記事詳細

「革新材料による次世代インフラシステムの構築」に関する成果報告と大型の試作品や社会実装を実現した成果品などを実物展示。「金沢工業大学COI中間成果報告会」を10月10日(水)に日本科学未来館で開催。

金沢工業大学COI研究推進機構は「金沢工業大学COI中間成果報告会」を平成30年10月10日(水)13時15分から18時30分まで日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)で開催します。


金沢工業大学では文部科学省が2013年度から2021年度までの9年間、約70億円の支援を行う「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」中核拠点として、やつかほリサーチキャンパス内にある革新複合材料研究開発センター(ICC)が「革新材料による次世代インフラシステムの構築」をテーマに、複合材料に関するさまざまな研究開発に取り組んでいます。


このたび開催する中間成果報告会では、海洋、社会インフラ、住宅都市分野への革新材料の社会実装を目指して6年間取り組んできた研究開発についての中間報告と議論に加え、大型の試作品や社会実装を実現した成果品の展示も行います。


革新材料による次世代インフラシステムの構築


【金沢工業大学COI中間成果報告会】

日時:平成30年10月10日(水) 13:15~18:30(受付 12:15~)

会場:日本科学未来館7階(東京都江東区青海2-3-6)

参加費:無料

定員:250名 *どなたでもご参加いただけます。当日受付可。

[お問い合わせ先]
金沢工業大学COI研究推進機構 担当:田中・東藤

TEL:076-276-3100
Email: coiseika@mlist.kanazawa-it.ac.jp

URL: https://www.icc-kit.jp/coi/

詳細は金沢工業大学COI中間成果報告会開催案内[PDF]をご覧ください。

【プログラム】

[講演、成果発表、パネルディスカッション](会場:未来館ホール)

■12時15分 受付

■13時15分

開会挨拶 金沢工業大学学長 大澤敏

来賓挨拶

・文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長 西條正明氏

・国立研究開発法人 科学技術振興機構 理事長 濵口道成氏

・COI  STREAM ガバニング委員会 委員長 小宮山宏氏

・COIプログラム ビジョン3 ビジョナリーリーダー 佐藤順一氏

概要説明「金沢工業大学COIの取組み」

・プロジェクトリーダー/大和ハウス工業(株)副理事 池端正一

■14時00分

特別講演 「物質の可能性」

・建築家・東京大学教授 隈研吾氏

■15時00分

「金沢工業大学COIの進捗と成果、今後の課題」

・研究リーダー/金沢工業大学革新複合材料研究開発センター所長 鵜澤潔

■16時35分

パネルディスカッション「革新複合材料による活気ある持続可能な社会の実現に向けて」

(モデレーター)

・金原勲 金沢工業大学教授 金沢工業大学COI推進委員会委員

(パネラー)

・大内一之 株式社大内海洋コンサルタント代表取締役 金沢工業大学COIアドバイザ

・岩田秀治 東海旅客鉄道株式会社技術開発部グループリーダー 金沢工業大学COIアドバイザ

・宮里心一 金沢工業大学工学部環境土木工学科教授 金沢工業大学COIテーマリーダー

・池端正一 金沢工業大学COIプロジェクトリーダー 大和ハウス工業株式会社副理事

・鵜澤潔 金沢工業大学COI研究リーダー 金沢工業大学革新複合材料研究開発センター所長

■17時20分 閉会


[展示ゾーン](会場:コンファレンスルーム水星・火星・金星)*閉会まで自由にご覧いただけます。

展示物・ポスター(一部紹介)

【材料・界面・繊維】

・超耐熱樹脂

・バイオマス由来樹脂

・熱可塑性エポキシ

・相溶化剤

・低密度・高強度PVA繊維

【共通部材成形】

・ダブルベルトプレス連続成形複合材

・間欠プレス成形品

・ロールフォーミング成形品

・接合技術開発

【評価】

・信頼性評価技術

【アプリケーション】

・風力発電ブレード

・次世代硬翼帆

・建築向けFRPパネル

・耐震補強テンションロッド

・FRP補強筋

・グランドアンカー

■展示説明・ポスター発表(15時20分から16時35分まで)

