ホーム > 学科プロジェクト > 工学部

学科プロジェクト

医工連携に基づいた人間にやさしい医療機械の創製

担当教員: 機械工学科 新谷一博、高野則之、森本喜隆、加藤秀治、瀬川明夫、田中基嗣
プログラム概要

現在日本の医療は先進的高度医療が導入され、これまで不治の病とされてきたものも治癒することが可能となりつつあります。その一方で極限に近い人体構造改造や、やむを得ず毒性を含んだ材料の使用も行われており、患者に過度の負担を強いる場合も少なくありません。本来、医療部品は医学的知見のみに依存して開発されてきており、十分に患者や医療従事者に優しい医療機器とはなっていない場合が多い。本プログラムでは医工連携の立場から医学を理解した工学技術者の育成を行いつつ、『従来の医療単独分野では不十分とされてきた技術に対して、医・工学の各分野が有機的に連携を図ることにより、これまでにない高度専門医療技術の医療現場に対しての支援と、臨床分野においても通用する高度医療人材の確保に有効な基礎技術の供給を目指します。』
プログラムの遂行は上記の先端材料創製技術研究所の各メンバーがこれにあたりますが、必要に応じて医科大学の教員や医療部品開発企業の研究者に協力を得ます。ここで本プログラムのフローを参考資料(PDFファイル)に示します。また現在プロジェクトデザインIIIで取り組んでいる医工連携テーマを以下に例示します。
(1) 脳動脈瘤に対する塞栓ワイヤのカスタムメイド化
(2) 骨セメントの劣化挙動解析
(3) 人工股関節のカスタムメイド手法の開発
(4) 人にやさしい耐摩耗性人工股関節の開発
(5) 手術手技者に優しい手術器具の開発 など

学生へのメッセージ

社会には種々の病気に苦しんでいる方が多くいます。この人たちは工学をベースとして高い医学的知識を有する人たちの発想により生まれた技術を待っています。諸君たちの柔軟な発想で人々のQ.O.L.を高めてください。このプログラムに参加する教員は一致団結して諸君達を全面的に支援します。

ページの先頭へ

ハイテク夢考房プロジェクト

担当教員: 機械工学科 山部昌
活動期間: 2年次 夏休み期間の2週間程度
プログラム概要

  『ものづくり』を通じて、産業界への技術貢献と「自ら考え行動する技術者」として人材育成を行う、今までにない形の教育・研究プロジェクトです。
学部4年生、および大学院生を対象とし、学部・学科・研究室を超えて参加できます。
ものづくり研究所では、色々な基盤技術を開発してきました。これらの技術を応用し、ものづくりへとつなげるプロジェクトです。

主なプロジェクトテーマ

(1) コンピューターシミュレーションによる高機能福祉製品を開発しよう!
(2) 真空成膜技術を使って新しい機能性材料を開発しよう!
(3) FRPを使った軽量で高剛性な構造体を作ろう!
(4) 水環境浄化技術を使って希少金属を回収しよう!(連携テーマ)
(5) 高効率なマイクロ水力発電システムを開発しよう!

 以上は本年度よりスタートしたプロジェクトの内容ですが、これらのプロジェクトに参加いただき、先輩達と一緒に設計や製作を担当していただきます。

学生へのメッセージ

夢考房活動は、野々市におけるプロジェクトだけではありません。
八束穂キャンパスにおいては、4年生、修士1年~2年生の3年間、プロジェクトデザインIIIや修士研究として、ハイテク夢考房プロジェクト活動が出来ます。研究室や学科の壁を越えて、多くの教員や学生との交流が可能です。

参考資料(PDFファイル)
ページの先頭へ

機械系3学科研究室体験プログラム

担当教員: 高野則之、佐藤恵一、山部昌、諏訪部仁、中田政之、森本喜隆、加藤秀治、岸陽一、瀬川明夫、畝田道雄、杉本康弘、田中基嗣、斉藤博嗣、南戸秀仁、出村公成、小暮潔、鈴木亮一、竹井義法、河合宏之、土居隆宏、平澤一樹、藤秀実、岡本正人、廣瀬康夫、赤坂剛史、佐々木大輔
プログラム概要

各研究室では教員の指導の下、院生と学部4年生が最先端の研究を行っています。本プログラムでは、本来4年生になって体験するこのような研究活動を低学年のうちから体験することができます。1学期につき1研究室を体験できますので、1年生後学期より3年生前学期まで通して参加すれば、4つの研究室を体験できることになり、3年生後学期のコアゼミ配属の参考になるばかりでなく、機械系の広範な領域でどのような研究が行われているかを知ることかできる貴重なプログラムです。また、4年次にこのプログラムで体験した研究室に所属した場合は、すでに研究室にある装置がある程度使えるようになっているわけですので、より高度な研究活動を行えることが期待されます。

