>数理工教育研究センターとは   >アクセス   >お問い合わせ   >センター利用状況グラフ   >金沢工業大学

KITの数理教育 数理統合教育

自ら考え行動する技術者の育成 専門を意識した数理統合教育

数理統合教育イメージ 数理工教育研究センターでは、学生の学習意欲を向上させながら自学自習の習慣と学習への動機付けを行い、自ら考え行動する技術者としての基本的な行動力(知識、スキル、価値観など)を修得した有為な人材を社会に輩出することをめざし、数理基礎教育課程の授業運営と学習支援をおこなっています。 授業では専門領域に合わせた数理の統合教を正課科目として開講し、数学・物理を有機的に統合し、論理的思考力、読解力、応用力など、卒業後に必要とされる社会人基礎力の定着を図ります。

 

4学部14学科の数理教育(必修科目のみ)
工学部
情報フロンティア学部
環境・建築学部
バイオ・化学部

・機械工学科
・航空システム工学科
・ロボティクス学科
・電気電子工学科
・電子情報通信工学科
・情報工学科

・メディア情報学科
・経営情報学科
・心理情報学科

・建築デザイン学科
・建築学科
・環境土木工学科

・応用化学科
・応用バイオ学科

工学のための数理工(関数・微分)

工学のための数理工(積分・微分方程式)

線形代数Ⅰ

線形代数Ⅱ

情報のための数学

線形代数Ⅰ

環境・建築のための数理工(関数・微積分基礎)

環境・建築系数理

線形代数Ⅰ

線形代数Ⅱ

バイオ・化学のための数理(関数・微積分基礎)

線形代数Ⅰ

バイオ・化学のための統計

 

 数理工教育研究センターは、「引き出す教育」「考える教育」「ほめる教育」を教育基本行動とし、数理統合教育を中心として、課外ではチューターリングや特別講座、問題集の開発を行い、学習サポートを行っています。また、優秀な成績を修め、他の学生の模範的な成果をもたらしたにはセンター長から表彰をするなど、学生のやる気とその成果をほめたたえます。

数理統合教育・全体像イメージ1

数理統合教育・全体像イメージ2