>数理工教育研究センターとは   >アクセス   >お問い合わせ   >センター利用状況グラフ   >金沢工業大学

数理リテラシー特別講座(基礎編・応用編)

応用編・ラプラス変換

学年

1年次以上

対象学科

機械工学科・航空システム工学科・ロボティクス学科・電気電子工学科

定員

60名

実施形式

オンデマンド型(教材配信型)

講座開講日

2022年2月7日(月)~2月28日(月)
100分×全4回

認定方法

レポート課題(レポートが基準を満たしていれば合格)

備考

パソコンを使用しますので、各自用意してください。

内容

ラプラス変換とその性質、ラプラス変換の計算、ラプラス逆変換、ラプラス変換の応用

講座のねらい

ラプラス変換は、微分方程式を解くのに便利なツールです。ラプラス変換すると、微分や積分を記号であらわすことができるため、微分方程式を四則演算で解くことができるようになります。その基本的な性質を学ぶことにより、自動制御における過渡応答や、電気電子回路の過渡現象を理解することができます。

メリット
つながる分野

  • 「”もの”の性質を忠実に再現したい」「”もの”を精密に動かしたい」とき、微分方程式が役立ちます。ラプラス変換を用いると、その微分方程式を容易に解くことができます。
  • 微分方程式が関係する専門科目、専門実験・演習や『プロジェクトデザインⅢ』に不可欠な学問分野です。