記事詳細

第一線で活躍する技術者から近未来のICT技術を学ぶ「マイクログリッド交流会」を開催

金沢工業大学では、第一線で活躍する技術者を招いて近未来のICT技術を学ぶ「マイクログリッド交流会~センサネットワークの世界・スマートICTに向けて~」を平成24年12月12日(水)14時から17時まで扇が丘キャンパス23号館333室で開催しました。

キャンパスマップはこちら>

 

マイクログリッドとは

金沢工業大学では、キャンパス内にスマートシティ・スマートグリッド等の近未来の疑似社会を造り、これからの低炭素社会実現にむけて必要となる高信頼スマート組込みシステム技術を実践的に学ぶ「マイクログリッド」構想を進めています。

 

具体的には「扇が丘キャンパス」と「やつかほリサーチキャンパス」の間に次世代自動車によるカーシェアリングを導入する過程を教材とします。

次世代自動車の設計・製作をはじめ、太陽光、風力、小水力等の再生可能エネルギーの導入や、廃油や間伐材による火力発電の設計・製作、発電量の見える化技術、商用電源との接続技術、車両の位置状況と残存エネルギーの見える化技術、予約システムの構築などを通じて、これからの社会に求められるさまざまな「高信頼スマート組込みシステム技術」を実践的に学ぶことができます。

 

プログラムなどの詳細はこちら>>

関連サイトはこちら>>

金沢工業大学では、第一線で活躍する技術者を招いて近未来のICT技術を学ぶ「マイクログリッド交流会~センサネットワークの世界・スマートICTに向けて~」を平成24年12月12日(水)14時から17時まで扇が丘キャンパス23号館333室で開催しました。

キャンパスマップはこちら>

 

マイクログリッドとは

金沢工業大学では、キャンパス内にスマートシティ・スマートグリッド等の近未来の疑似社会を造り、これからの低炭素社会実現にむけて必要となる高信頼スマート組込みシステム技術を実践的に学ぶ「マイクログリッド」構想を進めています。

 

具体的には「扇が丘キャンパス」と「やつかほリサーチキャンパス」の間に次世代自動車によるカーシェアリングを導入する過程を教材とします。

次世代自動車の設計・製作をはじめ、太陽光、風力、小水力等の再生可能エネルギーの導入や、廃油や間伐材による火力発電の設計・製作、発電量の見える化技術、商用電源との接続技術、車両の位置状況と残存エネルギーの見える化技術、予約システムの構築などを通じて、これからの社会に求められるさまざまな「高信頼スマート組込みシステム技術」を実践的に学ぶことができます。

 

プログラムなどの詳細はこちら>>

関連サイトはこちら>>

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.