記事詳細

金沢工業大学PMCが所蔵するジャズのレコードジャケットと写真家 中平穂積が撮影したジャズミュージシャン写真とのコラボ展覧会「Jazz Dream~Journey with Hozumi Nakadaira」

金沢工業大学PMC(Popular Music Collection)では、ジャズのレコードジャケットと、写真家中平穂積(なかだいら ほづみ)氏が撮影したジャズミュージシャンたちの写真とのコラボ展覧会「Jazz Dream~Journey with Hozumi Nakadaira」を2018年10月12日(金)から11月4日(日)まで、金沢工業大学扇が丘キャンパス ライブラリーセンター1階展示室で開催します。

本展では、中平氏が生涯をかけてフレームに収めてきたジャズ写真の数々と、金沢工業大学PMCが所蔵する24万枚以上のコレクションから厳選したおよそ1,000枚のレコードジャケットを含む関連資料を編集し、金沢工業大学建築デザイン学科4年の嶋千菜美さんが会場の展示プランを構築しました。また、近日公開予定の本展特設webページを、電気電子工学科4年の畦畑駿太さんが担当しています。

チラシ(PDFを表示します)

ジャケット・アート×写真展「Jazz Dream~Journey with Hozumi Nakadaira」

開催期間:平成30年(2018年)10月12日(金)~11月4日(日)

場所:金沢工業大学ライブラリーセンター1F展示室

時間:月~金 9:00~18:30、土 9:00~17:00、日・祝 10:00~17:00

※10月19日(金)は9:00~17:00

入場無料

本展特設webページ:http://www.kitnet.jp/pmc/event/index.html(近日公開)

展覧会チラシ>>[PDF]

主催:金沢工業大学PMC

後援:北國新聞社、日本大学藝術学部校友会石川江古田会

【トークショー&レコードコンサート】

中平穂積、竺覚暁(金沢工業大学ライブラリーセンター顧問)

日時:10月21日(日)14:00~15:30

場所:金沢工業大学 ライブラリーセンター 2F AV室

【お問合せ先】

金沢工業大学PMC 076-294-6437 担当:深川

※開催期間中、第51回工大祭がおこなわれます。

10月20日(土)~21日(日)工大祭 10:00~17:00、10月22日(月)工大祭片付けのため9:00~17:00

1917年にジャズ初となるレコードが発売されてから100年が経ちました。レコードに記録されたジャズは海を超え、あるいはラジオ放送で電波にのり、それまでにないスピードで瞬く間に世界中に広まり、世界中の人々をほぼ同時に虜にしたはじめての音楽でした。これは、ポピュラーミュージック=大衆音楽のスタートも意味します。熱狂のあまり失神する‘ボビーソクサー’たちに囲まれ、世界初のアイドルとなったフランク・シナトラ、人々をダンスに誘ったグレン・ミラーの心地いいスイング、インプロヴィゼーションのストイックなプレイでジャズを次のステージへと押し上げたマイルス・デイヴィスをはじめとする黒人ミュージシャンたち・・ 日本でも戦前からジャズが親しまれ、ジャズ喫茶が全国で次々と開店し、戦後一大ブームになりました。1961年1月のアート・ブレイキーの初来日をきっかけに日本でのジャズ人気は決定的となります。この時、アート・ブレイキーの撮影に成功した中平穂積(なかだいら ほづみ)氏は、同年10月、ジャズ喫茶DIG(現DUG)を新宿にオープン。すぐにジャズファンの間で話題を集めて作家やデザイナーなども集うサロンとなり、いまや伝説となっています。DUGのオーナー業と並行して撮影を続けた数々のジャズ・ジャイアントたちの姿は、貴重な記録でもあります。

本展では、中平氏が生涯をかけてフレームに収めてきたジャズ写真の数々と、金沢工業大学PMCが所蔵する24万枚以上のコレクションから厳選したおよそ1,000枚のレコードジャケットを含む関連資料を編集し、建築デザイン学科4年生の嶋千菜美(しま ちなみ)さんが会場の展示プランを構築しました。また、近日公開予定の本展特設HPを電気電子工学科4年生の畦畑駿太(うねはた しゅんた)さんが担当しています。ジャズ100年の歴史と若い感性が出会い、これからのジャズ100年への旅がスタートします。