※複合材料による試作品・モックアップの展示・説明

※ポスターと展示品による研究成果の発表

■フリーディスカッション(交流会)17時20分から18時30分まで

※展示ゾーンにて



【関連サイト】

金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)


金沢工業大学COI研究推進機構は「金沢工業大学COI中間成果報告会」を平成30年10月10日(水)13時15分から18時30分まで日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)で開催します。


金沢工業大学では文部科学省が2013年度から2021年度までの9年間、約70億円の支援を行う「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」中核拠点として、やつかほリサーチキャンパス内にある革新複合材料研究開発センター(ICC)が「革新材料による次世代インフラシステムの構築」をテーマに、複合材料に関するさまざまな研究開発に取り組んでいます。


このたび開催する中間成果報告会では、海洋、社会インフラ、住宅都市分野への革新材料の社会実装を目指して6年間取り組んできた研究開発についての中間報告と議論に加え、大型の試作品や社会実装を実現した成果品の展示も行います。


革新材料による次世代インフラシステムの構築


【金沢工業大学COI中間成果報告会】

日時:平成30年10月10日(水) 13:15~18:30(受付 12:15~)

会場:日本科学未来館7階(東京都江東区青海2-3-6)

参加費:無料

定員:250名 *どなたでもご参加いただけます。当日受付可。

[お問い合わせ先]
金沢工業大学COI研究推進機構 担当:田中・東藤

TEL:076-276-3100
Email: coiseika@mlist.kanazawa-it.ac.jp

URL: https://www.icc-kit.jp/coi/

詳細は金沢工業大学COI中間成果報告会開催案内[PDF]をご覧ください。

【プログラム】

[講演、成果発表、パネルディスカッション](会場:未来館ホール)

■12時15分 受付

■13時15分

開会挨拶 金沢工業大学学長 大澤敏

来賓挨拶

・文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長 西條正明氏

・国立研究開発法人 科学技術振興機構 理事長 濵口道成氏

・COI  STREAM ガバニング委員会 委員長 小宮山宏氏

・COIプログラム ビジョン3 ビジョナリーリーダー 佐藤順一氏

概要説明「金沢工業大学COIの取組み」

・プロジェクトリーダー/大和ハウス工業(株)副理事 池端正一

■14時00分

特別講演 「物質の可能性」

・建築家・東京大学教授 隈研吾氏

■15時00分

「金沢工業大学COIの進捗と成果、今後の課題」

・研究リーダー/金沢工業大学革新複合材料研究開発センター所長 鵜澤潔

■16時35分

パネルディスカッション「革新複合材料による活気ある持続可能な社会の実現に向けて」

(モデレーター)

・金原勲 金沢工業大学教授 金沢工業大学COI推進委員会委員

(パネラー)

・大内一之 株式社大内海洋コンサルタント代表取締役 金沢工業大学COIアドバイザ

・岩田秀治 東海旅客鉄道株式会社技術開発部グループリーダー 金沢工業大学COIアドバイザ

・宮里心一 金沢工業大学工学部環境土木工学科教授 金沢工業大学COIテーマリーダー

・池端正一 金沢工業大学COIプロジェクトリーダー 大和ハウス工業株式会社副理事

・鵜澤潔 金沢工業大学COI研究リーダー 金沢工業大学革新複合材料研究開発センター所長

■17時20分 閉会


[展示ゾーン](会場:コンファレンスルーム水星・火星・金星)*閉会まで自由にご覧いただけます。

展示物・ポスター(一部紹介)

【材料・界面・繊維】

・超耐熱樹脂

・バイオマス由来樹脂

・熱可塑性エポキシ

・相溶化剤

・低密度・高強度PVA繊維

【共通部材成形】

・ダブルベルトプレス連続成形複合材

・間欠プレス成形品

・ロールフォーミング成形品

・接合技術開発

【評価】

・信頼性評価技術

【アプリケーション】

・風力発電ブレード

・次世代硬翼帆

・建築向けFRPパネル

・耐震補強テンションロッド

・FRP補強筋

・グランドアンカー

■展示説明・ポスター発表(15時20分から16時35分まで)

※複合材料による試作品・モックアップの展示・説明

※ポスターと展示品による研究成果の発表

■フリーディスカッション(交流会)17時20分から18時30分まで

※展示ゾーンにて



【関連サイト】

金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)


KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.