K.I.T.プロフェッショナルミーティング

『スマートフォン開発の裏側で繰り広げられる国際標準をめぐる対立 Part2』−知財ポリシーに関する最新動向とビジネスへの影響−
申込多数の為、受付を終了しました
2016年01月13日(水) 19:30 〜 22:00

■受講対象者
・3年以上の企業又は官公庁における在職経験をお持ちの方
・技術開発、知財・標準化業務に従事されている方

■セミナー概要
国内有数の通信事業者であるKDDI、北欧発のグローバル企業であるNOKIA、そして、日本の標準化行政に携わる経済産業省、それぞれの立場において、技術標準化活動の最前線でご活躍されている3名のゲスト講師にお話いただきます。今や生活に欠かすことのできないスマートフォン。この裏側で繰り広げられる大企業同士の争い、標準化機関の動向について、※前回のイベントに出席された方はもちろん、標準化活動の“いま”を知りたい方は是非ご参加ください。

■第1部
『IoT時代の標準規格と知財』 千葉 哲也 氏
標準規格はICT産業において非常に重要であり、そのため規格策定各社の叡智の成果である多数の特許が含まれています。そして特許が規格の実施に与える影響が大きくなるのに伴って特許の活用の動きが盛んになっており、活発化してきているパテントトロールなどの活動の主戦場が米国から欧州など世界に拡がり始めています。このような状況を踏まえ、そもそも標準必須規格とな何かなど基本的な概念の整理を含め、本格的なIoT時代への突入にあたり、標準規格と知財のあり方や世界における議論、KDDIの考えについてご紹介します。

■第2部
『Business considerations on SDO participation』 ヤリ・ワーリオ 氏
The SDO participation has based on the principle of receiving later FRAND compensation for the early investment on standards development. The FRAND licensing has balanced the varying investments in standards development between the companies. However, the recent development of FRAND licensing environment has made this difficult as the number of free riders is increasing and it seems that without costly litigations less and less companies are ready for FRAND licensing. As a result of this development, companies have to reassess their investments in open standardization and evaluate alternative approaches to create value for their R&D investments. The presentation provides a high level description of the overall situation and implications to business considerations related to SDO participation.

■第3部
『標準必須特許問題の概観とその解決策の考察』 長野 寿一 氏
第3部では、第1部と第2部で見た標準必須特許の実施者と権利者の対立構造を受けて問題の本質を追究し、全体像と鍵を握るプレーヤーを整理して見極め、それぞれのプレーヤーが提供できる解決策を探ります。その過程で新たなビジネスチャンスを見いだすことができるかどうかは関係者全員の今後の課題となることでしょう。

■第4部
『質疑応答&パネルディスカッション』 平松 幸男 教授
情報通信分野における標準化活動のエキスパートである大阪工業大学大学院の平松幸男教授の司会のもと、ゲスト講師3名にもご登壇いただき、会場からの質問も受けながら、最新のトピックスやグローバルな視座からの検討課題等について参加者全員で理解を深めていきます。

KDDI株式会社
技術開発本部 知的財産室
知財戦略グループリーダー
千葉 哲也

Nokia Technologies
アジア太平洋地域
パテントライセンス責任者
ヤリ・ワーリオ

K.I.T.虎ノ門大学院
知的創造システム専攻
客員教授
長野 寿一

大阪工業大学大学院
知的財産研究科
教授
平松 幸男

■ 場所: 金沢工業大学 虎ノ門キャンパス
■ 定員: 80名
■ 費用: 無料

■ スケジュール
2016年1月13日(水)19:30 - 22:00
19:30 - 20:00 『IoT時代の標準規格と知財』 千葉 哲也 氏
20:00 - 20:30 『Business considerations on SDO participation』 ヤリ・ワーリオ 氏
20:30 - 21:00 『標準必須特許問題の概観とその解決策の考察』 長野 寿一 氏
21:00 - 22:00 『質疑応答&パネルディスカッション』 平松 幸男 教授(司会進行)

※注意事項
第2部のヤリ・ワーリオ氏は英語での講演となります。投影資料には日本語を併記します。
・本セミナー中におきまして、スマートフォンや携帯電話等でのカメラ撮影は、受講者の皆様のご迷惑となりますので、
ご遠慮くださいますようお願い致します。
・各講演者の講演・議論の内容は、個人的な意見を自由に議論できることを前提としており、
所属組織を代表しているわけではありません。引用については、講演者本人の事前の了解を得てください。

参加受付終了

KITプロフェッショナルミーティング 一覧へ戻る

メディア掲載・特集ページ(詳細へリンク)
これまでに様々なメディアで紹介された在学生や修了生の声、さらには教員のメッセージ等をご覧ください。
ゼミ指導Pickup(詳細へリンク)
深い議論と発表の繰り返しが
専門性と実践力を高める。
資料請求(詳細へリンク)
2016年度パンフレット配布開始!カリキュラム全体、各科目詳細、院生プロフィールについて、詳しく知りたい方は資料請求フォームからお申込みください。
個別相談(詳細へリンク)
月曜を除く10:00〜20:00 随時受付中
専門スタッフもしくは教員が、皆さま一人ひとりの疑問や悩みにお答えします。月曜を除く10時〜20時に受付中。
虎ノ門大学院ブログ(詳細へリンク)
授業レポート、入学式や修了式の様子、イベント情報など、事務室スタッフがキャンパスの日常をご紹介します。
授業レポート、入学式や修了式の様子、
イベント情報など、事務室スタッフが
キャンパスの日常をご紹介します。

このページの先頭へ

  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 企業の方へ
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

プライバシーポリシー

金沢工業大学

金沢工業大学 虎ノ門キャンパス 東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル12F