沿革

沿革

西暦 和暦 事項
1965年 昭和40年 4月 金沢工業大学付属図書館を設置
1979年 昭和54年 11月 ユアグロウ博士文庫目録を出版
1980年 昭和55年 1月 「新図書館建設のあらまし」を発刊
11月 図書館業務システム(図書館業務機械化)の検討開始
12月 図書館業務システムの基本設計発表
1981年 昭和56年 2月 図書館業務システムの開発開始
図書館業務システムの概略設計発表
AVIS (Audio Visual Information System)の導入発表
図書情報検索システム(LINKIT-IR)を稼働
1982年 昭和57年 4月 図書館業務システム(サーキュレーション・情報管理・書棚管理システム)を稼働
図書情報検索システム(LINKIT-IR)の利用開始
「図書情報技術」の初版発行
「LINKIT-IR利用手引」を作成
「LINKIT」(雑誌)を創刊
5月 図書館業務システムの運用開始
AVIS (Audio Visual Information System)を稼働
6月 「Library Center」パンフレット出版
ライブラリーセンター開館(付属図書館移転、名称変更)
情報・図書館に関する国際セミナー
1983年 昭和58年 3月 「工学の曙 科学と工学を築いた書物」の出版
4月 図書館業務システムの機能拡充(図書購買・雑誌管理システムの稼動)
「LINKIT-IR利用手引(改訂版)」を作成
「ばっくあっぷ」(冊子体)にライブラリーセンター紹介欄を設けSL推薦図書の掲載開始
10月 将来における大学・専門図書館に関する国際セミナー
11月 AV資料「文献検索法I・II」を作成
1984年 昭和59年  4月 「図書情報技術」の初版2刷発行
6月 資料の保存、劣化防止及び修復等に関する国際セミナー
10月 北陸3県公共図書館にオンライン情報検索サービス開始
1985年 昭和60年 6月 図書館業務の拡大と変容に関する国際セミナー
1986年 昭和61年 8月 IFLA Pre-session(国際セミナー)
1987年 昭和62年 6月 図書館・情報教育の新たな情勢と将来計画に関する国際セミナー
1988年 昭和63年 4月 「図書情報技術」の第2版発行
「世界を変えた書物 解説・年表」の出版
6月 図書館に与える新技術の影響サービス、組織およびマネージメント(国際セミナー)
図書自動貸出返却装置(ABC:Automatic book Circulation)の開発開始
8月 書庫書架を増設
11月 コンテンツコピーサービスの開始
1989年 平成元年 3月 蔵書バーコードの形式変更(IBMコード→2of5インターリーブドコード)
6月 変革が求められる研究調査図書館、経験が語る将来のマネージメント(国際セミナー)
入館ゲート新機種を入替
図書自動貸出返却装置(3台)を設置
10月 イメージ情報システムの基本設計発表
1990年 平成2年 5月 イメージ情報システムサービスの開始(個人別雑誌コンテンツコピーサービス開始)
「Library Center」パンフレット改訂出版
6月 新技術・ニューメディアと図書館建築(国際セミナー)
1991年 平成3年 3月 「LINKIT特別号(特集 業績一覧)」(雑誌)を創刊
4月 「図書情報技術」の第3版発行
生涯学習室を設置
6月 来たる時代の情報アクセスをめぐる諸問題(国際セミナー)
10月 AVIS新機種を導入
1992年 平成4年 3月 貴重資料室を改装
4月 「図書情報技術」の改訂第4版発行
6月 21世紀における研究図書館(国際セミナー)
9月 ポピュラーミュージックコレクション(PMC)をライブラリーセンターに移設
1993年  平成5年 4月 国際会議室を「酒井メモリアルホール」と改称
「世界を変えた書物 解説・年表」の出版
8月 PMCに個人ブース(ボディソニック装置)を増設
1994年 平成6年 11月 マルチメディア・ワークショップを設置(現マルチメディア考房)
AVコーナーを開設
図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 大学におけるデジタル環境
1995年 平成7年 3月 マサチューセッツ工科大学図書館と情報交換に関する協定を締結
4月 「図書情報技術」の第5版発行
11月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタル図書館の将来展望
1996年 平成8年 4月 マルチメディア考房を開設
5月 「ライブラリーセンターニュース」(冊子体)を創刊
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタルライブラリーの実践
1997年 平成9年 1月 ライブラリーセンターホームページの開設
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタルライブラリーの実践2
1998年 平成10年 4月 「100冊目は君が選ぼう!」の初版発行
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタルライブラリーの現在と未来
11月 新図書館業務システムの開発開始
1999年 平成11年 3月 「工学の曙 世界を変えた書物 解題・年表」(増補改訂版)の出版
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタルライブラリーの現況と留意点
9月 図書情報検索システム(LINKIT-II/OPAC)を稼働/LINKIT-IRのサービス停止
入館ゲートの新機種を入替
図書自動貸出返却装置(ABC)の新機種を入替
