ホーム > 学科プロジェクト > 建築学部

学科プロジェクト

Cube(キューブ)

担当教員: 建築学科 下川雄一
プログラム概要

建築デザイン学科・建築学科の学生を対象に、建築CADを駆使した3次元の立体表現、およびCGによるフォトリアリスティックあるいは詩的な空間表現に関する技能向上を目指す。また、様々な建築やインテリアのデザインを学びながら、それらの表現技術を駆使して何かしら作品(紙面)制作を実施したり、デザインコンペに応募したりする。

学生へのメッセージ

授業でも2年生の後学期からCADやCGによる建築表現技術を学びますが、より早い段階からそれらを習得したい人、また、それらの技術を用いて自分の創造的活動(紙面作品制作やコンペ応募)を積極的に行いたい人の参加を待ってます。

ページの先頭へ

えこぷろ(エコ建築カフェプロジェクト)

担当教員: 建築学科 垂水弘夫、円井基史
プログラム概要

建築学科の3年生、2年生の参加希望者を主な対象として、いしかわエコハウス及び金沢町屋の訪問及び実測体験を行う中で、自らが考える北陸のエコハウスを創造・提案できる能力とモチベーションを身に付けることを目標に、年間を通じたプロジェクト活動を展開する。年度末にはタウンミーティングを開催し、一般市民、自治体、建設業、ハウスメーカー、エネルギー業界からの参加者の前で、学生達が創造・提案するエコハウスを、パワーポイント、パネル製作、模型制作を通じて紹介・発表し、意見交換を行う予定である。また、当日の参加者にアンケート調査を実施して、本プロジェクトの活動成果の評価を受けることも予定している。

学生へのメッセージ

意匠的デザインばかりでなく、建築のシェルター機能と省エネ性能を理解してみたい2年生の参加を歓迎します。エコハウスは、これからの低炭素社会形成の一環として必要不可欠な存在であり、学生時代にこの課題に取り組むことは、あなたの建築技術者としての人生航路の北極星になってくれるかも知れません。

ページの先頭へ

Meq(magnitude earthquake)プロジェクト

担当教員: 建築学科 後藤正美
プログラム概要

木造住宅倒壊解析ソフトウェア「Wallstat」 を使い、建物をモデル化して過去に発生した地震波を入力して、建物の地震時の挙動をシミュレーションする。
シミュレーション結果に基づいて、建物の損傷の度合いや損傷原因を考察して、改善策を提案する。
対象建物に改善策を適用したモデルを構築して、シミュレーションを行い改善策の有効性を検討する。
また、実務者と交流することによって、提案する改善策を実施する。

学生へのメッセージ

Wallstatで耐震構造を学びたい方は是非参加してみてください。見学でも良いので気軽に来てみてください。

ページの先頭へ

防災・減災プロジェクト SoRA

担当教員: 建築学科 後藤正美、西村督、山岸邦彰、須田達
プログラム概要

近年、多くの地震が発生し甚大な被害を及ぼしている。本学は野々市市と防災協定を締結し、非常時には、産・官・学・民が協力して減災を図ること推進している。被災時には、学生も市民の一人としての活動が求められるため、日常時から防災や減災に向けた活動・訓練することによって、より一層の効果が期待できます。
本プロジェクトでは、学生が主体となって、防災・減災を学ぶと共に、野々市市や市民とのコミュニケーションを図り、非常時の体制をより堅固にするために、意見交換会・勉強会や交流会などを行うとともに、色々な防災・減災対策を立案・提案します。

学生へのメッセージ

色々な災害について学び、発案する防災・減災対策が、将来の災害に対して有効に役立つようなプロジェクトです。君たちの発案したアイデアで、将来、多くの人たちを災害から守ることができるような活動に参加してみませんか。災害は色々な分野で発生します。学部や専門は関係ありませんので、多くの学生の参加を期待します。

ページの先頭へ