>数理工教育研究センターとは   >アクセス   >お問い合わせ   >センター利用状況グラフ   >金沢工業大学

数理リテラシー特別講座(基礎編・応用編)

分子構造描画ソフトを用いた分子構造

学年

2年次

対象学系

バイオ・化学系

定員

40名

実施教室

3・217 室

日程

9月14日(木)、9月15日(金) 2・3 時限
90分 × 4コマ

備考

・ 以下の物を必ず持参してください。  
① パソコン ② LANケーブル ③ ACアダプター電源
・ 必ず大学のGメールアドレスを取得しておいて下さい。
・ 定員に達し次第、締切ります。(追加の申込受付はありません。)

内容

・量子化学によるオービタルモデルなどの基礎知識の確認
・ケムスケッチ、ファキオ、ティンカーなどのフリーソフトによる分子軌道法や分子力場法の扱い方の基礎知識の修得
・分子構造(分子モデル)の描画

講座のねらい

・分子構造を描画できるソフトを用いて、原子・分子の基本構造を量子化学の視点から観て、その振る舞いを描画で理解し、専門の基礎知識を身につけます。

メリット
つながる分野

・量子化学は、様々な分野の化学の勉強を開始する土台として欠かせません。
「プロジェクトデザインⅢ」の研究や、学会に投稿する論文で使用できるレベルの分子構造も、自分で描けるようになります。