。さらに金沢工業大学の学生プロジェクト SDGs Global Youth Innovatorsが開発した「THE SDGs Action cardgame X(クロス)」の通常版・小学生版・アプリ版や、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科が開発した3つのゲームに関するワークショップを開催し、SDGsゲームに関する理解を深めます。

5月25日(土)13時~17時

13:00~15:30 SDGsゲームの紹介・体験・意見交換会
13:00~14:30 THE SDGs Action cardgame X(クロス)体験会
15:30~17:00

パネルディスカッション(定員80名)

『SDGs×ゲーミフィケーション×教育』

パネリスト:

国連開発計画(UNDP)駐日代表 近藤哲生氏

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 大川恵子氏

株式会社フォルク代表取締役 三島由樹氏

モデレーター:SDGs推進センター長 平本督太郎

THE SDGs Action cardgame X(クロス)全国大会を開催予定

5月26日(日)10時~15時

10:00~14:30 SDGsゲームの紹介・体験・意見交換会
10:00~11:30 SDGsゲームワークショップ①
THE SDGs Action cardgame X 通常版 定員30名
SDGsゲームワークショップ②
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム
11:40~13:10 SDGsゲームワークショップ③
THE SDGs Action cardgame X 小学生版 定員30名
SDGsゲームワークショップ④
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム
13:30~15:00 SDGsゲームワークショップ⑤
THE SDGs Action cardgame X アプリ版 定員30名
SDGsゲームワークショップ⑥
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム

ワークショップ②④⑥では3つのゲームを実施します。

●Catcall -あなたは大丈夫?

18歳以上対象・所要時間30分・カードゲーム

「ゴール5」ジェンダー平等を実現しよう

●The Inakages -イナカゲファミリーのSDGs

中学生以上対象・所要時間30分・共創型(Co- Creation)ボードゲーム・「全ゴール」

●Guardian of the Goals -ガーディアンズ・オブ・ザ・SDGs

高校生以上対象、所要時間30分・共創型(Co- Creation)ボードゲーム・

「ゴール17 」パートナー シップで目標を達成しよう/「全ゴール」

SDGゲームの紹介・体験

■ジェンダー・不平等に関するクイズ形式のゲーム

■里山里海の食材・食品ロスに関するゲーム

■普段と災害時の体育館の使用方法を考えるゲーム

■2045年までに起こる確実性の高い出来事を体験するゲーム

■持続可能な社会を実現させるための投資ゲーム・・・など

「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)」について

金沢工業大学の学生プロジェクト SDGs Global Youth Innovatorsが開発したカードゲーム。平成30年9月25日にネットで公開。ダウンロードでの利用ができます(無料)。

ダウンロードwebページ

https://www.kanazawa-it.ac.jp/sdgs/application.html

またネットでの公開当初から製品化の要望が強かったため、令和元年5月1日より以下のリバースプロジェクトwebページで製品版の購入ができます。

https://rebirthproject-store.jp/?pid=88340632

金沢工業大学SDGs推進センター(センター長 平本督太郎)では、教育関係者ならびに学生・生徒を対象とした「SDGsゲームショー for Youth & Educators」を、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科との共催で、令和元年5月25日(土)、26日(日)の2日間、金沢工業大学虎ノ門キャンパス(東京都港区愛宕1-3-4愛宕東洋ビル)で開催します。

新しい小学校学習指導要領(令和2年度開始)や中学校学習指導要領(令和3年度開始)では、児童や生徒が「持続可能な社会の創り手」なることが期待されています。こうした教育には国連全加盟国が合意したSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の活用が有効とされ、SDGsを気軽に学べる手法として、SDGsゲームに対する関心が高まっています。

一方で、どのようなSDGsゲームが開発されているのか全体像が把握しにくいといった問題点も指摘されています。

この度開催する「SDGsゲームショー for Youth & Educators」では、「SDGs×ゲーミフィケーション×教育」と題したパネルディカッションを行い、SDGsゲームを使った教育効果に関して議論します。

また用途にあったSDGsゲームの選択肢を提示するため、各種SDGsゲームの紹介・体験・意見交換会を実施。さらに金沢工業大学の学生プロジェクト SDGs Global Youth Innovatorsが開発した「THE SDGs Action cardgame X(クロス)」の通常版・小学生版・アプリ版や、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科が開発した3つのゲームに関するワークショップを開催し、SDGsゲームに関する理解を深めます。

5月25日(土)13時~17時

13:00~15:30 SDGsゲームの紹介・体験・意見交換会
13:00~14:30 THE SDGs Action cardgame X(クロス)体験会
15:30~17:00

パネルディスカッション(定員80名)

『SDGs×ゲーミフィケーション×教育』

パネリスト:

国連開発計画(UNDP)駐日代表 近藤哲生氏

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 大川恵子氏

株式会社フォルク代表取締役 三島由樹氏

モデレーター:SDGs推進センター長 平本督太郎

THE SDGs Action cardgame X(クロス)全国大会を開催予定

5月26日(日)10時~15時

10:00~14:30 SDGsゲームの紹介・体験・意見交換会
10:00~11:30 SDGsゲームワークショップ①
THE SDGs Action cardgame X 通常版 定員30名
SDGsゲームワークショップ②
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム
11:40~13:10 SDGsゲームワークショップ③
THE SDGs Action cardgame X 小学生版 定員30名
SDGsゲームワークショップ④
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム
13:30~15:00 SDGsゲームワークショップ⑤
THE SDGs Action cardgame X アプリ版 定員30名
SDGsゲームワークショップ⑥
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科開発ゲーム

ワークショップ②④⑥では3つのゲームを実施します。

●Catcall -あなたは大丈夫?

18歳以上対象・所要時間30分・カードゲーム

「ゴール5」ジェンダー平等を実現しよう

●The Inakages -イナカゲファミリーのSDGs

中学生以上対象・所要時間30分・共創型(Co- Creation)ボードゲーム・「全ゴール」

●Guardian of the Goals -ガーディアンズ・オブ・ザ・SDGs

高校生以上対象、所要時間30分・共創型(Co- Creation)ボードゲーム・

「ゴール17 」パートナー シップで目標を達成しよう/「全ゴール」

SDGゲームの紹介・体験

■ジェンダー・不平等に関するクイズ形式のゲーム

■里山里海の食材・食品ロスに関するゲーム

■普段と災害時の体育館の使用方法を考えるゲーム

■2045年までに起こる確実性の高い出来事を体験するゲーム

■持続可能な社会を実現させるための投資ゲーム・・・など

「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)」について

金沢工業大学の学生プロジェクト SDGs Global Youth Innovatorsが開発したカードゲーム。平成30年9月25日にネットで公開。ダウンロードでの利用ができます(無料)。

ダウンロードwebページ

https://www.kanazawa-it.ac.jp/sdgs/application.html

またネットでの公開当初から製品化の要望が強かったため、令和元年5月1日より以下のリバースプロジェクトwebページで製品版の購入ができます。

https://rebirthproject-store.jp/?pid=88340632

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.