HOME > ライブラリーセンターについて > フロアマップ > 2F フロアマップ

フロアマップ

2F透視図

2F透視図 ライティングセンター 開架書庫 自動貸出返却装置 レファレンスカウンター、学習支援デスク 検索コーナー AV室 レファレンスコーナー マルチメディア考房 AVコーナー プロジェクトブース ブラウジング/新聞コーナー

レファレンスカウンター

レファレンスカウンターライブラリーセンタースタッフが、求める情報を探すためのさまざまな相談や問い合わせに応えています。

学習支援デスク

学習支援デスクここではサブジェクトライブラリアン(SL)が、各種相談に応じたり、科目担当教員が専門基礎科目の個人指導やグループ指導を行っています。

ライティングセンター

ライティングセンターライティングセンターでは、授業の課題として出された小論文やレポートの文章添削を行うほか、就職試験のための小論文、履歴書、各種手紙文、講演レポート、自学自習で作成した小論文など、多様な文書作成に関する添削の個別指導を行っています。

自動貸出返却装置

自動貸出返却装置貸出、返却、継続の処理を利用者自身が行うことができます。

検索コーナー、白書・教科書コーナー

検索コーナー検索コーナーでは、ライブラリーセンター所蔵の図書や雑誌、AV資料などを調べることができます。また、ライブラリーセンター所蔵のCD-ROMやDVD-ROMの閲覧もできます。
教科書コーナーでは、大学・高専の授業科目で教科書に指定されている図書資料があります。
白書・規格コーナーでは、環境白書や厚生白書などの各種白書や各種の統計調査資料、JIS規格やJISハンドブックなどの資料があります。

レファレンスコーナー

レファレンスコーナー辞典、事典や各専門分野の百科事典、便覧、統計書、ハンドブック、年鑑、目録等・・と何か調べものをしようとする時、最初の手掛かりとなる資料があります。

ブラウジング/新聞コーナー

ブラウジング・新聞コーナーパソコン、スポーツ、自動車など気軽に閲覧できる趣味・教養雑誌などがあります。また、北海道から沖縄まで全国の地方紙や専門紙ほか60余紙が排架されています。各地方のニュースなど全国紙では得られない情報があります。

>>購読紙一覧へ

なお、ブラウジング/新聞コーナーの雑誌・新聞のバックナンバーは、書庫3層にあります(書庫は自由に入ることができます。書庫の出入口はコピーコーナー横)。

開架書庫(1~4層)

レファレンスカウンター横に開架書庫入口があります。開架書庫(1層~4層)には自由に入ることができます。書籍や雑誌バックナンバーなどがあります。
<書庫の主な排架>書庫
1層:和書、洋書
2層:和書
3層:レファレンス資料、雑誌製本(和)、紀要、ブラウジング雑誌・新聞のバックナンバー、全国の電話帳、リザーブドブック
4層:雑誌製本(洋)、学位論文、卒業研究論文、工学設計IIIプロジェクトレポート、プロジェクトデザインIIIプロジェクトレポート
<書庫の構造>書庫構成
書庫はAからKまで10ブロックに分かれています。
1層:1層東(A),1層中(B)
2層:2層東(D),2層中(E),2層西(F)
3層:3層東(G),3層中(H),3層西(I)
4層:4層東(J),4層西(K)
※書庫の出入口は3層東、4層東の2箇所あります。

マルチメディア考房

マルチメディア考房

各種マルチメディアパソコンが設置されています。画像・音声情報などさまざまな情報の入出力や加工を行うことができ、効果的なプレゼンテーション資料や論文レポートの作成などに利用できます。カラープリンタ、カラースキャナー、デジタルカメラ、DV(デジタルビデオ)カメラ、演奏・AV編集機器などの周辺機器や各種ソフトウェアを用意しています。
操作に関する技術指導やアドバイスも行っていますので、カウンターまでお気軽にご相談ください。

主なコンテンツ制作活動
  • CG(コンピュータグラフィックス)/HP(ホームページ)/画像/イラスト制作・編集
  • プレゼンテーション資料制作
  • DTM(デスク・トップ・ミュージック)編集
  • DTV(デスク・トップ・ビデオ)編集
また、授業(技術者と社会)用の新聞3紙(日本経済新聞、産業経済新聞、読売新聞)も排架しています。
なお、これら3紙のバックナンバー(5ヶ月分)も排架しています。
※新聞購読は授業期間中のみですので、期間外は2Fブラウジング排架紙をご覧ください。

プロジェクトブース

AVISマルチメディア考房プロジェクトの活動の場です。
マルチメディア考房プロジェクトとは、CG制作や映像制作などのマルチメディアコンテンツ制作技術の修得を目指す学生たちが学部・学科・学年を越えて集まり、コンテストの上位入賞を目指して作品作りに取り組む、自主的な学生プロジェクトです。近年では野々市市の各種啓発活動にコンテンツを提供し、地域貢献も果たしています。制作にあたっては、高度な機材・ソフトウェアなどが揃ったプロ仕様のプロジェクトブースを自由に使うことができます。

AVコーナー

AVコーナーAVコーナーでは、ライブラリーセンターが所蔵する次の資料をAVIS(Audio Visual Instruction System:オーディオ・ビジュアル・インストラクション・システム)にて視聴することができます。

1)工学、技術、人文社会等のビデオ資料
2)語学、音楽等のオーディオ資料
3)放送大学のオーディオ、ビデオ教材
4)研究室紹介、学術講演会、就職関係等のビデオ資料

など講義中に見たビデオ内容の再確認、本学で開催された学術講演会などのビデオを視聴し、最新技術の理解を高めるなど、勉強のためのツールの1つとしてお役立てください。

AV室

AV室階段状にゆったりと設けられた座席が中央の小ステージを囲み、舞台と観客席が一体となれる雰囲気の空間です。映写設備、音響設備、大型ビデオプロジェクターなどが完備しています。クラブ活動の発表やイベント・企画にご利用ください。
ページトップへ