学生へのメッセージ

研究は外からちょっと観ただけではわかりません。本プログラムは研究室で実際に活動するので、研究の内容や研究室の実体を知ることができます。いろいろな研究室を体験してください。

ページの先頭へ

ロボットエンジニア育成プロジェクト(夢考房Junior)

担当教員: ロボティクス学科 出村公成、小暮潔、竹井義法
情報工学科 中沢実、河並崇
プログラム概要

*** 小・中・高校生対象のロボット&プログラミング教室 ****
本プロジェクトが目指しているのは、10~20年後に科学技術の分野でイノベーションを生み出し、世界で活躍する人材を本学近郊地域から輩出することです。次世代を担う子供たちに、科学技術教育、人間力教育の場となる創造的活動の場を提供し、科学技術に対する関心や才能の芽を育てていきます。
本プロジェクトでは、夢考房の教育スタイルを踏まえ、子供たちが自発的にロボットやプログラミングなどの科学技術を学びます。基本はグループ学習で、小中高生が年齢を超えて、ともに学びながら創作活動に取り組みます。学生は教えるというよりサポーター役、ディズニーランドのキャスト役です。夢考房プロジェクトのように、学生が主体的に本プロジェクトを運営します。この経験がアントレプレナーに必要なのです。
計画では、子供たちの意欲を高めるため、国内外のロボットコンテストや情報オリンピック、JSTによる国際科学技術支援コンテストへの出場を目指します。
本プログラムで身につくスキルは、人間力、子供への学習指導法、ロボット&IT関連の知識技能、教室運営のノウハウ、ボランティア精神などです。

学生へのメッセージ

子供好きな方、将来、ロボットやITなど次世代教育系ベンチャー企業の起業を考えている方、教師を志している方、女子学生、皆大歓迎です。伝統のある石川県の未来教育をここから創っていきましょう!

ページの先頭へ

プログラミング道場

担当教員: 情報工学科 長田茂美、松井くにお
プログラム概要

ACMが主催する国際学生プログラミングコンテスト(International Collegiate Programming Contest = ICPC)に参加し、プログラミングの速さ、正確さを競うプログラミング技術の向上を図ることを目的とします。
コンテストは国内予選、アジア地区予選、世界大会の3段階があるが、金沢工大のチームは毎年国内予選を通過しアジア地区予選に出場の実績があります。
道場では各学年の道場生が自主的にプログラミング技術の向上を図っています。これには、基本的なアルゴリズムやプログラミング技法について、過去問やネットワーク上の類例を解くことで学び、技術を習得することが基本です。経験の浅い道場生に対しては、経験を積み技術力に優れた道場生が集団あるいは個別に指導することで、初級者からでもプログラミング技術を高めて行くことができます。とくにプログラミングの経験が全くない入門者には、道場主(担当教員)からのCプログラムの手ほどきを受けることができます。
学内LANからは接続できないが、自宅でのTopCoderチャレンジを推奨します。

学生へのメッセージ

プログラミングは問題解決における構成的な思考力を鍛えます。良いお手本を真似、良いスタイルを身に付け、良い(excellent)プログラマを目指して下さい。

ページの先頭へ

人工知能プロジェクト

担当教員: 情報工学科 中野淳、鷹合大輔
プログラム概要

近年、人工知能の発展はめざましく、画像認識、音声認識、自動運転、囲碁・将棋において、人間並み、あるいは人間を超える能力を有するシステムが開発されています。背景として、機械学習の一手法である深層学習の理論面・実用面での急速な進歩があり、それは市民生活や社会全体を大きく変える可能性を持っています。人工知能プロジェクトでは、このような稀有な変革期において、技術発展の傍観者となるのではなく、その本質を理解し、積極的にその応用に関わっていくことで、高度な専門知識と実践的な技能を身につけることを目指します。2016年度は Google の AlphaGoを参考に囲碁プログラムをゼロから開発し、第10回 UEC 杯コンピュータ囲碁大会への参加を果たしました。

学生へのメッセージ

今は人工知能を学習する絶好のチャンスで、このような時代に大学で学んでいるみなさんは大変ラッキーだと思います。一方で、人工知能の発展によって消滅する職業の予測がメディアなどでも取り沙汰されており、今後のキャリアをデザインする上でも良い機会になると思います。

ページの先頭へ

環境土木工学体験プログラム

担当教員: 環境土木工学科 宮里心一、花岡大伸
プログラム概要

研究室での実験や現場視察などに参画し、正課で学ぶ環境土木工学の技術が、開発および活用される実践を理解する。その際、実社会で活躍する技術者と交流し、自身が志すエンジニアの理想像を描く。これらにより、環境土木の仕事は、広く市民に役立つことを認識する。なお、最終成果をレポートやプレゼンテーションにて報告する。

学生へのメッセージ

土木のフィールドは屋外です。防災・減災やメンテナンスなどは、様々な工学技術を応用し、その現場で開発・実用されています。その実状を肌で感じてみよう!

ページの先頭へ