HOME > 利用案内 > 利用に際してのご注意

利用に際してのご注意

入館について

  • 入館する時は利用者カード(KIT-LCカード)が必要です(学生証の裏面が利用者カードです)。
  • ご家族や友人が見学を希望する時は、インフォメーションカウンターで受付をして、学生本人が案内者となり入館してください。
  • 他の利用者の迷惑にならないように案内してください(見学受付は、平日は17:00まで土曜は13:00 まで)。
  • 館内への飲食物の持ち込み、及び飲食はできません。ただし、水分補給のためペットボトル等栓の閉まる容器入りのミネラルウォーター(水)、茶(日本茶、ウーロン茶)のみ持ち込みと飲用を許可します。
ページのトップへ戻る

館内利用について

  • 館内は全面禁煙です。
  • 館内では、私語・雑談はつつしみ、静かな環境になるよう協力してください。
    携帯電話(PHS)の使用はご遠慮ください。
  • 席を離れる場合には、貴重品等は必ず携帯するようにしてください。
    貴重品やバッグは責任を持って管理してください。
  • 2階レファレンスカウンターでは、ノートパソコン用のセキュリティワイヤーをお貸ししますのでご利用ください。
  • 館内の忘れ物、落とし物は1階インフォメーションカウンターで保管した後、翌日大学事務局修学相談室へ移管されます。
  • 館内では、情報コンセントと無線LANがご利用できます(本学学生・教職員のみ)。利用の詳細については、情報処理サービスセンターのホームページをご確認ください。
ページのトップへ戻る

女性専用閲覧室について

利用は、本学学生・教職員の女性に限られています。
男性の入室は禁止しています。ただし、工事、巡回、見学等で腕章を着用した男性が入室する場合があります。

<利用心得>

  • 入室には学生証(利用者カード)が必要です。
    学生証を忘れた場合は、入室ができませんので、ご注意ください。
  • 室内では、ミネラルウォーター、お茶(無糖)以外の飲食はしないでください。
  • 閲覧室内は静かに利用してください。
  • 貴重品は自分自身で管理してください。
  • 室内で利用した資料は利用後、元の場所に戻してください。
  • 室内の整理・整頓に心掛けてください。
  • 男性を伴った入室はしないでください(男性入室禁止)。
  • 化粧室の長時間の使用は謹んでください。
ページのトップへ戻る

利用者カード(利用者番号・パスワード)について

  • 利用者カードは、ICカードになっていますので、取り扱いには、充分注意してください。
  • カードを紛失、盗難、破損した場合は、速やかにインフォメーションカウンターに申し出てください。
  • 利用者番号とパスワードは、個人認証をする際に必要になります。
    利用者番号は、利用者カードの裏面に記載してある半角数字8文字です。
    パスワードは半角英数字7文字、初期値として和暦の生年月日になっています。

    (例)利用者番号:01234567
       パスワード:h010203
       (平成元年2月3日生まれの場合)

ページのトップへ戻る

資料の取扱について

  • ライブラリーセンターの図書・雑誌等の資料は、利用者皆さんの共有財産です。
    資料の図表・写真・記事などの項目・ページ切り取り、鉛筆・マーカーなどによる資料への書き込み、雨など水に濡らす・ジュース類等こぼすなど、一部の心無い利用者のために、利用できなくなる資料があります。多くの利用者が迷惑を被りますので、大切に扱ってください。
  • 閲覧後の図書・雑誌等の資料は、必ず元の書棚に戻してください。
    資料が放置されたままになると多くの利用が迷惑を被ります。
ページのトップへ戻る

図書の貸出、返却について

  • 図書の貸出、返却は、自動貸出返却装置で所定の手続きを行ってください。
    貸出には利用者カードが必要です(返却は不要)。
  • 貸出図書は、返却日までに返却または継続手続きを行ってください。
    一冊でも延滞図書がある場合は、新たな貸出及び予約図書の貸出はできませんので注意してください。
    返却期限を守ってください。
ページのトップへ戻る

