HOME > ライブラリーセンターについて > サブジェクトライブラリアンとは

サブジェクトライブラリアンとは

サブジェクトライブラリアン(SL)

サブジェクトライブラリアン(Subject Librarian =略称SL、エスエルと呼びます)は、大学・高専から教育・研究分野を代表する教員で構成された、ライブラリーセンターを利用する上での相談相手です。各分野の図書、雑誌等の情報収集から蔵書構成の責任を持つとともに、学習支援デスクで学習に関する相談やレファレンスを行っています。
ページのトップへ戻る

学習支援デスク

学習支援デスク自ら学習を進めたい学生やライブラリーセンターを活用したい学生に向けた相談窓口として、2階に学習支援デスクを設置し、あらかじめ決められた時間に各分野のSLが待機しています。皆さんが修学していく中で、「どうやって勉強を進めていけばよいのかわからない。」「授業にきちんと出席しているが、重要なポイントがつかめない。」「調べたいことがあるが、どうすれば良いかわからない。」など、学習を進めていく上での相談や参考資料や文献の調査、データベースを利用した情報収集などの相談を受け付けています。どのSLがいつ待機しているかは、「学習支援デスク時間割表」で確認してください。
ページトップへ