金沢工業大学PMC(Popular Music Collection)では、ジャズのレコードジャケットと、写真家中平穂積(なかだいら ほづみ)氏が撮影したジャズミュージシャンたちの写真とのコラボ展覧会「Jazz Dream~Journey with Hozumi Nakadaira」を2018年10月12日(金)から11月4日(日)まで、金沢工業大学扇が丘キャンパス ライブラリーセンター1階展示室で開催します。

本展では、中平氏が生涯をかけてフレームに収めてきたジャズ写真の数々と、金沢工業大学PMCが所蔵する24万枚以上のコレクションから厳選したおよそ1,000枚のレコードジャケットを含む関連資料を編集し、金沢工業大学建築デザイン学科4年の嶋千菜美さんが会場の展示プランを構築しました。また、近日公開予定の本展特設webページを、電気電子工学科4年の畦畑駿太さんが担当しています。

チラシ(PDFを表示します)

ジャケット・アート×写真展「Jazz Dream~Journey with Hozumi Nakadaira」

開催期間:平成30年(2018年)10月12日(金)~11月4日(日)

場所:金沢工業大学ライブラリーセンター1F展示室

時間:月~金 9:00~18:30、土 9:00~17:00、日・祝 10:00~17:00

※10月19日(金)は9:00~17:00

入場無料

本展特設webページ:http://www.kitnet.jp/pmc/event/index.html(近日公開)

展覧会チラシ>>[PDF]

主催:金沢工業大学PMC

後援:北國新聞社、日本大学藝術学部校友会石川江古田会

【トークショー&レコードコンサート】

中平穂積、竺覚暁(金沢工業大学ライブラリーセンター顧問)

日時:10月21日(日)14:00~15:30

場所:金沢工業大学 ライブラリーセンター 2F AV室

【お問合せ先】

金沢工業大学PMC 076-294-6437 担当:深川

※開催期間中、第51回工大祭がおこなわれます。

10月20日(土)~21日(日)工大祭 10:00~17:00、10月22日(月)工大祭片付けのため9:00~17:00

1917年にジャズ初となるレコードが発売されてから100年が経ちました。レコードに記録されたジャズは海を超え、あるいはラジオ放送で電波にのり、それまでにないスピードで瞬く間に世界中に広まり、世界中の人々をほぼ同時に虜にしたはじめての音楽でした。これは、ポピュラーミュージック=大衆音楽のスタートも意味します。熱狂のあまり失神する‘ボビーソクサー’たちに囲まれ、世界初のアイドルとなったフランク・シナトラ、人々をダンスに誘ったグレン・ミラーの心地いいスイング、インプロヴィゼーションのストイックなプレイでジャズを次のステージへと押し上げたマイルス・デイヴィスをはじめとする黒人ミュージシャンたち・・ 日本でも戦前からジャズが親しまれ、ジャズ喫茶が全国で次々と開店し、戦後一大ブームになりました。1961年1月のアート・ブレイキーの初来日をきっかけに日本でのジャズ人気は決定的となります。この時、アート・ブレイキーの撮影に成功した中平穂積(なかだいら ほづみ)氏は、同年10月、ジャズ喫茶DIG(現DUG)を新宿にオープン。すぐにジャズファンの間で話題を集めて作家やデザイナーなども集うサロンとなり、いまや伝説となっています。DUGのオーナー業と並行して撮影を続けた数々のジャズ・ジャイアントたちの姿は、貴重な記録でもあります。

本展では、中平氏が生涯をかけてフレームに収めてきたジャズ写真の数々と、金沢工業大学PMCが所蔵する24万枚以上のコレクションから厳選したおよそ1,000枚のレコードジャケットを含む関連資料を編集し、建築デザイン学科4年生の嶋千菜美(しま ちなみ)さんが会場の展示プランを構築しました。また、近日公開予定の本展特設HPを電気電子工学科4年生の畦畑駿太(うねはた しゅんた)さんが担当しています。ジャズ100年の歴史と若い感性が出会い、これからのジャズ100年への旅がスタートします。

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.