図書の延滞・破損・紛失について

  • 返却日が一定期間過ぎても貸出図書が返却されない場合、督促連絡いたします。
    督促に要した費用を実費で徴収する場合もありますので、注意してください。
    また、督促連絡等に不明な点がある場合は、図書利用状況を確認のうえ、2階レファレンスカウンターに申し出てください。
  • 図書を破損、紛失した場合は、現物の弁償あるいは時価をもって弁償金を申し受けます。
    早めに2階レファレンスカウンターに申し出てください。
ページのトップへ戻る

図書館と著作権について

ライブラリーセンターのコピーサービスは、著作権法(第31条)に基づいて行っています。館内コピー機については、下記<館内コピー機の利用について>を遵守してご利用ください。

<第31条 図書館等における複製>
図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。

1)図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を1人につき1部提供する場合
2)図書館資料の保存のため必要がある場合
3)他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合

<館内コピー機の利用について>

  • コピーは、上述の著作権法の範囲内で2階コピーコーナーを利用してください。
    目的が、利用者個人の調査研究活動のための複写であること(複写は1部のみ、私的複写は厳禁)。
    私的複写とは、趣味や娯楽、営利など調査研究活動以外の目的を意味します。
    ノートなど利用者自身が持ち込んだ資料の複写は厳禁です。
    さらに、学部生・修士の論文も範囲外(公表された著作物に該当しない)であるため、複写厳禁です
    図書資料などの著作物の複写は、その半分を超えない(全文複写は厳禁)。
    「半分」とは1冊の半分でなく、1著作物の半分です。つまり、短編集、楽譜など複数の著作物から成る資料であれば、個々の著作物の半分を意味する。
    例えば住宅地図は、見開きが1著作物とみなされるので、許されるのはその半分まで。
    写真集や画集は、半分に複写することは難しいので、一般的に複写不可です。
    ただし、保護期間の過ぎた資料(著作者の死後50年を経過したものなど)の全文複写は可能です。
    雑誌資料の最新号は、全文複写はできません(次号が発行されるまで、または発行後3カ月が過ぎるまで)。
    期間は、一般的に発行年月日を基準に判断します。
    最新号でも著作物の半分を超えなければ複写はできます。
  • カラー専用、モノクロ専用、カラー/モノクロ両用のコピー機があります(機種によって異なりますので、利用方法等をご確認ください)。OHPシートにコピーする場合は、耐熱性のOHPシートを各自用意してください。
  • コピー機の用紙切れ、紙詰まり等のトラブルが起きた場合は、レファレンスカウンター/学習支援デスクに申し出てください。なお、館内には、両替機は設置しておりません、また、コピー機つり銭切れの際は、至急の対応ができない場合もごさいますので、コピー用小銭のご用意をお願いします。
ページのトップへ戻る

遺失物の取り扱いについて

  • 館内の遺失物(忘れ物・落し物)は1階インフォメーションカウンターで保管した後、翌日大学事務局修学相談室へ移管されます。
  • 傘や文房具小物(ペン・消しゴム等)は、ライブラリーセンターで一定期間保管した後、遺失者が判明しない場合は処分いたします。
ページのトップへ戻る

その他

  • 火災などの非常時には、ライブラリーセンタースタッフの指示、または誘導に従って速やかに避難してください。
    非常口、非常階段は、あらかじめ確認しておいてください。
    また、非常時以外の屋外への出入りと非常階段の使用は厳禁です。
  • ライブラリーセンターの利用に関して、わからないことやご質問等がございましたら、1階インフォメーションカウンターまたは、2階レファレンスカウンターまでお問い合わせください。
  • ライブラリーセンターでは防犯ブザーの貸出も行っています。ご希望の方は、1階インフォメーションカウンターまでお問い合わせください。
ページトップへ