10月 目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)の参加
2000年 平成12年 4月 マルチメディア考房ホームページの開設
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタルライブラリーの可能性 ; その光と影
2001年 平成13年 4月 学習支援センターを開設
研究フロアを4階に移設
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 21世紀におけるデジタルライブラリーの展望
11月 学習支援センター学習支援デスクと改称
「デジタル・ライブラリーの発展:アメリカからの展望」の刊行(ディアンナ・マーカム氏編集:1994-1998までの論文集)
イリノイ大学アーバナシャンペイン校図書館と資料相互利用に関する協定を締結
2002年 平成14年 1月 ハワイ大学マノア校図書館と資料相互利用に関する協定を締結
4月 「金沢工業大学『工学の曙』文庫所蔵目録」の出版
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタル・ライブラリーの連合組織とその支援活動
8月 「LINKIT特別号」を電子化(CD-ROM)
2003年 平成15年 4月 K.I.T. ライティングセンターを発足
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタル・スカラーシップの現在
12月 ライティングセンター「文章作成の手引き」初版第1刷を発行
2004年 平成16年 3月 10階に新分野フロアを構築
4月 LCポータルを運用開始
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタル・ライブリーの展望と期待
9月 昭和57年の開館から23年目で見学者20万名を突破
ハワイ大学マノア校図書館と資料相互利用に関する協定を修正・更新
12月 「国際ラウンドテーブル会議」が米国議会図書館より表彰
2005年 平成17年 7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 デジタル技術による図書館サービスの変容
ディアンナ・マーカム氏に名誉博士号学位記を贈呈
8月 ライティングセンター「文章添削の手引き」作成
2006年  平成18年 1月 国際ラウンドテーブル会議の論文集「デジタル・ライブラリーの発展:金沢からの展望」がアメリカで出版(2冊目)
4月 ライブラリーセンターが2部(業務部、学習支援部)1室(生涯学習室)制に組織改革
「工学の曙 世界を変えた書物 解題・年表」(改訂第3版)の出版
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 ワールド・デジタル・ライブラリー -その挑戦と目標-
「デジタル・ライブラリーの発展:金沢からの展望」の刊行(ディアンナ・マーカム氏編集:1999-2003までの論文集)
音楽評論家・故福田一郎氏の貴重な音楽資産がPMCに寄贈
2007年 平成19年 3月 学習環境を整備
(研究フロア・AVブースを3階(研究フロア)と2階(AVブース)に移設、閲覧室を4階に移設)
自動貸出返却装置をリプレース
(3M社のAbC機からIDEC社のPALS機に変更)
4月 サブジェクトライブラリアン(SL)の学習支援体制を拡充
ライブラリーセンターホームページをリニューアル
冊子「利用案内」・「小論文作成の手引き」の改訂版を発行
学生向けのインターネットによるILL申込みサービスを開始
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 e-サイエンスの発展-その現状と可能性
11階に女性専用閲覧室を開設
11月 バージニア大学図書館と資料相互利用に関する協定を締結
2008年 平成20年 1月 図書館業務と書誌検索(LINKIT-II)のサーバを一新
LINKIT-II(OPAC)をリニューアル(バージョンアップ)
4月 冊子「利用案内」・「小論文作成の手引き」の改訂版を発行
電子ジャーナルポータルサイト(ライブラリーセンターLinker)を立ち上げ(リンクリゾルバを導入)
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 e-サイエンスの新しい展開
2009年 平成21年 4月 冊子「利用案内」・「小論文作成の手引き」の改訂版を発行
専門基礎CRMシステム「KIT BRAIN BANK」を全学生対象に運用開始
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 新しい情報技術が教育・研究をどのように変えたか
11月 福田一郎コレクション展 ~ FUKUDA HOUSE を開催
2010年 平成22年 4月 冊子「利用案内」・「小論文作成の手引き」の改訂版を発行
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 新しい情報技術が教育・研究をどのように変えたか(II)
2011年 平成23年 4月 冊子「利用案内」・「小論文作成の手引き」の改訂版を発行
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 電子出版の現状とその可能性
2012年 平成24年 4月 冊子「利用案内」・「小論文作成の手引き」の改訂版を発行
7月 図書館、情報に関する国際ラウンドテーブル会議 国際ランドテーブル会議を回顧する
ページトップへ