スマートフォン版はこちら

ニュース

記事詳細

目的地を思い浮かべるだけで車いすが自律的に走行。
中沢研究室が脳波を用いた車いすロボット制御システムを開発

KIT金沢工業大学 工学部情報工学科 中沢研究室(指導教員:中沢実教授)では、このたび脳波を用いた車いすロボット制御システムを開発しました。

利用者が頭の中で目的地を指定するだけで車いすが自律的に移動するもので、最終的には利用者が初めて訪れる施設であっても脳波から利用者の意図を読み取り、容易に目的地まで辿りつくシステムの実現をめざしています。

以下のリンクから、車いすが動作している様子を動画でご覧いただけます。

中沢研究室 脳波を用いた車いすロボット制御システム

脳波で操作する車いすはこれまでにもありましたが、前進・右・左方向を指定するもので、利用者の負担が大きいものでした。今回発表した中沢研究室の研究では、方向ではなく目的地を指定するものです。また、筋電位(筋肉に流れる微弱な電流)での操作と異なり、脳波を使用しているためより幅広い人に適応できるというメリットがあります。

システムの構築には、あらかじめ施設内の地図と複数の目的地が用意されます。車いすの利用者が目的地に予め割り当てられている数字を頭に思い浮かべると、脳波センサーが脳波を読み取ります。数字が認識されると、車いすがセンサーで周囲を読み取りながら自律走行し、障害物を避けながら目的地まで利用者を導きます。

脳波の読み取りには、人工知能技術「ディープラーニング(深層学習)」が用いられており、利用者が思い浮かべた数字を区別しています。

今後、中沢研究室は多くの人の脳波データをとってシステムの精度を上げるとともに、医療現場での実証を行う予定です。

【関連記事】

情報工学科中沢研究室が脳波を使ったロボットハンド制御に成功。デモ映像を一般公開(2014年1月23日)

2015年2月10日UP

所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.