KITプロフェッショナルミーティング

2020年01月22日(水) 19:00 ~ 21:00
『エンターテインメント・ビジネスの未来』 出版記念イベント~先端技術とエンターテインメントの融合を読み解く~
申込多数の為、受付を終了しました

■受講対象者
・2年以上の企業又は官公庁における実務経験をお持ちの方
・放送、通信、映画、音楽、演劇、スポーツ、IRなどのビジネスに携わる方
・メディア&エンタメ産業へのキャリアチェンジやキャリアアップを望む方
・メディア&エンタメ領域の最新事例を知り、体系的な知識を習得したい方

■セミナー概要
今回のKITプロフェッショナルミーティングは、2019年12月に日経BP社から上梓される北谷賢司教授の新著『エンターテインメント・ビジネスの未来 2020-2029』の出版を記念して開催します。当日は、元「日経エレクトロニクス」編集長であり技術ジャーナリストの今井拓司氏と、日経BP技術メディア広告部の三宅賢一氏のお二人を特別ゲストにお迎えし、激変するエンターテインメントの未来を予測し、そこから立ち現れるビジネスチャンスについて、参加者と共に闊達な意見交換と議論を行います。

世界のエンターテインメント産業は過去最大の転機を迎えています。映像や音楽といったメディアエンターテインメント分野では、ハリウッドの映画スタジオ、最大手のテレビ局やレコード会社が、業界再編の真っ只中にあり、NetflixやAmazon、AppleやGoogleなどのプラットフォーマーが新しいサービスを次々と繰り出し、長年続いたメディア産業界の秩序を覆しつつあります。

一方で、音楽ライブやプロスポーツなどのライブ・エンターテインメントは、かつてない活況を呈しています。デジタルメディアの氾濫に疲れた消費者が、現実でしか得られない鮮やかな体験を追い求めた結果です。しかも消費者が受け取る感動は、SNSやスマートフォンといった先端のIT技術によって何倍にも高められていきます。2020年に商用サービスが離陸する第5世代(5G)の携帯電話、同年夏の東京オリンピック・パラリンピックなどは、こうした動きをさらに加速していくでしょう。

先端技術の力で進化を続けるエンターテインメント・ビジネスは、多様な産業に影響を及ぼしていくはずです。既存の業界関係者や新規参入を狙う企業にとどまらず、あらゆる業界のビジネスパーソンが注視すべき動きです。放送、通信、映画、音楽、演劇、スポーツ、IRなどのビジネスに携わる方はもちろん、メディア&エンタメ領域の知識を体系的に学んでみたい方のご参加をお待ちしております。

■セミナー詳細
第1部 「メディア&エンターテイメント産業の今後10年を分析、予測する」 北谷 賢司
第2部 「先端技術の力で進化・激変するエンターテインメントの未来」 今井 拓司
第3部 「メガトレンドから見たエンターテインメントの可能性」 三宅 賢一
第4部 「パネルディスカッション&質疑応答」 北谷賢司、今井拓司、三宅賢一

参加受付終了

講師:
北谷 賢司 Kenji KITATANI

【現職】
KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 教授
アンシューツ・エンタテイメント・グループ アジア担当EVP兼日本代表

【プロフィール】
インディアナ大学テレコミュニケーション経営研究所副所長、日本テレビ放送網顧問、TBSメディア総研社長、東京ドーム取締役兼米国法人社長。ソニー㈱執行役員兼米国本社エグゼクティブ・バイス・プレジデント、㈱ぴあ 取締役、㈱ローソン 顧問、ワシントン州立大学コミュニケーション学部メディア・マネジメント学栄誉教授を歴任後、avex International Holdings Singapore 代表取締役社長に就任、同社特別顧問を経て現在に至る。博士号を持つ伝説のプロモーター「ドクターK」として世界的に著名。18年にセリーヌ・ディオン、19年にエド・シーランのドームツアーを手懸け、興行ビジネスは継続中。

講師:
今井 拓司 Takuji IMAI

【現職】
技術ジャーナリスト
早稲田大学 招聘研究員

【プロフィール】
1990年、東京工業大学 大学院を修了し、日経BP社に入社。以後、約28年にわたりエレクトロニクス技術の専門誌『日経エレクトロニクス』や技術系ニュースサイト『Tech-On!(現『日経xTECH』)』、『日経産業新聞』や『日経電子版』で記者、デスク、副編集長、編集長、編集委員を経験。2018年2月からフリーランス。得意分野は人工知能やユーザーインタフェース、コンピュータハードウエアなど先端技術全般。

講師:
三宅 賢一 Kenichi MIYAKE

【現職】
株式会社日経BP 技術メディア広告部 専任役

【プロフィール】
1986年日経BP入社。雑誌の広告部門、日経BPエキスパート、「日経ものづくり」創刊、日経BPマーケティング、日経BP総研未来ラボなどを経て現職。

■ 場所: 金沢工業大学 虎ノ門キャンパス※イベント会場・受付は13階
■ 定員: 100名
■ 費用: 無料

■ スケジュール
2020年1月22日(水)19:00 - 21:00 ※
19:00 - 19:30 「メディア&エンターテインメント産業の今後10年を分析、予測する」 北谷 賢司
19:30 - 20:00 「先端技術の力で進化・激変するエンターテインメントの未来」 今井 拓司
20:00 - 20:30 「メガトレンドから見たエンターテインメントの可能性」 三宅 賢一
20:30 - 21:00 「パネルディスカッション&質疑応答」 北谷賢司、今井拓司、三宅賢一

※注意事項
・セミナー中におきまして、スマートフォンや携帯電話等でのカメラ撮影は、他の受講者の皆様のご迷惑となりますので、
ご遠慮くださいますようお願い致します。
・本イベントは21:00終了を予定しておりますが、進行状況により多少延長する場合もあります。予めご了承ください。

参加受付終了

参加受付終了

KITプロフェッショナルミーティング 一覧へ戻る

一覧へ戻る
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
3分でわかる紹介動画『虎ノ門で、変わる。』
KIT院生・修了生のインタビューをご覧いただき、クラスの雰囲気やキャンパスの熱気を感じてください。
いま必要なスキルを1科目から履修する(詳細へリンク)
いま必要なスキルを1科目から履修する
経営コンサルティング、ファイナンス・アカウンティング、知財マネジメントなど必要としている力や、高めたい専門分野をピンポイントで履修することができる「科目等履修生制度」を用意しています。
メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
メディア掲載・特集ページ
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
資料請求(詳細へリンク)
資料請求
2020年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00~20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時~20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
フリーダイヤル 0120-757-242 10:00-20:00月曜を除く
専門のスタッフもしくは教員が、
皆さま一人ひとりの疑問やお悩みにお答えします。
キャンパス見学、お電話でのご相談も
お気軽にお申し付けください。
ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせ
  • 資料請求
  • 個別相談
イベント情報
  • 説明会・公開講座
  • KITプロミーティング
  • KIT虎ノ門サロン