SDGs Education

SDGs ゲーミフィケーション教材

私たちは、自治体や企業などがSDGsに取り組む最初の活動として、オリジナルカードの開発を共同で行っています。

初めてのご利用の方へ
ゲーミフィケーション教材活用までの流れとご注意点

THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)

2020年5月15日版

みんなのための社会づくりを考えよう!

「クロス」は、SDGs の17 個の目標に沿ったトレードオフの解消を目指します。トレードオフとは一方を得ようとすると、他方を犠牲にしなければならないというジレンマの関係のことです。SDGs において最も重要な「誰一人取り残さない」という理念を実現するため、環境・社会・経済がバランスよく成長する社会を作るアイデアをみんなで創出しましょう。

ゲーム詳細 >>

シェアアンドサルベージ

食品ロスをなくせ!シェア&サルベージを学ぼう!

「シェア アンド サルベージ」では、プレイヤーが様々な食材を使って、それぞれの「課題料理」と全プレイヤーが協力して作る「共通料理」を作ります。しかし、料理を作る過程で、食品ロスが発生します。そこで、プレイヤーは協力して様々な食事会を開催し、食材のシェア(共有)、廃棄食材のサルベージ(救い出す) により、楽しみながら食品ロスの解決方法を学びます。

ゲーム詳細 >>

常識を疑え!ファクト

あたりまえってなんだろう?数字を使って考えよう!

「ファクト」は、ジェンダーギャップ、平等・不平等に関するクイズに「数字」で答えるゲームです。しかし、中には答えが存在しないため、全員の意見の中間値を答えとする問題も含まれています。参加者全員の考え方や価値観を想像することが必要です。クイズを通して、自分にとっての「あたりまえ」を疑い、様々な視点から物事を考える能力を養います。

ゲーム詳細 >>

タイムリープ Beyond SDGs

未来からの学び。バックキャストを身につけよう

「タイムリープ Beyond SDGs」は、2045 年までに起こると予測されている確実性の高い未来を体験するすごろく型のゲームです。タイムリープにより未来を旅しながら、地球との関係を修復する様々なツールを入手することで、最後には気候危機に耐えながら地球との仲直りを目指します。ゲームを通じて、未来に起こることから現在を見直すバックキャスト思考を学びます。

ゲーム詳細 >>

サバイバル!
体育館で生き残れ!

地域の絆で災害を乗り越えよう!

「サバイバル」は、人々が地域の体育館を活用し、皆で協力しながら災害を乗り越えていくゲームです。プレイヤーは体育館の敏腕運営管理者となり、様々な能力を持った職業の方々に体育館を利活用してもらうことで絆を深め、災害時に起こる様々な問題を解決していきます。ゲームを通じて、災害時に起こる問題について学び、地域の絆を深めることの重要性を学びます。

ゲーム詳細 >>

ESG
インベスターズ

未来へ向けた企業投資を学ぼう!

「ESG インベスターズ」では、プレイヤーたちが持続可能な社会を目指して様々な企業に投資していきます。投資案件の中には利益を大事にする企業もありますが、それ以外の環境(E)、社会(S)を大事にする企業、不正をしない組織(G)を目指す企業があります。企業への投資を通じて、ずっと生き残っていける企業の条件、そして企業が集まることで形成される地域社会について学ぶことが出来ます。

ゲーム詳細 >>